2014年9月28日 

2年前に我らがモイケル娘と我ら夫婦3人で訪れたリスボン、見たかった肝心のカルモ修道院が休日で見学不可だったのにひどくがっかりしました。雑誌記事の取材も兼ねて~などと目論んでおりまして^^; この時の旅行計画は全て夫に任せきりで出かけたのですが、やはり行きたいところは自分が事前に調べるべし、と肝に銘じたのでした。

前回は街の中心地であるロシオ広場のある大通りから小高い丘に建つカルモ修道院が見えるので歩いて行ったものの、方向音痴の夫に黙ってついて行ったはいいが、案の定、迷いに迷い。それでも始めは、ま、道草を食ったと思えばいい、意外な発見もあるわいなと思っていたものの、さすが終いにはくたびれてきて、ついついその不満が顔にも出ようというもの(笑)やっと見つけたと思ったら休日でしょ?む~~っとなりましたっけ。

そんなことがありましたから、今回はロシオ広場から少し歩いたところにあるサンタ・ジュスタ・エレベーターに乗って行きました。このエレベーターで上ったところからすぐカルモ修道院へ続く通路があるのです。サンタ・ジュスタ・エレベーターについては2012年に記事にしてありますので、最後に案内いたします。

igreja_carmo
サンタ・ジュスタ・エレベーター

7月はツーリストシーズンです、切符売り場では人の列ができてしばらく待たなければなりませんでした。リフトも満員だったため、内部の撮影ができなかったのが残念。エレベーター横のある狭い螺旋階段を上って展望台へ。

igreja_carmo
旧市街の赤レンガの屋根屋根の彼方にはテージュ川が望まれます。

igreja_carmo

エレベーターからカルモ修道院へと続く通路から見えるカルモ教会↑と教会入り口↓

igreja_carmo

上の画像は2012年撮影です。ここで入場券を買います。ポルトガルは65歳以上は電車もそうですが、ツーリストスポットの入場券も割引になります。わたしの2歳下の妹を除いて今回の我ら3人はそれにあやかり^^;利用しましたが、義弟とわたしはどこへ行っても「65だなんてウソでしょ。」と、しつこく身分証明を迫られましたが、このカルモ教会では先立って「身分証明書を見せましょうか?」と言うと、「いいよいいよ。日本人はみんな若く見えるんだ。」との返答(笑) それほどここを訪れる日本人ツーリストが多いと言うことです。

igreja_carmo

カルモ修道院の一部、教会はすっぽり天井が抜けて真っ青な空が見えました。  
1755年11月1日のリスボン大地震はマグネチュード8.5から9度、リスボン南のサン・ヴィセント岬の西南西200キロの大西洋海底が震源と推定されています。この時の死者は津波も合わせて10000とも90000とも言われていますが、多くの宮殿を含む建物の85パーセントは破壊されリスボンは壊滅しました。後にリスボンは大々的に新都市計画が始まるのですが、カルモ教会は大地震の記憶を後の世に伝えようとそのまま残されたのです。

igreja_carmo

現在、屋根のない部分には古い展示物が置かれている。

igreja_carmo
上部の山の形と三つの八ぼう星はカルモ修道院会のシンボル。(星はペンタゴン、六ぼう星の場合もある)

D.Francisco de Faria (ドン・フランシスコ・デ・ファリア)16世紀の墓石とあるマヌエル建築様式。
igreja_carmo

D.Francisco de Fariaとは何者かと調べているものの、ヒットせず。16世紀というのとこの像の衣服からして恐らくキリスト教騎士団かと推測するも不明。気になるのは足元に伏せられている像です。

igreja_carmo

髪型からして修道院僧と思われる像が二つの馬蹄のようなものを手に持っているのは何を意味するのか?騎士団、16世紀、僧侶との対立、と色々調べてみたものの、今のところD.Francisco de Fariaの名前自体が二日かけたものの見つかりません。

突き当たり正面はかつての教会のアプス(教会内部のつきあたり、半円形に窪んだ一番奥の部分)でしたが、現在は博物館になっています。

igreja_carmo

入って正面に見えるのはフェルナンド王(14世紀)の墓石。

igreja_carmo

下はポルトガルの歴史教科書で必ず見られる、ポルトガルのレコンキスタ(国土奪回)初代王、ドン・アフォンソ・エンリケスの胸像。(12世紀)

igreja_carmo

igreja_carmo
ふむ。これはメリュジヌと呼ばれるフランスはポアチエ地方の町リュジニャンに伝わる半身半漁、もしくは反蛇の二つの尾を持った伝説の異端の美しい女性のことです。スターバックスのロゴにも使われていますし、メリュジーヌの子孫と言われるギー・ド・リュジニャンは後の世で十字軍騎士となり、イスラム教徒から奪回したキリスト教エルサレム国王になるのですが・・・

こんなところでメリュジーヌにお目にかかるとは。カトリックの国だったとは言え、異端のシンボルをたくさん目にするポルトガルの歴史は本当に面白い。

igreja_carmo
真ん中にテンプル騎士団、もしくは十字軍のシンボルマークと八芒星が見られる石。

↓最後はコンスタンサ王妃の墓石。

igreja_carmo

16歳でポルトガルのペドロ王子に嫁ぎ25歳で生涯を終えました。ポルトガルの歴史では、ペドロ王子(後のペドロ1世王)とこのコンスタンス姫、そして姫の侍女イネスとの三角関係はよく知られています。下記で案内していますので是非、読んでいただきたいです^^

今日は関連するリンクのオンパレードですが、読んでいただけたら嬉しいです。

悲恋の王妃と王」(1)お勧め!
悲恋の王妃と王」(2) お勧め!          
アルコバッサ・ペドロとイネスの石棺お勧め! 
1755年・リスボンの大地震
サン・ヴィセント最西南端」 
リスボン、サンタジュスタ・エレベーター
スターバックスのロゴ お勧め!

それではみなさま、本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村