2013年6月14日 

昨日は12時からの日本語レッスンが直前にキャンセルになり、次のレッス
ンまで少し時間ができた。

この所ずっと曇り空の天気が続いていたが、真っ青な空が一面に広がり気持
ちもいい。予測なしに転がり込んだ自由な時間、外へ出かけない手はない!
と気になっていたCasa da Preladaこと「プレラーダ邸」まで車を走らせた。

プレラーダ邸とわたしのいきさつはこれまで何度か書いているので細かいこ
とは省かせていただくが(記事終わりで案内いたす)、プレラーダ邸は18
世紀にポルトに移住し、多くのバロック・ロココ調建築を残したイタリア、
トスカーナ地方出身の建築家、ニコラウ・ナゾニが手がけた私邸のひとつだ。
ポルトや近辺の街には彼の建築がたくさん見られる。

ナゾニは壁画画家でもあり、建物、絵のそこかしこに見られる彼のシンボリ
ックな象形にゴチック建築に見られるような不思議な魅力を感じ、ずっと興
味を持ってきた。

長い間閉鎖されたままで、これまでに何度か足を運び、ナゾニファンのわた
しはいつの日にかこの邸宅と邸の後に広大に広がる庭園を見てみたいとずっ
と願ってきた。

それが、日本から帰国後間もなく邸の修繕は終了し文化センターとしてオー
プン、そのセレモニーが催されたことを新聞で知らされていたので、ひょっ
として中を見られるのではないかと思い立ち、行ってきた。

prelada
ファシャーダ(表門)の壁も薄緑色に彩られ、真っ青な空に映えている

人魚が頭に掲げる巻物らしきものの謎は未だに解けていないのだが、
prelada

その門をくぐるなり訪れた冬場には目につかなかった二本の大木の緑も鮮や
かに、その後ろに黄色い邸がたたずんでいる。

prelada

邸の内側からみた表門。
prelada


入り口のホールに入ると警備員が一人いたので、一般人でも内部の見学がで
きるかと聞いてみた。すると、ちょっと待ってくれと内線電話で連絡をとっ
てくれ、「今、人がくるので少し待て」と言う。

10分くらい待ったであろうか、階段を降りて若い男性がやって来、さぁ、
中を案内しよう、と言う。え!一人ですけど、いいんですか?と尋ねると
「もちろん」。

修繕された部屋という部屋、つまり邸宅の部屋が展示会場やオーディトリオ
や会議室に改善されたのだが、一室ずつ説明しながら案内してくれた。

内部撮影は禁止だと言う。残念。

prelada

ナゾニを思わせる独特の不可思議な壁画も見られず、それを期待していたわ
たしはがっかり。3階建ての邸ゆえ、それぞれの階段づたいの壁は広いスペ
ースが見られ、なんのへきがもないとはナゾニらしからぬではないか。

長年荒れるままにされてきた邸である、修繕不可能ということになり、壁画
はとりのぞかれたということはあるまいか、と何もない壁を見ながら心中勝
手に思ってみたのだが。

カルチュアセンター機能を円滑に活動させるためにと邸に新しく増築した
部分のホールも案内してくれたのだが、日の光をいっぱいに取り込むその
ホールの窓から、見えた!イベリア半島の大きな迷宮こと「ラビリンス」。

labirintos
画像はWikiより

邸もさることながら、それ以上にわたしが興味を持ってきたのが、実はここ
を訪問する直前に、ひょっとして入れるかも知れないと思い、行ってみたのが
Quinta da Preladaことプレラーダ庭園だ。が、No Visiterの標示が相変
わらず掲げられてあった。

そこで邸の案内人に聞いてみた。
「キンタ(Quinta)の方はまだ入れないのですよね?」
すると!「今度の土曜日に開きますよ」

これはこれは!土曜日は仕事で結構きついところがあるが、見逃せない
ぞ、よし!

prelada
装いも美しく蘇ったプレラーダ邸ことプレラーダカルチュアセンター。

プレラーダ邸についてはこちらでも。

本日も読んで頂き、ありがとうございます。
バタバタしている中で記事をアップしたりしていますので、これまでにも
増して誤字脱字が見られることかと思いますが、どうぞご勘弁ください
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
日本じゃ見られないですね(当たり前
石塀や壁の緑色、微妙なセンスが素敵ですね。白枠の窓だからすごく映えて。
シンボル探しも庭も内部の感じも、きっと何日も行って飽きない場所だと思うと、羨ましいです~。
観光客がうじゃうじゃいないのもいい!
2013/06/16(Sun) 15:59 | URL | なみ | 【編集
>なみちゃん

読んでくれてありがとう^^

飛び込みで行って丁寧に案内してもらえたなんて嬉しかったです。

庭園は数日中にとりあげるつもりですが、池にたたずむあの小さな塔、本当に素敵でした。
2013/06/16(Sun) 18:00 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村