2013年7月28日
 
普段はぎっしり書き込みがあるカレンダー、月曜日の今日は「真っ白」と夕
べ確認した!つまり今日は授業が全くなしってことだ。この開放感!いつも
だと何時からと何時からがレッスンだとの切迫感があり、何をするにも落ち
着かず中途半端な気分なのだが、今日は自由だぁ。

というので、今週まだ少し自宅授業が入りますが、夏季休暇モードに入りつ
つあります。

さて、古いミュージカルに「メリー・ポピンズ」と言うのがあります。
1960年代の作品でジュリー・アンドリュースが主演。わたしは20代始めに
見たのですが、ジュリー・アンドリュースの話す英語が美しく分かりやすい
ので英語の勉強を兼ねるのと、ストーリーも歌も気に入ったのとでその後も
何度も見てきた映画です。

MaryPoppins.jpg
画像はWikiより

物語の内容はGoogleのここに出てきます。

挿入歌の「チムチム・チェリー」は日本でもヒットしましたし、どんな苦し
いこともひとさじの砂糖で楽しくなるものと歌う「Spoonful of Sugar
(お砂糖ひとさじで)」も知られた歌です。また、この中で乳母のメリー・
ポピンズが子供達に教えるおまじないの言葉「スーパーカリフラジリステ
ィックエクスピアリアドゥシャス」はわたしも必死に覚え今でも言うことが
できます。

それらの挿入歌の中でも今に至ってわたしの心に残っているのが「鳩に2ペ
ンスを(Feed the Birds)」です。
手にした2ペンスを銀行マンの父親に「銀行に貯蓄せよ、そうすると利息が
入る」と諭された子供たちに、魔法のガラスのボールでメリー・ポピンズが
セントポール寺院で鳩の餌を売る老女の姿を映して見せるシーンに使われ
ます。

「鳩に餌をあげてください。お腹が空いているのです。一袋2ペンスです。
あなたが鳩たちを気にかけていることを示してください。寺院に立つ聖人像
たちは老女が鳩の餌を売るのを見下ろしています。あなたには見えないで
しょうが、誰かが一袋買うたびに彼らは微笑んでいるのです。一袋たったの
2ペンス。鳩に餌をあげてください」

ざっとこんな風に歌っています。下記Youtubeでこのシーンが見られます。

http://www.youtube.com/watch?v=Nm_BW1Vy6Zw

何故こんな話に及んでいるかと言うと、先日回ったダウンタウンはリベイラ
へと続く広い道Rua Mouzinho daSilveiraを歩いてあれ?と気づいたことが
ありました。その時間帯には必ず見かけた老女の姿がないのです。

rua_mouzinhosilveira1.jpg

坂道の上り口に座り、売り物を広げて売っているおばあさんです。売り物と
いってもそれを見た人はお世辞にも買おうかと言う気持ちは起こらないで
あろう古い壊れかけた使いようのないような代物ばかりです。
日曜日と雨の日を除いては冬の寒いときでもここで物を広げてはこうして
いつも座っているのです↓
rua-flores3.jpg
2006年撮影

よくこの通りを降りてリベイラへ向かっていたわたしは何年も彼女と
顔見知りです。見かけるたびに昼食の時間にはいつもここに座って
スープをすすっていました。そしてまたその時間には決まって鳩が
たくさん彼女の周りに寄って来、彼女が分け与えるパンをつついて
いるのです。スープはわたしの推測ではこの辺にある食堂からいた
だいているのではないか、でした。

貧しい自分の食事から鳩に分け与えているその姿にわたしは昔見た
ミュージカルの鳩と老女のシーンを思い出し小さな感動を覚えたの
でした。

顔見知りになったきっかけは、そんなおばあさんを何度か見て、「こん
にちは」とわたしが声をかけたことでした。最初はひとつ買おうかと
商品らしきものをざっと見回しましたが、どうも使えそうなものがあり
ません。これでは誰も買わないな、と思いました。

そこで、失礼なことだとは思いながら「コーヒーでも飲んでください」と
少しお金を差し出すと、とても喜んでくれ、なんども礼を言うのです。

かつてはわたしも今のように忙しくなくよくポルトのデジカメ探検隊と自ら
を称して街を歩き回っていたので、しょっちゅうここでおばあさんと挨拶を
かわすことになり、おばあさんの服装は冬は冬なりに一応寒くないように
見えるものの、大分擦り切れて薄汚れています。ひょっとするとホームレ
スかも知れないとの思いもあり、言葉を交わす都度5ユーロ、10ユーロ
と何かに役立ててもらいたい思いで差し上げていました。

「本当にいつもありがとうね。神のご加護がセニョーラにありますように」
と開く口は何本も歯が抜け落ちたのが見えていました。

little old cats woman
2007年撮影。同じ服装だがショールと靴が違っている^^

見かけないのが気になるもので、坂道を上ったすぐのところにある小さな
雑貨屋で「あそこにいつも座っていたおばあさんはどうしたの?」と思い切
って訊いてみました。すると病気になり老人ホームに入れられたと返事が
返ってきました。

そうか。仮にホームレスではなかったにしろ、春夏秋冬ひがな一日あそこ
に座ってスープをすすっていたのは、それなりの苦しい事情を抱えていた
にちがいない。寒さはあの歳では堪えよう、今年の秋口には毛布の膝掛け
を持って行こうと思った矢先だったこともあり、病気になったのは辛いだろ
うけれど老人ホームに入れられたのは案外良かったのかもしれない。

少なくとも食事にはありつけ、夜露雨露をしのぐことができる、とわたしは
少し気が安らいだのですが、あれほど定時間におばあさんに群がっていた鳩
たちは、さて、どうしただろうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
読みましたが!?
麻生発言、ご指摘の「全文」を読みました。が、やっぱり例えがいただけない。また、得意のべらんめぇ調が言葉足らずで誤解を招くね。マスコミはどこが煽っているのかしら?A社か?K国は、異国で粛々と「慰安婦女子像」設置を進めている。許可する方もどうかと思うね。
2013/08/02(Fri) 01:39 | URL | まだ仕事ちゅう! | 【編集
>ちゅうさん

煽っているのは共同通信と後でそれに便乗した○日ですわ。
下の全文を読むと、共同が一部だけ切り取って全くの真逆を報道しているのがわかるのではないかしら。

『護憲と叫んでいれば平和が来ると思っているのは大間違いだし、改憲できても、世の中すべて円満にと、全然違う。改憲は、単なる手段だ。目的は国家の安全と、安寧と、国土、我々の生命、財産の保全、国家の誇り。狂騒、狂乱の中で、決めてほしくない。落ち着いて、我々を取り巻く環境は何なのか、この状況をよく見て下さい、という世論の上に、憲法改正は成し遂げるべきだ。そうしないと、間違ったものになりかねない。
 ヒトラーは民主主義によって、議会で多数を握って出てきた。いかにも軍事力で政権を取ったように思われる。全然違う。ヒトラーは、選挙で選ばれた。ドイツ国民は、ヒトラーを選んだ。ワイマール憲法という、当時、欧州でもっとも進んだ憲法下に、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうる。

今回の憲法の話も、狂騒の中でやってほしくない。
靖国神社も静かに参拝すべきだ。お国のために命を投げ出してくれた人に、敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。いつからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法はある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうかね。わーわー騒がないで。本当にみんな、いい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)の中で決めてほしくない』

今時、政治家がナチスを見習えなんて言うわけがないのは常識からして分かると言うもの。意図的な煽情記事でしょう。

ま、言葉足らずなところが有るかもしれないけれど、日本語がちゃんと分かるジャーナリストならあんな報道の仕方はしないのではないかと思いますだ。

結構な抗議に拘わらず結局設置されましたね。ロビー活動はヘタクソな我が国はその点ではそれこそかの国に学ばなければいけないのかと思ってしまいます。

「慰安婦」が事実ではないということは米国でも証拠があり、それをテキサス親父が送っているにも拘わらず、ということは、グランデ-ル市もいい加減なものです。
2013/08/02(Fri) 03:57 | URL | spacesis | 【編集
>ちゅうさん
グレンデール市について、こんな記事を見つけました。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130802/amr13080207170002-n1.htm

こういう虚偽を公に書いて、日本の姉妹都市をなんと思っているのでしょう。
像を設置せよと請求する方も方なら、それに応える方もまぁ、こんな程度かと呆れてしまいます。
2013/08/02(Fri) 07:48 | URL | spacesis | 【編集
う〜む!
麻生さん、「ナチス発言」は撤回したけど、すでに遅し!内外で大批判と。
政治家は、たとえ話が好きだけど大体が墓穴を掘るよね。こんだけ勉強してるんだゾ!とか知識があるんだゾ!とか披露したくなるんだろうね。政治家は「自己中心」で「自己愛」の強い人達だからね。グ市はひどいね。お隣と同じ「思考回路」が偏っているんだろうね。それとも、金の力なのかな!?最近、通り魔事件(路上強盗)が多発してます。未解決のものも多数あります。犯人が全て日本人だとすると、行く末が恐ろしく感じます。
2013/08/02(Fri) 09:34 | URL | 寝不足ちゅう! | 【編集
>ちゅうさん

共同通信社のニュースはいち早く海外に配信されるのを承知で流したと言うことも考えられます。全くどこの国のメディアなんだか。

グ市の件はロビーストの力かな。でも、在住の日系人たちががんばって立ち上がり、彼らの言い分が米国のメディアでもとりあげられ、その意味では却ってよかったかも知れません。

外国においては日本人の美徳が逆に誤解されることもありがちなので、国外対策については、これまでの国内で通用する方法を少し変えて行く必要があると思います。

ほんと、隣に振り回されるのはそろそろ止めにしてほしいものだわん!
2013/08/04(Sun) 02:37 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村