2014年7月20日 

この3週間、ブログも放ったらかしに、己の歳も忘れて日本から来ている妹たちと飲み、食い、遊びまわっております。そんな訳でこのところ、ずっと更新しないでましたが、間もなく再開いたします。

今日はその遊びのひとつ、先週訪れた海辺の岩の上に立つ小さな礼拝堂をご案内します。

数年前に夫を伴って探して行ったMiramar(ミラマール)の海岸、Praia do Senhor da Pedraの岩に立つ小さな礼拝堂「Capela do Senhor da Pedra=カペラ・ド・セニョール・ダ・ぺドラ」ですが、日没はさぞ美しかろう、是非撮影したいと思っていたものの、なかなか機会に恵まれずにきました。

妹たちをダシに、その日の日没時間、9時数分というので、いつもなら8時半、9時の夕食であるのを7時半に始め、夕日を背にして赤く染まる礼拝堂を撮らんと胸を膨らませ、いざ、車を走らせました。

車中から真っ赤な大きな夕日が西に傾き、どんどん沈んでいくのが見えます。
急げ急げと運転する夫を急かせ、夕焼けの中を走り海岸近くに着いたものの、はて?数年前に訪れた時と大分様子が変わっており、その辺一帯は果てしない海岸通で一体どのあたりであったか見当がつかぬ。それもそのはず、訪れた数年前とは2008年のことです。

ポルト、近隣の町と提携して、海岸通りに散歩道を造り始めたのはその頃で、ポルトからひとつながりになるように今では殆どの散歩道が海辺に沿って完成しているのです。よって海岸にはレストランやカフェも建ち始め、前に来たときは目の前に見ることが出来た礼拝堂が見当たらない!
そうこうしている内に日は海に接触し始めました。夫に、「あそこのお店で聞いたらいかがか?」と言うものの、頑固な夫、聞くものではござらんわ。(怒)

一方通行が多く迷ってグルグル同じところを車で回っているうちに、あーーー!太陽が海に沈んでしまい申した・・・ガビーン・・・車内はシ~~ン。つまりわたしのああしたら?こうしたら?がなくなったのであ~る。後座席の妹夫婦、我らのやりとりを見て「またやっとるわ」と苦笑しているのが想像でき申した。

やっと件の礼拝堂を見出したときは、陽が完全に海にお隠れになり・・・・それでも残照を受けた礼拝堂は美しく、カメラを向けようと車をおり、砂浜を歩いて行きましたら、その肌寒いこと!うひゃ~、さぶぅ!と言いもって撮影してきたのが、下の画像です。

senhor-da-pedra

海辺は湿気が多いゆえ、わたしのデジカメによる撮影はどうしても劣りますがご勘弁。

そして、東の空にふと目をやると、なんと!大きな大きな満月が煌々と光っておりました。
senhor-da-pedra

多忙で気づかなかったのですが、この日はスーパームーンお目見えの日だったのです。
今回のスーパームーンは通常の3割増しに見えたとのこと。

この夏中にもう一度、夕日を背にした礼拝堂を撮影に行かなければ!と思っているのであります。

下記ではセニョール・ダ・ぺドラの過去記事が読めます。
All-Seeing-Eye(全てを見通す目)がある海辺の礼拝堂

それでは、本日はこれにて!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
とても素敵な写真ですね。
スーパームーンがこんなに綺麗に撮れるなんてすごいです。こういう小さい礼拝堂は大好きなのでここに行ってみたいな~と思いました。それにしてもまだ肌寒いとは驚きです!
2014/07/22(Tue) 21:48 | URL | AiA | 【編集
AiAさん
こんにちは。コメントをありがとうございます。

持ってるデジカメも撮影の腕もイマイチなので、スーパームーンはこれがベストでした。

8月10日ころに再度見られるそうですよ^^

海岸沿いは日中は暑くても夜になるとかなり肌寒いようです。
夕日を背に受けた礼拝堂を撮影に、もう一度出かけてみたいと思っています。

できたらまたアップしますね。
2014/07/22(Tue) 22:51 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村