プロローグ
2004年に我が最初のホームページで、記憶が薄れないうちにとの思いも
早まり、書くに任せて一挙に綴った「あの頃、ビアハウス」のエピソードを
今回は順を追って少し書き直してみようと思います。古い写真も現在持って
いるデジカメで新たに撮り直し、カテゴリも新規にしました。

歌っていた当時は意識していませんでしたが、梅新アサヒ・ビアハウスが
大阪では老舗も老舗、当時の関西経済人や文化人が毎夜集った最古のビア
ハウスであり、その全盛期に自分は身を置いていたという幸せを今にして
じんわり感じています。

「あの頃、ビアハウス」登場するのは彼らの多くが今では鬼籍に入ったで
あろうと思われる当時の愉快な常連さんたちです。わたしのところには今
でも時々「あの頃のビアハウスを知っています」「通っていました」と見
知らぬ方からメールが舞い込んで来ます。

その人たちにも鮮明な姿を刻んでいるかつての常連さんたちを身近に見て
きたわたしが書かずしてなんとする?それが書き直しの理由です。
稚拙な文章で書き足りないところもあるでしょうが、アサヒビアハウスを
通して人生の楽しみ方、お酒の飲み方を教えてくれた我が恩師たちでもあ
るかれらを、そして、多くの人たちが知らないであろう、あの頃、ビアハ
ウスで歌われていた古き良き時代の素敵な歌歌を併せて、我が記憶を紐解
きながら一人ひとりに登場していただこうと思います。

では、アサヒビアハウスとの出会いから、題して

2014年2月20日 「サン・トワ・マミー」
 
人は、それが苦しいことであれ楽しいことであれ、それぞれの人生に「と
っておき」の話を持っているものだ。わたしがここで取り上げていく話は
自分のをも含めて、「ねね、あのさぁ。」と、ちょっと人に披露してみた
いと思ってきた1975年からのビアハウスでの出来事である。
  
大阪梅田新道(通称梅新)の交差点の一角に同和火災ビルと言う古い建物
があった。今ではそのビルは建て替えられ、同和火災フェニックスタワー
と名を変えて見るからにモダンな姿に変貌したが、かつては重厚さと威厳
をもった大理石仕込みの古いビルであった。

そのビルの御堂筋側に面した小さな入り口をくぐり、階段を地下へ降りて
いく。すると、大きな重いガラスドアの向こう側に「梅新アサヒ・ビア・
ハウス」の世界があった。

アサヒビアハウス
1970年代、梅新アサヒ・ビアハウスの地下階段への入り口にて。バイ
ト出勤寸前。誰がこの写真を撮影してくれたのか覚えていない。入り口で
常連さんにでもひっつかまったかな?オフィスはここから歩いて7分ほど
の場所にあった。


わたしがそこに足を踏み入れたのはホンの偶然からだ。
当時勤務するオフィスは北新地にあり、わたしも若かったのと一人暮らし
だったのとで(ポチというネコを飼ってはいたがw)、会社が退けてから
毎晩のように誘いにのって上司や同僚たちと一緒に周辺の盛り場へ繰り出
していた。お代はというとか弱き若い女性が二人であるので(同じオフィ
スの気があった女性同僚。わたしたちは事務仕事の最良コンビと言われて
いた)殆どの場合、男性たちがもってくれたものだ。

アサヒビアハウス
雑然としたオフィスだが楽しい職場ではあった。


アサヒ・ビアハウスはそんなある夏の夜にわたしたちが何気なしに流れ込
んだ会場だったのである。
地下への階段を降りてドアを開け一歩足を踏み入れるや、ワイワイガヤガ
ヤと客たちの喧騒と熱気がドッと体にぶつかって来た。店内は一通り見渡
せるが少し薄暗い。初めてだったので、ホールの端にある分厚くて古い木
製のテーブルにオフィス仲間のわたしたち6、7人は遠慮がちに陣取り、
生ビールを飲みながらいつもの如く判で押したように会社の諸々の話で盛
り上がっていた。

やがてホール中央の壁よりにある小さなステージに二人の男女が上がった
と思うや、いきなり始まった音楽は随分と威勢がよい。アコーディオンと
リズムボックス、それにドイツ風の民族衣装をつけてハットをかぶった歌
姫が一人、まずはドイツ語で「乾杯」らしき音頭のイントロを始めに数曲
を歌った。
  
そうしているうちに、待てよ?と注意してみていると、歌い手に名前を呼
ばれては店内のあちこちの席から客が立ち上がり、ビア・ジョッキを片手
にステージに上がって歌いだすではないか!歌姫はといえば、3曲ほど歌
っただけだ。カラオケなどまだなかった時代、アコーディオンの「生オケ」
を伴奏に後半のステージは歌う客たちの独壇場であった。 

「おもしろい、これは愉快だ!」と、飲むほどに俄然気が大きくなり陽気
に騒ぐ我がオフィスの飲み仲間達。客も容易に歌えると思ったのか、
「おい、ゆうちゃん、おまえも歌え!」との彼らの言に、お酒が入ると調
子に乗ってしまうわたしは、仲間のリクエストに応えんがため、かくして
初めて人前でマイクをにぎったのである。

「歌謡曲、演歌はだめです!」と歌姫嬢。
「あの・・・この歌、弾けますか?」
  
♪ふたりの恋は おわったのね
 ゆるしてさえ くれないあなた
 さよならと 顔も見ないで 去っていった男の心
 楽しい夢のような あの頃を思い出せば
 サントワマミー 悲しくて 目の前が暗くなる
 サントワマミー
           
サルバトール・アダモの「サン・トワ・マミー」である。
わたしは人前で歌うことはなかったが、テレビを持たなかった当時、小さな
自分のアパートにいるときは、バカの一つ覚えのアルペジオでギターを伴
奏に、時間のたつのも忘れて歌いったものだ。毎月の給料でカキカキの生
活だったが、わたしにとって歌は聴くことも声をだして歌うこともお金のかか
らない大きな心の慰みだった。
  
歌い終わると客席から大きな拍手と歌のお礼にもらったジョッキ一杯の生
ビールを手に仲間のテーブルに戻ったわたしは少し上気した顔であった
ろう。規模が小さいとは言え、なにしろ生まれて初めてステージなる場に立
ち、聴く人を前にして歌ったのであるから。
   
「サン・トワ・マミー」はアサヒのアコーディオニスト、ヨシさんの伴奏でわたし
が歌った初めての歌であり、これがアサヒビアハウスとの出会いであった。

アサヒビアハウス

いつも笑顔のアコーディオンのヨシさん。

下記、アダモが日本語で歌っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
テーマ:音楽
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村