2013年2月9日 


オタクな記事が続きますが、お付き合いいただけたら幸いです。

1743年から1758年にかけてナゾニによって手がけられたプレラーダ邸はNoronha e Meneses(Menezes)一族の夏の別荘として建てられました。

casa7.jpg

ポルトガル語では「fachada=ファシャーダ=建物の正面デザイン、正門」と呼ばれるプレラーダ邸の入り口。上部にはNoronha e Meneses 家の美しい紋章が見られる。
 
ポルトガルは1830年代に内戦を経験しています。ポルトガルから独立宣言をしてドン・ペドロ王子はやがてペドロ1世としてブラジル皇帝に即位し、ペドロ4世としてポルトガル王位もつきます。しかし二国を統治するのは困難だとしてまだ幼かった王女をマリア2世として即位させ、実弟のドン・ミゲルを摂政にすえます。

ところが、フランス革命の影響をうけ、自由平等思想が広まり、絶対王政に既に終止符が打たれていたにも拘わらず、ドン・ミゲルは旧勢力におされ、絶対主義的な政策を採り、自由主義者たちを弾圧し始めます。

ブラジル皇帝の座をおりてペドロ4世はヨーロッパで傭兵を得、ポルトガルに上陸し、ドン・ミゲルの旧勢力との間での内戦が始まり、1834年に旧勢力の降伏で幕を閉じることになります。

さて、そのペドロ4世が傭兵とともに上陸したポルトガルの地がポルトの隣町MatosinhosのPraia da Memoria(Praia=海岸 Memoria=記念、思い出)になるわけですが、1832年7月にMemoria海岸に上陸したペドロ4世の自由主義遠征軍は、広大なプレラーダ庭園を目指し、そこに一時的に陣営を築いたとの記録があります。

prelada

Praia da Memoriaについてはこちらにて↓
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-556.html

さて、今回、ファシャーダに見られる一対の人魚の写真に焦点を当ててみたところ、おろ?と思ったものを発見。

prelada
 
拡大してみました↓
prelada

人魚が頭上に乗せている巻物は、いったいなんだろうか・・・この巻物は人魚の横からファシャーダのトップにある紋章の二人の子供の手元まで続いています。(トップから二つめの写真参照)

そこでふと思い出したのがナゾニの弟子が造った「人魚の館」の人魚像です。
(人魚の館の記事はこちら)http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1307.html

確認してみると、おお!こちらも巻物を乗せている!

prelada

ひょっとしてこれは、ユダヤ教のトーラー(旧約聖書の最初の5つ、モーゼの5書とも言う)?下はその見本のひとつです。
prelada

トーラー(Wikiより)

建築家ナゾニも邸宅、庭園の建築の依頼主も護身術としてキリスト教徒という隠れ蓑を身にまとい、カトリック教会に相反する神秘主義、グノーシス思想を持っていたとわたしは推測していますが、これについては、人魚、トーラのシンボルと併せてナゾニ建築に残されている彫刻のシンボルの更なる調査が必要です。

さて、訪れたこの日、邸宅内はおろか敷地内にもまだ入れなかったのだが、では1時間半もどこをうろついていたかと言いますと・・・次回に続くのであります。

ナゾニの謎は、なかなかに深うございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
石工?大小問わずコッコッと職人技が凄い!
  お晩でがんす

 まだ晩飯に、ありつけませぇん、ので検索しました^^。Noronha e Meneses「ノローニャとメネセス?はロマンス語‥ヨーロッパではフランス・イタリア・ポルトガル・ルーマニア辺りで使われている、とか、かんとか。

大航海時代の名残り‥小遣いをつぎ込んだ目抜き通りの激アツ落書き‥ん!違うってか‥ポルトガル特有?のマヌエル様式の過剰装飾も凄い、が、オベリスクも凄いです、ねぇ。足場を組むのが大事だったでしょう(=_=)オベリスクは焼き串のオベリスコスから‥焼くなら豚バラか面身?が好い‥一度ググって見ようと思っていました^^。

まぁだ晩飯が出来ません「はよせんかいやぁ」等と言うと揉め返します、ので、黙って待ちます。

撮影は午前中20GBほど撮影をして止めました‥八割を捨てて後日に、また半数を捨てます。境内の舞台での、少女舞踊団『ザ・わらべ』と『こわらべ』の踊りが目的でした、ので、公演が終わると『福餅撒き』などは撮影する気なりませんでした(p_-)動画サイトで見る事が出来ます、ので、お暇な時に、どうぞ。

飯が出来ました『おじや』ですぅ(>_<)
2013/02/11(Mon) 19:51 | URL | 強制帰宅令発令中 | 【編集
>強制帰宅発令中殿

紋章からしてもかなりの家柄で伯爵家だとどこかで読んだような気がします。

台所に立っている奥方を急かせてはなりませんぞ(笑)遅れとるいうのはご本人が一番よく知ってるはずでございますればv-410

わたしもね、うっかり調べものやら読書に夢中になってそういうことをよくしでかしております^^;

撮影8割がたを捨てるのですね!
わたしもそれで行かないと・・・
ついつい、万が一のためになんて思い、どんどん増やしてしまいます。
もっとも腕が素人ですから、駄作ばかり^^;
近頃、人物撮影にも興味を持ち始めましたが、これは許可を取る必要があり、難しいですね。

では、どうぞごゆるりとお休みを。


2013/02/13(Wed) 08:24 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村