2013年2月2日 

先月のことだが、日曜日のとある新聞記事を目にして「ヤッター!」と思わ
ず声をあげた。これは見に行かずばなるまいと、夫が一緒に行こうかという
のも待ちきれず、日本語教室の合間を縫ってひとっ走りしてきたのが、ニコ
ラウ・ナゾニの建築、Casa da Preladaである。

casadaprelada
「カーザ・ダ・プレラーダ、5月にオープン」と見出しにある

ナゾニと言うのは、後に詳しく述べるが、18世紀にポルトにやって来、ポ
ルトガル北部で教会を始め私邸などの多くのバロック、ロココ作品を残した
イタリア、トスカーナ地方出身の画家及び建築家だ。

この数年、日本語教室の仕事に追われ、意に反してつい遠ざかっていたナゾ
ニだが、ちょっとしたいわくもあり、「ナゾニの謎に(おバカな駄じゃれw)
挑戦だ!」と息巻いて、取り付かれたかのようにナゾニの建築物を探し回っ
たのは2007年、6年前のことだ。

本日は少し古い記事になるが、Casa da Prelada(プレラーダ邸)を6年前
の話と併せて紹介したい。

2007年4月記:Casa da Prelada

casadaprelada
Casa da Preladaのファシャーダこと正門(2007撮影)

人に尋ねても所在が分からず、カーニバル休みのこの日、同じ地名を持つ
「Preladaキャンプ場」の門を叩き、管理人を捕まえて聞いてみた。
「Casa da Preladaを知らないか。」と聞くと管理人いわく、
「30年ここにいるが、聞いた事がない。もしかして、閉鎖された老人ホー
ムのことだろうか。」
        
道順を教えてもらい、その閉鎖された老人ホームとやらを訪ねてみて驚い
た。探し求めていたナゾニの建築作品は廃墟と化していた。中には入れず。
自分の背丈くらいの石壁で囲まれており、建物の上部しか写真を撮ること
ができなかった。
        
別名「Palacio da Prelada」とも呼ばれるらしいが、Palacio(=パラー
シオ=宮殿)と言うには随分小規模なのだが邸宅はQuinta da Prelada
(プレラーダ庭園)の、長さ1キロメートルにも及ぶという広大な庭園の一
隅にある。

現在は庭園の一部がプレラーダ病院とキャンピング場になっており庭園の
真ん中を自動車道路が突っ走っているのが見える。

所有者からポルトの慈善院に寄付されたこのナゾニが造った邸宅と庭園は、
老人ホームとして使用されていたと聞く。4年前に入居していた最後のお
年寄りが亡くなった後、閉鎖。そのまま放置され、荒れ放題になっている。

casadaprelada
原形の正門周辺の全容。門と向かい合う場所に2本のオベリスクが建ってい
た。現在オベリスクは、海岸通りにある公園の入り口に設置されている。
(オベリスクは後日紹介の予定)

casadaprelada
廃墟と化したプレラーダ邸



2013年2月3日記:Casa da Prelada

昨年に一度、この近くを通りかかったついでにその後どうなっているかと
気になり、2007年の訪問以来始めて立ち寄ってみたところが、工事が
入っている様子をみて、これはいい兆しだと思い、実は楽しみにしていた
のであった。

casadaprelada

訪れた午後は曇っていて、我が撮影の腕では上手く写真がとれなずがっか
りしていたのだが、1時間半ほど周囲をうろついて帰ろうかという頃にパー
ッと陽が差し込んできて、大喜びでデジカメのシャッターをきったのが下
の写真。
casadaprelada
 
プレラード邸は現在もポルトのSanta Casa da Misericordia(慈善院
とでも訳すのか?)の所有で、この5月の一般公開を目指して内外ともに
工事が進められている。

casadaprelada

ん?これは邸宅の横からみたのだが、後ろになにやら?丁度ドラックが出て
きたので、工事用に取り付けられた大きな扉が開いた隙にのぞき見ることが
できたのはこれ↓

prelada

これを目にしてガーンの気分ではあったが、荒れるがままに放置され、素
晴らしいナゾニの作品が朽ち果てるよりはまだまだ益しであろうと思い直
すことにして、5月の公開を心待ちしているのだ。

プレラーダ邸、次回に少し続きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
『ニコラウ・ナゾニ』44回目の登場‥ぎゃあああ!
「お寒うございます」とは申せ御地はセーター1枚で漫ろ歩き可能な気温の様でございます、ねぇ♪ 恙無くお過ごしで何よりかと存じます。写真の方も飛びも潰れも無く流石でございます(^_-)-☆

いやあ!凄い石積みです、ねぇ‥乱積みの様で平目地にもっていくポルトガルならではの石積みかなぁ。高積みはヤバイ‥日本では駄目です、ね。

館の増設は近代建材を使用してイカンです‥取り除くべきです、ねぇ(=_=)

今日は初午です‥今時分は呑み屋関係者で賑わっていると思われます。チョコット眠って撮影に出掛けようかと思っております。が、どうなります事やら‥なんせ西高東低でサブイボが出ます。

甚だ短文乍ら(どこが)今回は、これにて御免蒙ります。   ご自愛下さいませ。
2013/02/09(Sat) 00:42 | URL | 強制帰宅令発令中 | 【編集
>強制帰宅令発令中どの

しょっぱなから、ぎゃあああ!ではありんすが(笑)ナゾニ、45回目の登場記事を先ほど致しまして、まだまだ続く、ナゾニの謎というところでありますv-290

お元気のご様子、何よりです^^

館の増設部分、そう思いますでしょ?
ここは5月からカルチュアセンターになるようです。
廃墟と化して崩れ落ちるよりはいいかと諦めの境地ですが、完成後を見てみましょうよ。

プレラーダ庭園、まだ面白いものがあるのですよ。明日、アップいたします。

殿の撮影、上手くいきましたでしょうか?^^




2013/02/10(Sun) 10:36 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村