2014年9月14日 

リスボンから北へ80キロほどの所にある中世の城壁に囲まれた小さな町、オビドス(Obidos)へこの夏、日本から来ていた妹夫婦と三度行ってきました。

obidos
写真は遠方から見た小高い丘に、城壁に囲まれたオビドスの旧市街です。

夏の訪問は今回が初めてです。真っ青な空の下、白い家々に赤いブーゲンビリアの花が映えて、オビドスはポルトガルでもとりわけ美しい町です。

obidos
オビドス旧市街への入り口。ここをくぐると中世の町にタイプスリップ。

少しこの町の歴史に触れてみましょう。
13席後半、ディニス王はその美しさに心を奪われたイザベル王妃に、結婚の贈り物としてプレゼントしたのがオビドスでした。以来オビドスは「ウエディング・プレゼント・タウン」と呼ばれ
1883年までポルトガル歴代王妃が所有権を受け継いで来ました。

obidos
美しいオビドス城は現在はポザーダ(Pousada)と呼ばれる高級歴史宿泊施設になっています。

obidos

人口800人ほどの旧市街オビドスは見るだけなら、ゆっくり歩いても40分ほどでしょうか。

obidos9-2014.jpg

obidos

obidos
この可愛い家は、ゲストハウス「カーザ・サンティアーゴ・ド・カステロ」(Casa Sao Tiago do Castelo)です。

obidos


どこもかしこも花盛り。白壁に映えた美しさに目を奪われてしまいます。

明日は、わたしのお気に入りのお店を紹介します。

ではみなさま、また明日。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村