2013年11月27日
 
前回、載せたブダ王宮の丘にある町で見かけた素敵な店ですが、ここはハン
ガリー刺繍専門店でした。
入ったときは私達だけでしたが、間もなく日本人の方が一人案内されて入っ
てきましので、恐らくここはよく知られた店なのでしょう。眺めながら、
これは機械製だろうか、手製だろうかと夫と話していたら、店の人が、全て
手作りですと言葉をかけてきました。お土産に数枚買いましたが、これは
「カロチャ刺繍」と呼ばれるとのこと。

rendas.jpg


カロチャとはブダペストから少し離れた古い町で、この周辺から出た刺繍で、
民族衣装などにもほどこされるそうです。写真の一番小さい白のドイリーで
10ユーロほど(\1350くらい)でした。

午前中を王宮の丘で過ごし、再びフニクラールで下に下りてチェーンブリッジ
の近くの通り、少し薄暗い感じの昼食に入ったカフェバーがちょっと面白いと
ころでした。「Lanchid Sorozo」(ハンガリー語で意味不明)。
Budapest

見ての通りレトロなバーで店内の写真もそうですが、店内で流れるBGMも
1960年代あたりのロック、ジャズで、夜にでも来たらもっとよかったか
と思われ。
Budapest
座った席の窓際。

我らのように昼からビールで乾杯しているカップルがおりw天井からは
アコーディオンなどがぶら下がっています。
lanchidsorozo2.jpg

ヘップバーンとペックの「ローマの休日」のポスターや古いパリの写真等が
掛けてあり、店の人も親切。夜は常連で賑わいそうなカフェバーでした。
Budapest

ハンガリー生ビールで乾杯!
Budapest

では、みなさま、もう少しブダペストが続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ハンガリー
ジャンル:海外情報
コメント
Lanchid sorozo
むかし、ブダペストに半年家族と暮らしていました。
懐かしい。
Lanchidは「鎖橋」、sorozoは「ワインを飲ませる場所、酒場」です。まるっきりそのまんまの名前ですね。
2013/11/28(Thu) 16:14 | URL | もと | 【編集
訂正
sorはビールでしたね。だからビアホールあるいはビールバーというところでしょう。
今から20年以上前なので言葉があやふやになっています。
2013/11/28(Thu) 16:20 | URL | もと | 【編集
もとさん
初めまして!

ご親切にお教えいただきありがとうございます。そう言われてみれば、すぐ側の橋の名前がLanchidでしたね。

それにしても20年以上も前にハンガリーに滞在なさっていたとのこと、きっと今とは随分と違っていたのではないかと想像いたします。

わたしもポルトガル在住が30年になりますが、来た当時は独裁政権が崩壊した数年後のことで、今とは比べ物にならない重苦しく暗い雰囲気でした。

東ヨーロッパを訪れるのは今回が初めてですが、久しぶりに秋らしい秋を感じて帰ってきました。4日ほどの滞在で見逃した見所はたくさんありますが、もう少し画像を載せますので、かつてを懐かしんでいただけたら嬉しいです。

コメントをありがとうございました。
2013/11/28(Thu) 17:02 | URL | spacesis | 【編集
刺繍手がかかってるね
ボビンを使う刺繍かしら。ヨーロッパは様々な刺繍がありそうで、ママの目が輝いてるのが見える気がする(^_^)古都を歩くのって楽しいでしょうね~
2013/11/28(Thu) 19:35 | URL | なみ | 【編集
はじめまして!
娘がバレエカンパニーオーディションで昨年東欧西欧を問わずわたり歩いておりました!海外を知らない私は心配で心配で・・・
縁あって10月からポルトガルのカンパニーでお世話になっております。
色々検索して貴ブログにたどり着きました!いつも更新楽しみにしております。
2013/11/28(Thu) 22:21 | URL | F | 【編集
Fさん
初めまして。

もしかしたら娘さん、ポルトの隣町、ガイア市に住んでいるのではないでしょうか?

そうでしたら、まだお会いしていませんが、何度かメール交換をしていますよ。

ポルトは治安も悪くありませんし、あまり心配なさらなくてもよろしいと思います。
万が一、病気にでもなったらいつでも連絡してくださいとお話してあります。

こちらへおいでになる機会がありましたら、是非、ご一報ください。
2013/11/28(Thu) 22:42 | URL | spacesis | 【編集
なみちゃん
ざっと検索してみると刺繍枠を使用してますね。

わたしはドイリーだけしか買わなかったけれど、ランナーやテーブルクロスと色々ありましたよ。
少し華やか過ぎて、自分用には買いませんでした。

古都の魅力、この頃少し分かるようになったのね。若いころは興味がなくて、やはり新しい大きな都市にあこがれましたっけ。
2013/11/29(Fri) 01:25 | URL | spacesis | 【編集
娘に確認しました!娘もこちらのブログのお世話になっていたのですね!!!色々教えていただいたようで安心しています。
治安のことも教えて頂いて良かったです!娘はいつでも、どこでも大丈夫!!しかいわないので、、、
また色々助言いただけたら嬉しいです。
どうか、よろしくお願いいたします。
ハンガリーのページから長々申し訳ありませんm(_ _)m
2013/11/30(Sat) 23:15 | URL | F | 【編集
Fさん
「いつでもどこでも大丈夫!」逞しい娘さんですね。
若いですから多少の失敗は却っていい経験になり人生観が広がることでしょう。

いざという時にお役に立てたらと思っております。

近頃は当ブログでポルトのことを取り上げていませんが、ブダペストの記事が終わり次第、また通常のポルトガル記事に戻る予定でおりますので、どうぞお気軽にお越しください。

ポルト、ポルトガルの人たちの生活の様子が少しお伝えできると思います。
こちらこそ、どうぞ宜しくお願いいたします。
2013/12/01(Sun) 04:47 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村