2013年11月28日 

ポルトガルへ帰る前日の土曜日、夫が国際会議から抜け出す時間ができた
午前中、「セーチェニ温泉(zechenyi)を見たいと頑固に頑張る。わたしは
街を見るほうが好みなので、遠いんじゃないの?乗り換えなきゃいけないみ
たいだし時間がかかりそうでありますよ。

腹の中では「わずかの時間しかないのに、なんで温泉やねん!が本心であ
った しかし後でブダペストの温泉は独特なことで有名な
のを知り、後悔したのである)」と言ってみたのだが、ダメだった。
負けた^^;行く事にしぶしぶ同意。

budapest

メトロに乗らないと、というので、下の写真、自由橋↑を渡りブダからペス
ト区域に入りメトロ駅を探しながら街を歩きました。

budapest
橋を渡って間もなく目に入った素敵な建物、なにやら玄関に日の丸が見える。
budapest

むむ、日本語ではござらぬか。ひょっとしたら日本食が手に入るかも!と
一目散。外国で母国語や行事等を目にするのは本当に嬉しいものです。

budapest

中は大きなマーケットでありました。土曜日のことで大勢の人がやって来
ていました。どれどれ日本食日本食とキョロキョロ探してみれど見当たらず。
市場の中央通りにこんな着ものの着付けコーナーが設けられてハンガリーの
女性でしょうか、説明をしておりました。わたしもポルトでボランティアに
て、できる範囲内で日本文化の紹介をしていますので、思わず頑張ってくだ
さいよ、と声をかけたい思いでした^^
budapest

結局日本食は見つからず、市場内をもっとゆっくり歩きたかったのですが、
何しろ夫の目的地へ向かっている途中です、写真もあまり撮影できません
でした。
budapest
くだものやさんとハム、ソーセージ類のお店↓。どことなくポルトガル
と似ています。自分へのおみやげは写真の左側に見えるサラミであ
りました。胡椒が入っていなかったのでわたしは気に入りました。
mercado6.jpg
 
古いが美しい建物がたくさん見られました。

budapest

street7.jpg

途中の美術館でロバート・キャパの写真展があり、そう言ってみればキャパ
はユダヤ系ハンガリー人だったと思い出し時間が許されるものなら是非入っ
て観たかった。

キャパは1930年代50年代初期にかけて活躍し、北ベトナムで地雷に抵触
し落命したフォトジャーナリストですが、わたしは文芸春秋の連載、沢木耕
太郎氏の「キャパの世界、世界のキャパ」のファンなのです。

先ごろ氏が書いて司馬遼太郎賞を受賞した「キャパの十字架」(キャパの戦
争写真の中でも最も有名な「崩れ落ちる兵士(スペイン内戦時代の写真)」
の謎を追跡したノンフィクション)を面白く読んだところでした。

「あら、キャパの写真展があるわ」と言ってみたところが、夫、「なんだ?
キャパって?」というので、こりゃ話を持ちだせんわと即、諦めたのでした。

budapest
街角の焼き栗やさん。ポルトガルとは違って小さなかまどを使ってます。

で、この辺りがメトロ駅でしたが、なんと!この先一ヶ月間、土日はメトロ
が動かないんだそうで、が~~ん、とは夫でありました。
わたしも、後で後悔することしきり。

夫が行ってみたかったのはここであります。セーチェニ温泉(Széchenyi)。
budapest
wikiより拝借。

そして、後の祭りではありましたが、橋のあたりにもこんな温泉があった
のでした^^;ゲッレールト温泉だそうです↓
GellertU-1.jpg
wikiより

これはしまった!見逃したのは残念ではあった。

実は夫め、密かにスイミングトランクスを旅行カバンの中に忍び込ませて
いたのではありました(笑)元来がカナヅチのわたし、それに温泉プール
に入る入らない以前の問題がありまする。なになのよって?・・・・・・

もう水着をつけられるスタイルではありませんってば!

というので、本日はこれにておしまい。

よろしかったらランキングクリックをひとつ、お願いできたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ハンガリー
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村