2012年12月16日 

今日は起床して以来ずっとパソコンにへばりついて、モイケル娘とスカイプ
でチャットしながら二人で開票情報を追っていました。自民党の圧勝、心か
らおめでとうございます。

この3年間、日本はいったいどうなってしまったのだ?どうなってしまうの
だ?と習慣のネット新聞、政治ブログ巡りをするたびに気持ちが重くなる毎
朝でした。もちろん、自民党が政権奪還したからとて日本の今の状況がすぐ
に変わるわけではないことを支援者は知る必要があります。

安倍バッシングに拍車がかけられるであろうこれからが自民党は正念場です。
西村慎吾氏、西川京子氏、中山成彬氏など下野していた先生たちもカムバッ
クしました。足を引っ張ったりの党内の分裂を避け目前にある福島、経済、
防衛等の課題を保守が一丸となって、それこそパワーアップしていくことを
心から願うのです。

産経新聞記者阿比留氏が、

「坂口安吾の言う「政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物で
ある」(堕落論)はその通りだと思います。政治に本当に人を救うことなど
できようはずもありません。でも、政治は人を苦しめ、国家を崩壊に導く
ことについては実によく効果を発揮するものではありますね。だからやは
り、とてつもなく重要なのだと考えます」(12/12/2012)

とブログで書いておられます。

なるほどと思う一方、そうは言うものの政治の大きな善の決断はそのことに
より苦しんでいる人たちを救うはずだとわたしは思います。

Abechan

いい笑顔です^^そして日本の代表としての品格を備えているとわたしは思
います。声にドスを効かしたらもっといいのだがな、なぁんて^^;

ミラガイアPt.2を飛ばして、また、昨日出会っためったにない体験の件も
明日に飛ばしまして、本日は祝自民党の気持ちを綴ってみました。

また本日は、我がモイケル娘も珍しく、政治がらみのメディア・リテラシー
をトピックに取り上げています。興味のある方はどうぞお立ち寄りを。

http://portosentido.blog54.fc2.com/

それではみなさま、おやすみなさい。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:選挙
ジャンル:政治・経済
コメント
おーい
メディ・アリテラシーってなんだメディ・アリテラシーってw
2012/12/17(Mon) 08:58 | URL | もいける | 【編集
えどっこだの、ふなっこだの、夜が明けたと思うべな
むかしむかし、
ある村にメディさんというとても噂話の好きな人がひつじを飼っていたそうな。
メディさんの住んでいるその村ではアリテラシーの神という神様を祀っていて
お祭りの日には必ずみんなでワニになってこの歌を歌って...

メディさんのひつじ〜
ひつじ〜
ひつじ〜
メディさんのひつじ〜
ありっ?(首をかしげる振り付け)て〜らし〜
ハイッ!

(江戸っ子バージョン)
メディさんのしつじ〜
しつじ〜
しつじ〜
メディさんのしつじ〜
ありっ?(首をかしげる振り付け)て〜らし〜
ハイッ!

...いたそうな。

おめでとうございます(^^)
2012/12/17(Mon) 10:31 | URL | matsuura448 | 【編集
石破氏の話
番組で一つ一つ公約についての「イメージ」を質問されて、きちんと反論してました。彼が幹事長留任というのは適職だと思います。
顔はドスが効いてる人ですねw
でも話しはゆっくりときちんと話す人なので、信頼感があります。
安倍さんも後ろを見ながらじゃなくできるんじゃないでしょうか。
それにしても「不安」を前面に出すコメンテーターの誘導には呆れます。
2012/12/17(Mon) 14:54 | URL | なみ | 【編集
>モイケル

て、点を打つ場所が違ってるじゃん!だれだぃ!(爆)
おかしいなぁ、ちゃんと再読したんだが(笑)
このパソコン、言うこと聞かんのだろ、まったく!

直しといた。

>松浦君

君らねぇ(苦笑)

何はともあれ、松浦君もカムバックということで、おめでとうございます^^

そう言えば、大阪はオフィス時代のに江戸っ子の上司がいて、「車にしかれる ぞ!」
って言ってましたっけw

>なみちゃん

今度と言う今度は派閥争いを越えて大局的見解に立ち、保守のエネルギーを
日本再生に向けてほしいですね。
2012/12/17(Mon) 18:03 | URL | spacesis | 【編集
9条の削除、福島後の原発推進、TPPへの参加を政策とする政党の勝利を祝う気にはなれませんし、原爆を持ちたいと公言する人がいる極右の維新と連合することになった事を考えると将来が恐ろしくなります。ベルリンでは今日日本大使館前で新政権に対する反原発デモがありそれに僕は参加してきます。同じヨーロッパでも随分と異なることに正直驚いています。
2012/12/17(Mon) 19:29 | URL | yoske | 【編集
http://magradacatalunya.com/boletin/foro/?mingleforumaction=viewtopic&t=25
こんな意見もありますが、どう思われますか?
2012/12/17(Mon) 20:16 | URL | gallega | 【編集
>yoskeさん

わたしは原発推進派ではありませんし日本政府も将来的になくする方法に進んでいくと思っています。ただ、原発保持国はどこでもそうでしょうが、いますぐゼロにするというのは諸々の事情を考え合わせれば現実的にできそうもないことだと思うのです。日本に今ある50基ほどですか?それをこれ以上増やさないで新エネルギー源を研究する方法をとるしかないと思っています。

原発は活用しないで寝かせて置くだけでも莫大な維持費と人件費が必要です。また、自然災害に襲われた際には存在そのものが怖いのです。持ってしまった原発をどこに捨てられるのでしょう。わたしたちは人類の手に余るものに手を出してしまったのです。石油、石炭などの活用もいずれ枯渇することが目に見えています。新エネルギー源を探りながら今の状況維持で行く以外、道はないのではないでしょうか。反対意思表示はもちろん大切ですが、解決策を示せなければダメなのです。

9条の削除はわたしは必要だと思います。どこの国に自国を守る手段を持たない国があるでしょう。国防軍=戦争をすることだ、徴兵制度復活だというのは刷り込みです。話し合いと世界平和を唱えれば侵略や戦争が避けられると言うのは余りにも国際社会を知らなさ過ぎるのではないでしょうか。70年近くもアメリカから押し付けられた法律を守ってこられたことこそ奇跡の類だとわたしには思われます。原稿の法律では自衛隊は改正しない限り攻められても使えない戦力なのです。そして、今日本はわたしたちの目に見えないところでドンドン侵略されていますよ。その実態を知るとそれこそわたしは恐ろしくなります。

TPPについては、安倍氏は参加するとの表明はまだしていないと記憶しています。

わたしは時々思うのですが、いつの世から左翼はインテリでいい、右翼はダメだというような風潮ができたのだろうかと。愛国心を言う言葉を用いると「右翼だ!」と指差す人が多々いますが、他国をみてください。どの国も様々な過去の悲惨な歴史を持ちながら愛国心を持っているのではないですか?どうして日本だけがそれを右翼だの極右だとの呼ばれるのでしょうか。歴史を見ても左翼主義が国民を幸せにしないことは証明済みなのではないでしょうか。

それで、質問ですが「原発を持ちたい」と公言する維新の人はどなたですか?
2012/12/17(Mon) 21:00 | URL | spacesis | 【編集
>gallegaさん

このブロガーさんが言っていることこそ、過去3年間の政権がしようとしてきたことではないかしら?

Yoskeさんへのレスでも書きましたが、他国の軍国主義には目をつぶり、どうして日本だけ保守をファシズムと言うのでしょう。おかしいと思います。

言論の自由云々と書いていますが、民主党が必至で通そうとしてきた国籍条項を入れない「人権救済機関設置」法案こそそれでしょう。

「自由があるうちにパスポートをとり日本から脱出しないと」なんて自分さえよければ自国はどうでもいいのか。それならなぜ堂堂と国のため思想を通して闘わないのだと思っちゃいますよ。
2012/12/17(Mon) 21:12 | URL | spacesis | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/18(Tue) 18:35 |  |  | 【編集
まずはこれをご覧ください。自民党の総裁選の時に明確になりましたが自民党は原発を無くす事は残念ながら全く考えていません。
https://twitter.com/nuho/status/247745274385162241/photo/1

まず確認しなくては行けないのですが、昨年8月(電力最大消費月)は大飯原発再稼働前にも関わらず(日本国内原発稼働率0状態)電気は足りていました。原発が無くても電力は足りている事は数多くの専門家によって証明されています。それなのに原発を再稼働したり、海外に輸出しようとするのはなぜなんだろうと考えます。
http://nanohana.me/?p=12864

原発に代わる解決策はすぐ答えを導きだせる問題ではありません。これは全人類がこれから努力して作り上げていかなければ行けない問題だと思うのです。ただし、世界には色々と参考例がありそこから多くの事を学ぶことができるのを僕は知りました。

例えば70年代の石油危機をきっかけに自然エネルギーに大きく舵を取ったアイスランドは人口も少ない小さな国ですが今では水と地熱の自然エネルギーで国が運営されているそうです。僕のアイスランド人の友達はとても自然に「私たちの国は地熱発電があるので電気が安い」と語ります。そして驚く事にその地熱発電の技術は日本が世界でトップです。このリンクを見てください。
http://globe.asahi.com/feature/111002/01_1.html

ゆうこさんの住むポルトガルは既に40%が自然エネルギーでまかなわれている代替エネルギー大国じゃないですか!しかも波力発電に政府が力を入れてるなんて、四方を海で囲まれた日本も沢山学ぶ事がありそうですよね。結局の所今すぐ手に出来る解決策というよりも必要なのは自分たちの意思とやる気なんじゃないかと思うのです。
http://tarou2.blog.so-net.ne.jp/2008-04-22-1
2012/12/18(Tue) 22:41 | URL | yoske | 【編集
そして原発の危険性は、日本のメディアではあまり報道されませんが、今福島で起こっている事が今後数年、数十年かけてどんな影響を及ぼすのか、僕たちはそこから目をそらしては行けないと思います。命あっての経済です。

琉球大学の大瀧丈二准教授らのチームによるフクシマ事故での放射線によるヤマトシジミチョウの遺伝的異常の研究
http://tkajimura.blogspot.de/2012/08/the-biological-impacts-of-fukushima.html

地震大国の日本で人間の手に負えない原発を稼働するという事がどういう事なのか、福島でもう一度地震や津波があった場合どんな事態になるのか、特に4号機の危険性を考えないと行けません。沢山の見識のある人達がリサーチ、提言をしてくれています。お時間がある時に是非ビデオとウェブサイトを見て確認してください。
http://www.youtube.com/watch?v=q09X9oHldTI&feature=player_embedded
http://shuttomari.blogspot.jp/2012/05/blog-post_02.html
2012/12/18(Tue) 22:42 | URL | yoske | 【編集
「原稿の法律では自衛隊は改正しない限り攻められても使えない 戦力なのです」と言うのは間違いです。国連憲章でも自衛権の行使は認められていますから自国を守る手段を日本は現時点で勿論すでに保持しています。ただし9条には矛盾や解釈の違いが存在するようなので、そう言う意味で見直しは必要だと思いますが、世界に誇れる平和憲法を削除する必要は全く無いと思います。

僕にとって福島以降、沖縄問題も含めて色々と明確になった事の一つに日本には限りなく主権がない。と言う事があります。そう言う意味で憲法を見直し、日本という国の形を再度作り直す作業は必要だと思っていますが、問題山積の今大至急行わなければ行けない問題なのかとても疑問です。

ちなみに自民党の改憲草案は9条だけでなく第九十七条(基本的人権の本質)の削除も含まれます。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-12-11/ftp2012121104_02_0.html

また自民党は同性愛者に対してもとても厳しい政党である事から少数派に対して冷たい政党と考えられます。
http://www.daily.co.jp/society/politics/2012/12/05/0005577958.shtml

2012/12/18(Tue) 22:43 | URL | yoske | 【編集
また、安倍首相はTPPに前向きです。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121115/biz12111510530004-n1.htm

愛国心を持つ事はとても自然な事だと思いますが、それが間違った歴史観や世界観と結びつくと怖い結果に結びつく事は歴史が教えてくれます。例えば安倍首相は従軍慰安婦に関する政府見解を変更したい意思を持った人です。そんな過去を書き換えるかの様な考えを持った人が愛国心を振りかざすという事に対して僕は恐怖心を覚えます。

世界が今回の選挙で日本が右翼国家になったと理解するのは自然な事だと思います。そして残念ながら日本はこれから孤立の方向に進むとおもいます。

アメリカTime誌
http://yamachanblog.under.moo.jp/?eid=489

南ドイツ新聞
http://tkajimura.blogspot.de/
「原爆を持ちたい」と公言する維新の人はこの人です。
https://www.youtube.com/watch?v=QcQuZtqyrfk

と言う事から僕は今回の選挙結果を喜ぶ事は全く出来ませんし、日本の行方が心配でなりません。昨日は日本大使館前でのデモに参加してきました。これからも政府が暴走しないか目を光らせていかないと行けないと思っています。

最後にこの方々の文章を読む事をお勧めします。

http://skmtsocial.tumblr.com/post/37628588064
http://skmtsocial.tumblr.com/post/37903508145
2012/12/18(Tue) 22:44 | URL | yoske | 【編集
yoskeさん

>例えば安倍首相は従軍慰安婦に関する政府見解を変更したい意思を持った人です。

従軍問題についてはわたしなりに勉強した結果、yoskeさんとは違った認識を持っています。わたしは安倍総裁の考えに賛成です。

Yoskeさんとは逆に被災地対策、外交、教育、人権問題等々、民主党が政権を持っていたこの3年間ほど恐ろしいと思ったことはないのです。

ポルトガルの電力状況ですが、ポルトガルと日本のエネルギー消費量は比べ物にならないでしょう。だからと言って原発推進派だと思わないでください。「代替エネルギー確保が不透明なまま、原発ゼロを進めるのは無責任だ。軽々に原発をゼロにするとは言わない」と安倍総裁は発言しています。現実的な対応を選んだのです。わたしはこれに同意します。

いずれにしてもyoskeさんもわたしも考えて国にとってよいと思う人を支援していくことになりますね。それぞれの立場で頑張りたいと思います。
2012/12/19(Wed) 09:21 | URL | spacesis | 【編集
村上春樹氏「日本の政治家、ヒトラーの結末を見よ」
東アジア地域における最も喜ばしい達成のひとつは、そこに固有の「文化圏」が形成されてきたことだ。私の経験に基づいて言えば、「ここに来るまでの道のりは長かった」ということになる。以前の状況はそれほど劣悪だった。どれくらいひどかったか、ここでは具体的事実には触れないが、最近では環境は著しく改善された。いま「東アジア文化圏」は豊かな、安定したマーケットとして着実に成熟を遂げつつある。音楽や文学や映画やテレビ番組が、基本的には自由に等価に交換され、多くの数の人々に楽しまれている。これはまことに素晴らしい成果というべきだ。

たとえば韓国のテレビドラマがヒットし、日本人は韓国の文化に対して以前よりずっと親しみを抱くようになった。韓国語を学習する人の数も急激に増えた。それと交換的にというか、たとえば僕がアメリカの大学にいるときには、多くの韓国人・中国人留学生がオフィスを訪れてくれたものだ。彼らは驚くほど熱心に僕の本を読んでくれて、我々の間には多くの語り合うべきことがあった。このような好ましい状況を出現させるために、長い歳月にわたり多くの人々が心血を注いできた。

今回の尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題や、あるいは竹島(独島の日本名)問題が、そのような地道な達成を大きく破壊してしまうことを、一人のアジアの作家として、また一人の日本人として、僕は恐れる。国境線というものが存在する以上、残念ながら領土問題は避けて通れないイシューである。しかしそれは実務的に解決可能な案件であるはずだし、また実務的に解決可能な案件でなくてはならないと考えている。領土問題が実務課題であることを超えて、「国民感情」の領域に踏み込んでくると、それは出口のない、危険な状況を出現させることになる。

それは安酒の酔いに似ている。安酒はほんの数杯で人を酔っ払わせ、頭に血を上らせる。人々の声は大きくなり、その行動は粗暴になる。論理は単純化され、自己反復的になる。しかし賑やかに騒いだあと、夜が明けてみれば、あとに残るのはいやな頭痛だけだ。そのような安酒を気前よく振る舞い、騒ぎを煽るタイプの政治家や論客に対して、我々は注意深くならなくてはならない。

1930年代にアドルフ・ヒトラーが政権の基礎を固めたのも、第一次大戦によって失われた領土の回復を一貫してその政策の根幹に置いたからだった。それがどのような結果をもたらしたか、我々は知っている。政治家や論客は威勢のよい言葉を並べて人々を煽るだけですむが、実際に傷つくのは現場に立たされた個々の人間なのだ。安酒の酔いはいつか覚める。しかし魂が行き来する道筋を塞いでしまってはならない。その道筋を作るために、多くの人々が長い歳月をかけ、血の滲むような努力を重ねてきたのだ。そしてそれはこれからも、何があろうと維持し続けなくてはならない大事な道筋なのだ。

2012年09月28日 朝日新聞
2012/12/19(Wed) 22:10 | URL | yoske | 【編集
>yoskeさん

村上氏も坂本龍一氏もご意見は既に一応目を通していますが、そうだそうだとわたしは賛同できないのです。ましてや朝日新聞はダメです。ごめんなさい。
それぞれ違った見解があるのは当たり前ですね。

憲法における自衛隊の位置づけ、自衛権は不透明ではないでしょうか。この点はyoskeさんのコメントを参考にもっと勉強してみます。

「祝安倍氏」記事へのコメントはこれで勘弁してください。


2012/12/19(Wed) 23:21 | URL | spacesis | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/21(Fri) 20:29 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村