2014年10月1日 

同僚のOちゃんと二人で土曜日日本語塾を始めてかれこれ5年ほどになる。ポルトガルの経済不況を考慮して二人で話し合いなんだか年々授業料が安くなっているわたしたちの土曜塾である。

毎年二人ができる時間に合わせて新コースを開設してきたが、この秋は新しい日本語クラスを作る必要に迫られた。Oちゃんのクラスとわたしのクラスの進行度がほぼ同じだったので、二つを合併させ、2週間前に新しいクラスをスタートさせた。

YYjuku
一クラスの人数が増えて机も椅子も買い足した。

グループ授業の難しいところは、入ってきた生徒に続けてもらえるかどうかだ。進行具合が速過ぎても遅すぎてもいけない。分かっていそうにないと思われる箇所をカリキュラムがあるからと言って、ドンドン進める事は、いずれ生徒が理解できなくなるので、わたしたちは極力避ける。分からない?しからば生徒たちと話し合い、了解を得て重点的に分からない部分を繰り返す、という手段をとるようにしている。

8月中旬から、ウエイティングリストの名簿に沿って案内のチラシをメールで送り、質問に回答し登録にこぎつく。この間の手配はわたしが窓口になっているので、一ヶ月ほどはその対応に追われて外出もほとんどなく、パソコンに向かっている時間が多かった。

メル友のI氏からはブログ更新に励んでいるね、元気そうでなにより、との言葉をもらったのだが、種を明かせば、外出できない分、準備の合間を見ては気分転換にブログ更新にいそしんでいたのでありました。
さて、新コースも始まったところで一件落着、昨日は自宅の個人授業がキャンセルになり、それ!と車で出かけてきたのが、Quinta da Lameira(ラメイラの森)ことロック公園(Parque de Roque)。

Parque_roque
散歩している人も少なく、公園は静寂。前を散歩しているのは白猫ちゃん。
 
Parque_roque

撮影目的のラビリンスの中に入ってみたところ、くもの巣を見つけました。
Parque_roque

ということは、この中に入る人があまりいなかった?何度か行き止まりにぶつかりながら、行ったり来たり。無事に出た後は、以前来た時と比べ、どうなっているかと森の中にあるCasa da Lameira(カーザ・ダ・ラメイラ=ラメイラ邸。Lameira=湿気の多い牧草地)に足を向けました。

Parque_roque
これはサンルームだったのか?以前来た時、邸は市の事務所の一部として使われていたのですが、閉鎖されていたのに失望。

Parque_roque
邸の正面

Parque_roque
石畳は白い花びらに敷き詰められて。

Parque_roque

鉄材の曲線が美しい。

Parque_roque 

Parque_roque
    
Parque_roque
意味ありげなドアノブ
 
Parque_roque

見事に紅葉したツタ。葉っぱを取って押し葉にしたい心を抑えました^^;

Parque_roque

忙しくしているうちに、秋が来ていました。

本日はこれにて。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
good job!
仕事って、幾つになっても大変ですね。最近では、信頼関係も薄れて(一方的に)がっくり!時代が変わったのかなと・・・!?と、思う秋の夕暮れをジョギングしてます。
2014/10/03(Fri) 21:00 | URL | このところガックリちゅう! | 【編集
同感。世の中、確実に変わったと、認識します。新自由主義がこれってことかしらね?でも、なんとかそれを見つけてがんばりましょ、わたしたちは!
2014/10/06(Mon) 05:01 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村