2013年11月30日 

さて、ブダペストそろそろ最終章に入ります。

少し古いけれども美しい建物を紹介させてください。
今日も画像がいっぱいです。

滞在中に何度か渡ったブダ区域からペスト区域にかかるチェーン・ブリッジ。
Budapest

ブダペストの5つの橋の中でももっとも美しいと言われるそうです。
橋の両側のたもとに2頭ずつ座るライオン像は1800年代に設置されま
したが、手がけた彫刻家はこのライオン像に舌がないと除幕式でからかわ
れ、ドナウ川に投身自殺してしまったという逸話があります。

Budapest
読者の方に教えていただいた「Sor」と言う文字が見られますから、レストラ
ン兼生ビールが飲めるところでしょう。

Budapest
わたし好みのこんなシンボリックな絵タイルもこのビルに見られました。上
方の模様は2匹の蛇が巻きつき頭には翼がつくギリシャ神話のヘルメスが持
つ杖「カドゥケウス」です。このレストランに隣接する建物が更に美しい。

Budapest

このままにしておくのがなんとももったいない、かつての美しさを今だ垣間
見るアールデコ調の建築物です。建物の上方が面白い!↓

Budapest

正面です↓
Budapest

その素晴らしさに夫を放っといてふらふら~と中をつい覗きたくなり
ました。

Budapest
入れたのは入り口ホールのみでしたが再現したらどんなにか華麗でしょう。

Budapest
かなりの距離を歩きながらたどり着いたヴェレシュマルティ広場(Vorosmarty)
では野外コンサートが。

その広場に面したのが、ヨーロッパでも最も古いお菓子の名店、Gerbeaud
(ジェルボーと読むらしい)。
Budapest

案内されて我らが注文したのはこれです↓
Budapest

二人分です。「高い!これは昼ごはんだ」と夫が言うものでがんばって食
しましたが、下のカフェオレもあわせて、甘さ一色というのは食べ終える
のが大変なわたしでありました。
Budapest

ついでに、ホテルのレストランで食べたハンガリー伝統の「ショムロイガ
ルシュカ」と呼ばれるスイート。これもたっぷりに甘かった^^;
Budapest

このスイートについて調べてみると、オリジナルはわたしが食べたのとは
少しデコレーションが違っていました。下のタイプががいわゆるショムロ
イガルシュカのようです。
shomuroi.jpg
この画像はwikiより引用。

というので本日は甘い話でおしまいです。明日はブダペスト旅行最終章に
なります。読んでいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ハンガリー
ジャンル:海外情報
コメント
ライオン像は!?
それにしても甘いデザートが昼食とは(高かったのね!?)。
ライオン像、三越のライオン像と共通するものあるのかしら?
今度舌があるかどうか見てみよう!
2013/12/04(Wed) 12:03 | URL | お仕事ちゅう! | 【編集
ちゅうさん
あれ?昨日レスしたつもりが、アップされてない・・・

じゃ、もう一回。

ブダペストは意外と物価が高かったです。
それにEC圏なのに通過はユーロじゃないのでした。
紹介したカフェはポルトで言うと「マジェスティック・カフェ」かな?
マジェスティックより格式ばってました。

ライオン像ですが、今春帰国したときにモイケル娘といった三越のライオン像を撮影しておりんした。

んで、今舌の有無を確認したくみてみましたが、あいまいだなぁ・・・^^;
2013/12/05(Thu) 18:48 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村