2013年1月5日 

昨年のクリスマス以来じとじとしていた天候がうって変わり、一昨日の気温
は17度まであがってぽかぽかと暖かい一日でした。今日もポルトはいい天
気でした。

昨年暮れ29日からロンドンに留学中の甥が我が家に滞在していましたが
2日には日本語の仕事始め、昨日は甥を空港まで見送ったりと、忙しい日々
を送っておりました。

通常通り土曜日の日本語教室も今日から始まったのですが、図書館の我が日
本語コース、今週はあちらの、来週はこちらのと教室代わりに使用するスペ
ースがよく変更されるので私は密かに「漂流教室」と名づけています。
愚痴は言うまい。スペースを提供していただけるだけでも感謝して、生徒さ
んたちに学習に励んでもらえるよう、今年も頑張りたいと思っています。

前回の新年の挨拶を別にすると今日は今年初のブログになり、本来ならば
抱負などを語るべきでしょうが、一人ゆっくり落ち着いて旧年を振り返る時
間もまだもてない状態で、それは少し先になります。

そこで、本日はすっかり遅くなってしまいましたが、ポルトのMiragaia
地区、パート2のご案内です。(パート1はこちら

MiragaiaとはGaiaが見える所という意味です。その名の通り海岸に向かっ
て歩くと右手は古い家並み、左手にはドウロ川、そして対岸には隣町Gaia
市が見えます。ミラガイア地区は世界遺産区域で、ポルトの最も古い伝統的
な家々を今に遺しています。

Miragaia

かつてはカフェや商店が立ち並びにぎわったであろうアーケード。
Miragaia

現在はそのほとんどは倉庫として使用されておりさびれたままだ。訪れる
人もなく、一人自分が歩いたアーケードを振り向いてデジカメを向けると、
この古いアーケードが一瞬の間、輝く光を見せたように思われたのは気の
せいか。清潔な近代美もそれなりにいいけれど、こういう古さには人の生活
のノスタルジアが感じられ惹かれる。

下はツーリスト用に最近修繕されたアーケードの一部。
Miragaia

Miragaia
ポルトの古い町では必ず見かける猫たち。ミラガイアもその例に漏れず。
Miragaia
人なれしていてカメラを向けるとちゃんとポーズをとる。
Miragaia

Miragaia

Miragaia

アーケードの上の古い家々は現在も人が住む。
Miragaia

ポルトの新設アパートでは外に見えるように洗濯物を干すのは禁じられてい
るが、旧市街は別。この洗濯物が昔のポルトガルらしさを表すのだ。

Miragaia

この日も洗濯物を干しに住人がベランダに。パラボリックアンテナも出て
生活感溢れている。

Miragaia

ミラガイアシリーズ、続きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
私の部屋があったw
16って書いてある部屋、私の名前書いてある?!

古い建物って、近代的な建物にない人の温かさがありますよね^^
住むのは大変かしらv-8
2013/01/06(Sun) 21:01 | URL | なみ | 【編集
>なみちゃん

あははは。なるほどそう読めないこともないですね。
R/Eなんだけれども。

古い家は特に地階は湿気が多いし、ドアの開け閉めも大変だろうと思います。
それに、水道管などの修理をしょっちゅう要されるのです。

外観は古いまま、内部、特に水道管トイレ、台所などのい水周りは新しくするというのであれば
わたしも住みたいものです。

今年も拙ブログ、宜しくお願いします!
2013/01/07(Mon) 00:06 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村