2013年11月10日 

このところ立て続けに十代の頃大好きだった著名人が鬼籍に入り、時代
の移り変わりをひしひしと身に感じています。

その中の一人、ブログで取り上げようと思いながらも、時間に追われてつ
い書きそびれてしまったのが、作詞家の岩谷時子さんです。シャンソンが
好きだったわたしは「ろくでなし」「幸せを売る男」「ミロール」など、
洗練された訳詩、その大人っぽさに魅力を感じて訳詩名に目を向けてみたと
ころが、どれも岩谷時子さんでした。

以来、わたしが好きな曲の歌詞の多くは彼女の訳詩、作詞がついていること
に気づきました。無遠慮な言い方をすれば、岩谷時子さんの詩にわたしの
フィーリングがぴったり合うのでした。

彼女の作詞した「サン・トワ・マミー」はわたしが大阪梅田新道アサヒビア
・ハウスで、会社の同僚達のおだてに乗せられ人前で初めて歌った曲です。
それがきっかけでスカウトされ、そこでバイト歌姫になり、同じく彼女訳詩
の「ケ・サラ」(ケ・セラ・セラではないよ)同様、リクエストが最も多か
ったわたしの十八番(おはこ)でした。

♪平和で美しい国 信じあえる人ばかり
 だけど明日は どうなることやら 誰も分かりはしないさ
 ケ・サラ ケ・サラ ケ・サラ 
わたしたち人生は階段を手探りで歩くようなもの 
 ケ・サラ ケ・サラ クエル・ケ・サラ

(こちらでホセ・フェリシアーノの歌が聴けます。→ ケ・サラ

シャンソンの訳詩もそうですが、忘れられないのは「夜明けのうた」です。

♪夜明けのうたよ ぼくの心の 昨日のかなしみ 流しておくれ
 夜明けのうたよ ぼくの心に 若い力を 満たしておくれ
 
 夜明けのうたよ ぼくの心の 溢れる思いを 分かっておくれ
 夜明けのうたよ ぼくの心に でっかい望みを 抱かせておくれ


岸洋子さんが歌ってヒットした歌ですが、元は坂本九ちゃんが作曲家を夢
見るバンドマンを演じたドラマの中で歌っていました。調べてみるとこの
ドラマは1963年に日本テレビで放映された「ぼうや」だそうで、脚本
は「北の国から」の倉本聡です。わたしが16歳のことでした。

その時はヒットこそしませんでしたが、いい歌だと思ったわたしの耳に残り
覚えていました。上に書いたのはその九ちゃん版で、わたしは歌詞でいつも
歌っていました。

10代も終わりから20代後半まで、都会での一人暮らしです。ギリギリの生
活に喘いでいたあの頃、テレビのない小さな部屋で独学で覚えたヘタクソ
なギターを弾きながら、何度となくこの歌を歌っては見失いそうな希望を
取り戻したものでした。

岩谷時子さんの訃報を目にしたその翌日、久しぶりに娘のピアノの鍵盤に手
を触れ、この歌を歌ってみました。たまたまその日、早く帰宅した夫がドア
を開けるなり言うには、
「珍しいね。君がそんな風にして歌ってるなんて」

この数年、歌うことも忘れていたカナリア、いや、わたしの場合はかなりの
低音ですから歌を忘れたオームでしょうか、声も出なくなった近頃ですが、
歌いだすと夕食の準備も忘れて大声を出していたかつてを思い出し、音域が
許される曲をこんな風に再開してみようかしらとふと思いき。

岩谷時子さん、あの頃のわたしに希望をいただきありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:音楽
ジャンル:音楽
コメント
ショックでした
考えればかなりのお歳な訳ですよね。
フランス語をそのまま訳さず、感性で歌詞になさったのがヒットしたのは素晴らしいと思います。

あと、島倉千代子さんも亡くなって、昭和が遠ざかる寂しさを感じています。
『東京だよおっかさん』の二番、ちゃんと歌えなかったのが悔いでしょうね。
2013/11/11(Mon) 18:47 | URL | なみ | 【編集
>なみちゃん
岩谷時子さんは90歳を過ぎていたと思います。越路吹雪さんの歌うシャンソンは彼女がほぼ全部訳詩しているはずです。作風がとても好きでした。

お千代さんについては、タイトルも「東京だよ、おっかさん」で次回のエントリーにするつもりでした。

2番目の歌詞を聴くとわたしは胸にジンと来てしまいます。
一人また一人と往年のスターが消えていくのは自分の青春時代が遥か彼方に遠ざかっていくようで、特に日本を離れてそんな一報を耳にすると実に寂しいものです。そんな歳にわたしもなりましたっけ。

2013/11/11(Mon) 19:20 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村