2012年12月24日
 
クリスマスクッキー
写真はYY塾の生徒さんからいただいた手製のクリスマス・クッキーです。

先週の土曜日で、一人の生徒を除いて今年の日本語教室が終わり、昨日今
日と夫とクリスマスプレゼントを買いに行ってきました

午後のショッピングセンターは大変な人ごみで、Natal(ポルトガル語のク
リスマス)はこれでないとと思う一方で、一家の柱が失業の憂き目にあい
それどころではない人たちもいることを考えると複雑な思いは免れません。

ポルトガルの経済危機状態は今年も公務員と年金者にボーナス完全削減、
給与カットを強要せざるを得ず、大学を卒業しても国内に仕事はなく、ど
うにか職にありつけても低賃金で我慢をするか、もしくは国外に職を求め
るかです。職があるだけでも幸運な現在、特に若者にとっては受難の時代
だと言えるでしょう。

今日のテレビ特集でもPh.D.取得の若者を追っていましたが、月500ユー
ロの仕事に甘んじる他ないと言っており、このままではいかんとクリスマ
スだと言うのに暗澹たる気持ちになる話です。

ローマ教皇ベネディクト16世が先ごろミサにて派手なイルミネーション
に代表されるクリスマスの「商業化」を批判され、クリスマスの本当の意
味を考えて心の中で「真実の喜び、真実の光」を見いだすべきだと強調な
さったそうです。

その意味からすれば、不況でNatalのイルミネーションも質素なポルトガ
ルは教皇の意に沿うものかも知れません。が、本心を言えばわたしは多少
商業化されてもいい、景気のいい世の中で持つ者が持たざる者にもたらす
アメリカ映画の奇跡のような話がたくさん興ればいいのになぁと子供じみ
たことを考えます。そんな奇跡的な話こそクリスマスにふさわしいのでは
ないかと。

さて、明日はアヴェイロ市の夫の姉宅でクリスマスの昼食です。いつもの
ごとく人気がある巻きずしを持参していきますので、今日はこれにて。
セドフェイタ教会の石壁に刻まれた記号については明日、取り上げます。

それではみなさま、よいクリスマスを!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/29(Sat) 03:40 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村