2014年2月5日 

前回取り上げたイルカ漁についてはまだまだ言い足りない部分があります
が、要は、わたしは鯨、イルカ漁には個人的に反対であり、伝統的な地域
文化をないがしろにする気はもうとうないものの、屠畜に非残虐的な方法を
探ることは大切だと思います。
こんな短いことを長々と書いてしまったんでした^^;でも、文字にしな
がら自分の考えの整理もしていたわけで、ご理解いただきたいです。

さて、気を重くしていた2つめは、フランス、アングレーム市での国際漫画
祭のすったもんだ。今回のごたつきがなかったら、そんなフェスティバルが
あることすら、わたしは知りませんでした。

アングレーム国際漫画祭は40年の歴史をもつバンド・デシネの権威ある漫
画祭(と、謳っている所もある)で、毎年1月に開催され3、4日の期間中
に20万人以上を動員するヨーロッパ最大の漫画祭典だそうです。

バンド・デシネというのはベルギー・フランスを中心とした地域の漫画を指
します。ヨーロッパではよく知られている「タンタン」「スマーフ」「アス
テリックス」などがバンド・デシネの代表作です。
tintin1.jpg asterix.jpg
Wikiより

「タンタン」「アステリックス」は夫は昔から知っているそうですが、わた
しは外国漫画は日本のとは作風が違うのでどうしても馴染み難くて手にした
ことはありません。
    
ポルトガル生まれポルトガル育ちの我が子たちも日本マンガファンではわた
しの血を引いてか欧米マンガには興味をしめしませんでした。
唯一は「スマーフ」のみ。
smurf.png

ベルギーがヨーロッパでこれまでに色々な人気漫画を生み出し、ブリュッ
セルには3万冊もの漫画を所蔵する漫画博物館まであると知ったのは、一
昨年ブリュッセルを訪ねたときでした。下記、ブリュッセル旅行記で市内
のあちこちに隠された巨大漫画について当ブログに書いています↓

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-category-48.html

アングレーム漫画祭も近年は「20世紀少年」浦沢直樹や水木しげるなどが
受賞するなど、日本の漫画も人気を集めています。、

その会場で今回は日本、韓国、主催者側も三つ巴で起こったスッタモンダが
これ↓、Youtubeニュース動画です↓


今回は、あちらこちらからの引用になります。青色はワタシの突っ込み。

最初は、テキサス親父ことトニー・マラーノさんとともに現地入りされて
いた「テキサス親父日本事務局」スタッフのShun FergusonさんのFBから


Nicolas FINETと言うアジア部門のコーディネーターと言う男がブースに
来て、バナーやその他の展示物を全て持ち去り、たまたまそこで一部始終を
見ていた産経新聞のロンドン支社の記者の問いかけに名刺を渡して、その
記者の質問にもまともに答えずにブースを破壊。

ほとんどの物を持ち去られた何も無いブースで記者会見を始め、最初の数
分が経過した時にそのNicolas FINETと言う男がブースの記者と私達の間
に無理矢理割って入って来て
「ここで記者会見を開く許可などしていない!」「出て行け!」「このブー
スはもう終わりだ!」「日本のブースは撤去だ!」などと怒鳴り散らし、
そこにあったフランス語に翻訳された慰安婦関連の本を「この糞!持って
帰れ!」など暴言を吐き、周囲があっけにとられる中、私はその男に、テ
キサス親父は、その男と一緒に来ていた主催者の1人に抗議をしました。

ブースで記者会見を開くことは既に主催者のプレス担当に話をして口頭で
許可を貰っていたのですが、「ブースで記者会見など認めてない!」と大
声を張り上げたので「ジュリーというプレス担当者に許可も取ってあるし、
そのブースで記者会見をしてはならないと説明するも、そんな事は言って
ないと一点張り。

契約書の何処に書いてある?案内書の何処に書いてある?」と問い詰める
と、「俺が決まりだ!」と、勝手に禁止事項にも無い事を非常に汚く強い
口調で吐き捨てました。


日本側のブースを破壊した主催者側のアジア担当実行委員Nicolas FINET
(ニコラ・フィネ)氏は、産経新聞のインタビューに対し、その理由をこう
答えています(産経新聞2014.2.2 21:46)。

「彼らは、政治活動を禁ずるこの私有施設で許可を得ず記者会見をやった。
主催者側の意向を無視して文化を語る場で政治活動を始め、その政治宣伝の
内容が歴史的事実の否定を禁止するフランスの法律に抵触して
いると忠告したのにやめなかった。彼らはルールと法を破った」

日本側の主張とはかなり乖離があります。
しかも、「歴史的事実の否定」の中身を聞かれると、こういう回答。

彼らは、日本政府も認めている慰安婦の存在すら認めていない。こう
した極右思想・団体とは戦う」
彼らが「慰安婦の存在すら認めていない」なんてことは全くないでしょう。
認めていないのは「日本軍による組織的強制連行慰安婦」だ。「論破プ
ロジェクト」のサイトでも明記していますが「慰安婦の強制連行はなかっ
た」と主張しているだけです


ニコラ・フィネの勘違いあるいは思い込みから来る、行き違いがあったの
かもしれません。アングレーム市長は日本のブースを継続して良いと言って
いますが、ニコラ・フィネが強行に拒否しています。
ニコラ・フィネはアングレーム市長と共に昨年韓国に招待されています。
やっぱり!)

以下はFBでの日本側の団体「論破プロジェクト」代表の藤井実彦さんの
報告です。

私自身はフランスのマンガ祭りに出展して、日本側主張に沿った展示を行
い、メッセージを伝えれば、フランスの方達に理解されると軽く考えてお
りました。
 
しかし主催者側からは我々の考え方、主張は
「ナチスドイツのガス室は存在しなかった」
と主張するようなものであると伝えられ、そして慰安婦問題に関しては
すでに韓国側の主張がフランスにおけるスタンダードであり、私たちが
行おうとしている考え方、日本の立場はこのスタンダードな立場を危うく
する修正主義に基づいた危険な思想である、だから私たちのブースは
撤去すべきである、という立場を貫こうとしているように感じました。

今回翻訳をしていただいたパリ在住の方によると、フランスの有力紙
フィガロ紙やルモンド紙においても、数ヶ月前の「慰安婦」関連の記事
まで振り返り確認していただいた所、この「慰安婦」が、韓国の主張し
ている通りで歴史的事実として確定しており、日本がなかなかそれを
認めない、という見方では一致しています。
 
フランスにおける世論形成については、ある意味すでに決着がついて
しまっているのが実情であるということをより我々日本人は理解する
必要があると私は思います。
 すでに決着したと思われる問題を蒸し返す極右政権という誤ったレ
ッテルを貼られる事に対しても、より効果的なカウンターを打つ必要が
あると私は思いました。】

今回主催者側の見解として、「私たち論破プロジェクトの主張している見
解は政治的意図を持っているが、韓国側の主張はすでに事実認定をされ
ているものであるから、その事実に対して各クリエイターが自由に創造
的な作品を制作したにすぎない」という立場に依拠しているとあるマス
コミの方から教えていただきましたが、それはこの主催者側が韓国に
利益供与されている、という単純な陰謀論とは事を異にしていると私
は痛切に感じました。フランス全体の問題でもあるという事ですよね。

日本人の感覚としてはどうしても「真実はひとつ、真実は負けない、真実
は最後には勝つ!」と考えるフシがあるのですが、結局フランス側に自国
の見解をより積極的に伝えた韓国側の主張が勝利してしまい、事実認定さ
れてしまっている、という結果になってしまっているわけです。

韓国側が大々的に政府を利用し、潤沢なお金を使いフランスでロビー
活動を行っている実態も、徐々にわかって参りましたが、それを打ち返
すだけのカウンターを日本側がここ数十年間怠っていたのも事実だと
思います。

さて、こちらはわたしがネットで集めた情報の一部です。

・漫画祭の会場はアングレーム市内の35か所に点在しており、韓国の
企画展はふたつのメイン会場やアジア館から離れた場所にある「韓国
館」という独立した建物に設営された。(韓国だけ特別扱いだね)
(Wikiアングレーム国際漫画祭より)


・市民団体「論破プロジェクト」は幸福の科学を母体とする幸福実現党
などの後援をもとにする(Wikiアングレーム国際漫画祭より)
フランスに於いて幸福の科学は創価学会、統一教会に継ぐカルト指
定だという情報があるので気になる部分ではある。これに関する韓国
側からの告げ口がなかったとは言い切れないが、今回のごたごたの
本質は慰安婦問題対策への日本の姿勢だとわたしは思う
。)

引用、ここで終わり。

朝日新聞の捏造や、河野談話や村山談話やアジア女性基金など、ひたすら
謝罪のみを繰り返して来た日本の外交政策を振り返ると、他国から謂れな
き批判を今もって招いている原因は「ことを荒立てずに」というわが国の
ことなかれ主義の姿勢が引き起こしていると思います。

陸続きの大陸諸国が領土獲得戦争に明け暮れている間、戦なく250年も
鎖国と言う繭玉に守られて、日本は独特の文化を形成しました。阿吽の呼
吸、言わなくても通じるという意思の疎通は日本国内で、日本人同士なら
ではの話です。

それに比べ、お互いに外国語である言葉を駆使し手練手管、駆け引きで乗
り切る外交をしてきたのが陸続きのユーラシア大陸諸国です。生真面目な
わたしたち日本人はそれが苦手なのだと思います。習慣が同じ、お互いに
知り尽くしている日本人同士ではそれなりにロビー活動、つまり「袖の下」
もするのでしょうが、こと外国が相手となるとダメなようです。

わたしもそんなことをするのは嫌い!しかし、いざというときのために先
を見越して、するべき相手には誠意をこめた対応をすることはできるはず。
そして、今わたしたち日本人が気づくべきことは慰安婦問題でしてきたよ
うな「誠意」の対応の仕方ではダメだということです。

問題点に焦点をしぼり、時には相手が言ったことを逆手にとったりして自己
の正論を広げることは大切です。これはわたしたち日本人が苦手な部分で
す。「言わなくたって分かるじゃない」という日本人の習慣思考、「誠実で
あれば相手はきっと理解してくれる」という希望思考が邪魔をするのです。

個人的な見解ですが、ポルトガルに長年住んで思うことは、自分が感じる
こと、思うことを言葉で人に伝達するのが、いかに下手かということです。
それが人と反対意見であれば尚のこと、どうしたら相手を少しでも傷つけ
ずに自分の思うところを伝えられるかとの方向へ行ってしまい、単刀直入
に言うことを恐れます。

いつまで経ってもこちらの人の様に、思ったことをそのまま言葉で顔で表現
することに躊躇するのです。つくづくわたしはやっぱり日本人だなぁと嬉し
く思う反面、この日本的な性格がいざ国際社会、国際政治の取引の場に立た
されるとしたら・・・と考え、恐ろしくなります。

世界は友愛と善意に満ちているのも事実なら、世界は悪意と嫉妬、策略に
満ちているのも事実です。今回のアングレーム漫画祭のごたごたも、これ
までのわたしたち日本人の対外政策の仕方が下手なのと、ことなかれ主義、
騙されやすい人の良さという、民族性の根源に関わるのかも知れません。

欧米人と同じにならなくてもいい。日本人の矜持に立った理論の展開の仕方
で応戦することが必要だと思います。
国際公用語の英語やフランス語をしっかり勉強して応戦すればいいじゃん、
というのは違うとわたしは思う。言葉を駆使するにはその国の文化背景を
理解しなければならないのです。島国の日本に住むわたしたちがそれをす
るには難しさがあります。

日本ではこれから小学校から英語授業を取り入れるようですが(もう取り
入れている?)外国語ができるのは無駄なことだとは思いません、しかし、
1億2千万人のうち、果たして何人が英語を耳にして、書いて話す職につく
のだろうか。

多くはその環境に程遠いと思われます。それよりも、歴史を振り返ったり
本を取り上げたりして何故、ディベートを教科に取り入れない?高校生に
なってからでは遅きに失す。
ディベートをすることで、歴史の矛盾点も必ずや見えてくるでしょう。

12月に産経新聞が、「元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 慰安所ない
場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れる」とスクープ、政
府は原案の段階から韓国側に提示し、指摘に沿って修正するなど事実上、
日韓の合作だったことが判明しました。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140101/plc14010112380006-n1.htm

韓国中国の日本いじめにはもううんざりです。外務省のトップページには
北方領土、拉致問題。竹島やっと最近、各国語での説明が掲載されました
が日本が今貶められている肝心の慰安婦問題はまだです。

是非とも外務省はこの各国語説明を進めて欲しい。ぐずぐずしていると、
この手の問題はまた襲ってくるのです。

わたしと言えば、日本語の生徒さんたちから質問された場合に備えて説明
や反論ができるように、下手ながらも自分の言葉で英語、ポルトガル語の
準備をしておこうと考えています。

下記は慰安婦問題に関して、朝日新聞社長と河野洋平氏の国会承認喚問要
求の署名キャンペーンサイトです。ご同意なさる方は是非署名してくださ
いませ。
http://chn.ge/1k06sTd

長々と綴ってしまいましたが、読んでくださり、ありがとうございます。
では、みなさま、また。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報
コメント
がんばっているが!?
国連の日本次席大使も中国の発言に反論と頑張っていますが、このような記事が産經新聞から?もっと世界にアピールすれば!と思いますが。歯がゆいな!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00000531-san-pol
2014/02/07(Fri) 11:08 | URL | 明日はまた雪らしいと懸念ちゅう! | 【編集
ちゅうさん
頑張ってるんですが、ほんと歯がゆいですね。
バシッと言え、バシッと!といつも日本側の迫力のない反論発言に思うのですが、国際社会、半沢直樹みたいにはいかんのでしょうね。

そうそう、こんなのを女性たちが立ち上げたのを知ってます?

「桝添要一を都知事にしたくない女たちの会」(呼び捨てにしてるし^^;)

都知事選まで後二日、外国人参政権推進派という時点で、わたしはこの人、アウトです。してること、言ってること、失敬です。わたしもこの人にだけにはなって欲しくない。外国人参政権推進派は全部アウトであります。

事情はあるかもしれないけれど、自民党はなに考えてんだ!
2014/02/07(Fri) 19:47 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村