2014年1月6日 

先日、「動物の親も子育てには苦労している」と題したこんな画像を見か
けた。

choimachi13.jpg
「ちょっと待ちなさいってば!」

そしてこちら、「待てと言うとるじゃろが」
choimachi2.jpg

choimachi1.jpg
「ほらね、だから言ったこっちゃない」

この画像を目にして思わず「あっはっは」と笑ってしまったのには大いに
訳がある。下の写真を見よ。動物が人間に換わっているだけで、「待てと
言うとるに!」とわたしと息子の全く同じシーンではないか!

mate.jpg
1983年

この日は夫の友人の娘さんの誕生日でわたしたちが招待され、カメラマン
がいざ記念撮影をとシャッターを押した瞬間の息子と母親の一場面なのだ。
おとなしくカメラマンの前で並んでいた他の子供たちも息子の一瞬の行動
に思わず口を開けて驚いたり笑ったり。

天衣無縫な息子の性格がよく表れていて、わたしが大好きな写真の一枚で
ある。思えばあれから30年、そして、ふと数えてみると、今回はその息
子のいないクリスマス、正月が5回目、我がモイケル娘のいないのが10
回目だと言うことに気がついた。

東京へ向かう前の息子はリスボンに長年住んでいたのだが、夏の休暇やク
リスマス、正月には必ず帰省していた。しかし、日本からとなると臨時講
師の仕事柄、大学の夏季休暇以外は簡単に日本からポルトガルまで帰って
来るわけにもいかない。そうして5年が過ぎた。

モイケル娘はというと、日本での大学受験を目指して「必勝ハチマキ」は
ないのかと言って見たり、「合格必勝」と書いた紙を自分の部屋の壁に貼
り付けたりして気合を入れていた時期、それを横目にくっくっくと隠れて
笑っていたあの日から早や10年。

「おっかさん、わたしがいなくなったら、ちょっとなんだろうから」とホ
ームページ開設を勧め、日本へ渡る前に自分の受験勉強の傍ら、その手ほ
どきをしてくれたのが2004年。我が最初のHPトップにその年号が記
されてある。一昔と言える星霜を重ねた。

ついでに、2004年に開設したわたしの最初のホームページはこちらで
ある。
http://www.geocities.jp/spacesis_pt/index.htm

新しいpcに買い換えた際にソフトの関係だろうか、更新が不可能になっ
てしまい、古い記事のそのままになっている。

大学時代の息子とは同居していなかったが、よく帰省したし、そうでない
ときは、夫婦でリスボンへ様子を見がてら会いに行ったりしたのでその成
長ぶりを垣間見ることができたが、モイケル娘の花の娘時代を目の前で見
ることができなかったのは返す返すも残念なことではある。
が、かく言うわたしも、大人へと移って行った青春時代の過程を親が見
ることはなかった。

人は一人で成長するのではない。苦しみ哀しみ喜びの糧から学んで成長
するのだ。出会うべきして出会った人と新たな人生を歩み始めるまでを
青春時代と呼ぶのだとわたしは思う。
わが子たちはまだ青春真っ只中である。

写真を眺めながら、「ちょっと待ちなさいってば!」と親の価値観で事
を教える時代は終わったかなと思うこの頃だ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
絶妙のタイミングに撮られた写真だね(笑)

会社を辞めて2年経つけど、相変わらず舵が荒ぶっておる( ̄▽ ̄)私はどこに向かっているのか(遠い目)
2014/01/07(Tue) 19:19 | URL | もいける | 【編集
もいける君
この兄貴相手に渡り合ってきたあんさんのこと、内に秘めたる○ソ度胸があるかと思われv-290

それがいつか何かの形で花咲くことを願わずにおれまへん。
荒ぶる舵は時に荒ぶるままに^^

そう言えばおとなしいモイちゃんの思い込んだら向こう見ずな一面を見たスペインでの休園の遊園地事件が思い出される。

結局ケガをしたのはおパパであったっけw
覚えてるかな?
2014/01/08(Wed) 05:27 | URL | spacesis | 【編集
このやり取りに割って入る?のはどうかと思いましたが(^^ゞ
感慨深いものでしたのでコメを。

えぇ「ちょっと待てや!」な日々真っ最中な父子であります(笑)
親の価値観で物教える最中でございます。
もちろん育児の最終目標を分かっているからこそですが、それを受け入れられる事が出来るか、まだ先だけど考えたりするこの頃です。
手を焼く事も喜びでもあるし、辛さでもあるし、反転しても同じであるからして困りますね(^^ゞ

一つ言えるのは、私の親がそうであったように、
「だからそう言ってたろ?」で始まる会話が出来たらいいなと。

そして、もいけるさん!
どこに向かっているのか分からない気持ち、その想いを持てる事、タイミングは有意義なものになるでしょう。多くは自分の立っている場所すら見えずに「ただ働く、生きる」という選択をするのですから。
回り道は出来るだけしたくないけれど、結果的に回り道をしていた方が「生業」に辿りつける近道なのだと思います。


spacesisさんとのブログでのお付き合いも数年、
こうしてそれぞれの成長を見れる事に今更ながら感慨深く、
そして、人生の面白さを感じています。
2014/01/08(Wed) 23:25 | URL | マー | 【編集
マーさん
なんのなんの
割って入るだなんてv-290

自分の過ぎ越しを振り返ったりしながら、育ててきた結果のような子供達の姿を目の前にして思うは、まぁ、これが自分の偉業か、テヘへ、でありますね。

親がしてきた失敗を子にして欲しくないと思うは道理、でも、失敗を通して学ぶことがあるのも捨てがたい。

失敗のない人生こそ失敗であるという言葉をどこかでみかけましたが、良い事言うなぁと失敗だらけの自分は感心しており。

お~っと、むやみやたらに失敗することを勧めておるのではありませんぞw

マーさんもこれから「待てよ」の一山があるかと思いますが、子育てって最高よ!羨ましい^^ もう一回してみたいなぁなんて思ったりするこの頃でもあります。

子育てではマーさんの一歩先を歩んでいる当ブログですが、今年もお付き合い、よろしくお願いいたします。








2014/01/09(Thu) 20:12 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村