FC2ブログ
2013年5月19日 

35年前の今日、わたしはポルトの地を踏んだのだった。
奇しくもこの春、一ヶ月の日本滞在を終えて帰ってきたのが丁度同じ時期で
不安と希望の入り混じった気持ちで、付き添い役で共にやってきた夫の日本
人友人であるドクターD氏とポルトの空港に降り立った日のことが思い出さ
れた。

yuko_1979-1.jpg
1979年5月18日成田空港発。ドクターD氏撮影。

当時ヨーロッパへの航路はアラスカのアンカレッジ空港経由になっており、
そこからパリへ。わたしとドクターD氏はパリでの8時間の待ち時間を利
用し、思い切って空港をチェックアウトし、数時間パリの街へ出た。

1979-3.jpg
パリの街角で

そうして到着したポルト空港はさびれた地方の体をして一瞬とまどったもの
だ。ポルトガル語が全く話せずにとうとう来た、この先のことは皆目分から
ない。その時の気持ちだった。頼れるのは夫だけ。今でこそ、車を運転して
あちらこちらで日本語を教え収入を得られる身分になったものの、当時は夫
なくしてはおいそれと出かけるのもままではなかった。 

今年の春は日本もそうだったが、ポルトガルも遅かったようだ。5月は初夏
と言われて来たのだがまだ肌寒くセーターが手放せない。しかし、わたしが
来た年の5月もそんな気候だったのが思い出された。セーターを持って来ず、
夫のを借りてしのいだものだ。下は夫の友人夫婦たちに囲まれて、Viana de
Castelo(ポルトから更に北部)での恒例の祭り会場で歓迎された時の写真だ
が、着ているのは夫のセーターだ。

yuko_1979_4.jpg

わたしの横が同行してきた若かりし頃のドクターD氏。この仲間の中には既
に鬼籍に入った人もいる。
ハネムーンはドクターD氏も一緒でどこへ行ってもわたし達二人は日本人カ
ップルだと見られて苦笑したものだ。

あんな事こんな事と異なる文化背景の衝突が6年間同居した夫の母や親族達
との間に多々あったが、今はそれも懐かしい。気がつけばポルトガル在住が
母国で暮らした年月をとっくに越えている。今回、帰路の機内であれ?と
母国とポ国の狭間に立つそんな自分を今回初めて感じた。

2013-5-20.jpg

空を見上げればこんな5月が確かにあったのだと、昔のポルトの春に再会
したような気分だ。春真っ最中とは言いがたい、なんだか寂しげば青い空
に白い雲。


時は春、
日は朝(あした)、
朝は七時、
片岡に 露みちて、
あげひばり、名のりいで、
かたつむり、枝に這ひ、
神、空に しろしめす、
すべて世は 事もなし(ロバート・ブラウニング 上田敏訳)

God's in His heaven
All's right with the world

この世のことは全て神(クリスチャンでないわたしは「大いなるもの」と訳
したい)の摂理のもとにある、神のお導きのままに。希望はいずこにでも見
出せるものだ。とでも言っているのか。

chibi_2013_may.jpg

本日はみなさま、これにて。
関連記事
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
故郷離れてと言っても
外国に飛び出せる、ママの勇気ってすごいなあ、と今も思います。
私は遠いといっても日本の中ですから、それほど困らないもの。
どんだけご苦労されたかと思うと、愛が為せることって素晴らしくドラマティック。
今、世界に飛び出した日本人女性を捜し当てて話を聞く番組が出たりしています。
企業戦士の日本人はたくさん居るのに、単身で永住しちゃうのは女性の方が多いのかしら。

心折れたことも思い出になりますか?(^_^)私もようやく思い出になってきました。
センチメンタルなママに惹かれてちょっと書いちゃった。風邪にご用心なさってください。
2013/05/21(Tue) 20:39 | URL | なみ | 【編集
>なみちゃん

今の若い人はどんどん海外に出てますね。こちらの人と結婚しても舅姑との同居生活をする人はまずいません。自分の時代と比べて随分自由になったのだなぁとつくづく感じる反面、同居を通して実生活の中で見る昔からのポルトガル人の生活習慣を知らずにいることが多いのではないかと思ったりします。
たまに相手方の実家を訪問するのとは別ですからね。

永住者には男性もいますよ。こちらの女性と一緒になる人、また独身ながら事業を興そうとする人、ただ、今のポルトガルは生活するにはなかなか厳しいですから、将来を描くのは難しいところがあります。

愛も長年一緒に生活するともなると、いつのまにか「空気」状態v-407
でも、空気って生きていく上で欠かざるべきものなのよね^^
近頃ようやく将来への不安に目を向ける年齢に入った自分を感じます。
そんなわけで、これまでのことは未知のことに比べると、みんな、みんな思い出としてわたしは流すことができます。

今回は関西に行けなくて、会うチャンスもありませんでしたが、なみちゃんこそ体調に気をつけてね。
2013/05/22(Wed) 07:20 | URL | spacesis | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/26(Sun) 15:18 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ