2015年2月22日 

昨日はいつもの通り、ラパ教会(Igreja da Lapa)の通りに車をとめ、目の前の細い道を入った。毎週土曜日は、10時から1時までの3時間を、Oちゃん宅の一階である我らのYY塾で2クラスの授業をする。グループ授業の面白さに目覚めた近頃のわたしだ。


授業が終わり、「センセ、マッタ、ライシュ(先生、また来週)」と生徒たちの挨拶を受け、塾を後に車を止めていた場所に戻ると、げ!・・・・なんとまぁ、わたしの車と前の車の車間が20センチほどしかないではないか!スペースが十分あるっちゅうに、なんちゅう止め方をしてくれるの!

いえね、苦手な縦列駐車もやっと近頃できるようになり、平坦な道ならもう焦らないで車を出せるのだが、ここ、坂道なんよ・・・(汗) わたしのことゆえ、なにかの拍子に、ポコンと前車にあてないとも限らない。それを考え始めると心臓がドキ、ドキ、ドキ・・・・

とにかく一回やってみよう、と不安な面持ちでエンジンかけバックしようとしたら、逆に前にズと進んでしまい、大いに慌てた。車を出てみると、更に縮まった車間距離!あちゃ~、だめだ、こりゃ。授業が終わる少し前に外出したOちゃんのご主人、帰ってこないかなぁ、お願いするんだが、と思い、10分ほど様子をみてみたが、兆しなし。仕方がない、夫を呼び出す最後の切り札だぃ。

ケータイから連絡すると、わたしのドジさ加減をよく知っている夫、もうこんなので保険を使うのはカナワナイとて、すかさず、「直ぐ行くからそのままにせよ」とのお達し。へえ~い。

さて、30分くらいは待つことになろう。目の前にはカフェがあるが、昼食前なのでコーヒーと言うわけにも行くまい。車内で待つのは嫌いな性分。そだ。以前から気になっていたものの、なかなか歩くことができないできた。この辺り、確か「Monte da Lapa(ラパの山)」の話を小耳に挟んだことがある。

そこで、この機会に歩いてみた。

monte_Lapa

ラパ教会があるRua de Antelo Quental(アンテロ・ケンタル通り)には、写真の小さなカペラ(礼拝堂)があり、車で通るたびに気になりながら横目でみてきた。カペラは「Capela do senhor do soccoro」が正式名だが、一般に「Capela do Olho Vivo」と呼ばれている。

ポルトの歴史家Germano Silvaによると、この通りは昔、北部ブラガへ通じる道になり、泥棒が横行したので、ここを通るときは「よく気をつけて(=Olho vivo)」と言われていたためにこの名前が定着したとのこと。

monte_Lapa
カペラの側の坂道を上ると、狭い石畳の道が入り込んでいる。この辺りはIlha(イーリャ)と呼ばれる区域で、Ilhaはポルトガル語で「島」の意味だが、ここでは、日本語で言えば「長屋」となろうか、古くからの集合住宅地区である。

monte_Lapa

迷路のような細い小道を上へと歩いていくと、小高い丘に出た。
 
これが言うところのMonte da Lapa。
monte_Lapa

上に見える丸い建物は粉引き小屋だ。
monte_Lapa
 
狭い足場だが、ここからはポルトの町、その向こうの町も一望できるのは発見だった。

monte_Lapa

1829年から34年まで 、ポルトガルは絶対王政主義者のドン・ミゲルと自由主義者のドン・ペドロ4世(ブラジル皇帝ドン・ペドロ1世と同人物。二人は兄弟)との間に起こった王位争いでポルトガルは内戦に陥る。北部ポルトが一時期、圧倒的多数のドン・ミゲル軍に包囲され、自由主義陣営は1年にわたる篭城を強いられたが、これを「Cerco do Porto(ポルトの包囲)」と呼ぶ。

このとき、ブラジル皇帝ドン・ペドロ1世の位を息子に譲り、ポルトガルに入ったドン・ペドロは、このMonte da Lapaにある粉引き小屋に登り、街を眺めては作戦を練ったと言われる。今回調べて分かったことだ。

実は、高校を定年退職して10年ほどになるポルトガル語のディアス先生と、毎水曜日、ポルトの歴史を勉強しているのだが、先週、この「ポルトの包囲」が少し出てきたところだったので、奇遇な発見ではあった。時にわたしの方が、あそこにあれがあって、あの通りがあれで、などと知っていることもあったりするのだが、よし!来週はディアス先生にこのことを話してみよう、と密かにMonte do Lapaの発見を喜んでいるのである。

で、車はどうした?はい、半時間後に夫はこともなくスーとバックして。いやはや面目ない。

ポルトガルの内戦については下記で書いていますので、興味あらばどぞ。

メモリア海岸のオベリスク

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
車には、良い思いでないなぁ!
「センセ、マッタ、ライシュ(先生、また来週)」。
姐様と同じで、早やとちりの私。一瞬、ポルトガル語が日本語に近いんだなと!?生き恥をさらしました。FBでも車での違反の顛末を書きましたが、もっと悪辣なな交通違反を取り締まれよ!というのが本音です。免許証の格が、ゴールドからブルーに。その結果、免許証の更新時の講習時間が長く、保険も高くなり、踏んだり蹴ったり。警察にもノルマがあるって、どうも納得いきませんね。
2015/02/24(Tue) 10:24 | URL | お仕事待機ちゅう! | 【編集
ちゅうさん
うふふ。どこか共通点があるようで嬉しい^^
ちゅうさんの言わんとすること、分かります。
わたしも何度もそう思うことがありますから。警察のノルマはこちらでもありますのよん。
ったく、腹の立つ。普段から駐車違反等をしっかりとりしまってよね!と思うことしきり。特にうちの前にはカフェが3軒もあるので、週末は違法駐車そのものですが、来ないのよね、こういうところにはv-293
取り締まるなら取り締まるでしっかりやれぃ!ですね。
2015/02/24(Tue) 22:29 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村