2015年3月18日 

セルベジャリーア・トゥリンダーデ入り口をくぐるといきなり右手にこのアズレージュです。

Cervejaria Trindade

折れた柱を持つ、もしくは柱を支える女性は、古典タロットカードの一枚に見られる絵で、「力(Power)」を表します。通常のタロットカードでは「力」ライオンを連れた女性として描かれます。タロットカードは、輪廻、再生、霊的復活、変容といった異端のテーマに触れており、ローマ・カトリック教会の教義に反する精神性を説くと言われます。(註:異端とは、ローマ・カトリック教会の教義に反する思想を言う) 異端者だと分かると大変なことですから、異端思想の秘儀参入者はこうしてタロットカードを携帯用の教材として使用しました。

上の絵タイルに続くのは太陽を背景として、ピラミッド三角に「All-Seeing Eye」、すべてを見通す目、フリーメーソンのシンボルです。
Cervejaria Trindade

下も同様に。
Cervejaria Trindade

メインホールを見てみましょう。

trindade1-1.jpg
船底型の天井とテーブル、椅子の並べ方は、トマールのテンプル騎士団修道院の食堂を思わせます。
左側に並ぶアズレージュ絵です。

Azulejo

錬金術の四大元素、土(Terra)、水( Água)、風(Vento)、火( Fogo)が描かれ、
azulejo

シンボルのライオンも
trindade_lion2.jpg

右側の壁には同じく錬金術にて自然の要素を表すOutuno(秋)、 Estio(夏)、Primavera(春)の季節の絵が見られる。元は四季の絵だったのが2度の火災で冬の場面は失われた。
Cervejaria Trindade

部屋の正面左の壁には「産業の女神」が左手に携えるのは「すべてを見通す目」と翼の付いた杖です。
azulejo

そして、同じく正面壁右には、翼のある帽子と靴を身に着け手には2匹蛇が巻きつく伝令杖、カドゥケウスを持つのは、疑うことなく錬金術師の守護神ヘルメスです。
azulejo

これだけのシンボルを描いた青タイル絵こと、アズレージュを備えているセルヴェジャリーア・トゥリンダーデは紛れもなくフリーメーソンのものだったと言えます。そこで、創立者であるマヌエル・ガルシアを調べてみましたら、ついに「フリーメーソンメンバーであった」との一文に行き着きました。

170年の歴史を有するビアレストラン「セルヴェジャリーア・トゥリンダーデ」のゲストブックに見られる名前も、マリオ・ソアーレス元大統領、元政治家で現在は大学教授及び評論家として知られるマルセロ・デ・ソウザ、ジョルジュ・サンパイウ元大統領と、そうそうたるものです。

ビール工場からビアレストランとして営業を始めたのは1930年代です。1986年にはリスボン市の文化遺産指定を受けて、現在に至っています。セルヴェジャリーア・トゥリンダーデで飲めるのはサグレスとハイネケンのみ。現在はハイネケンの傘下にあるゆえんです。

azulejo

azulejo
昼食にわたしたちが乾杯したハイネケンビールと、おつまみ類。
 
trindade10.jpg
黒い大理石のテーブルと古い椅子も趣がある。

最後に、奥の部屋に見られる大きなタイル絵は13世紀にトゥリンダーデ修道院を創立した3人の修道士にちなんでいます。
azulejo3.jpg
画像がよくないのはご勘弁。
ワインもビールも、果ては美味しいデザート類までも、美味いものは元はと言えば多くが修道院から始まっていますね。^

セルヴェジャリーア・トゥリンダーデの所在地:Rua Nova da Trindade, 20 Lisboa.
年中無休。思ったより安く、開店時間も午前10時からとポルトガルにしては随分早い。お勧めです。

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
フリーメーソン
お邪魔します。自称ジョアキンと申します。日本在住です。日頃ブログを拝見し、spacesis様の美しい日本語に癒やされております。
たまたまですが先日、カトリックで使う聖体顕示台(Ostensório)の画像を、ネットであれこれ見ておりました。別に宗教心からではなく、単にきれいなので見ていただけなのですが。しかし、聖体顕示台とフリーメーソンのシンボルって似てますね。聖体顕示台は中心の所にレンズのようなものが嵌めてあることが多いようですが、フリーメーソンではそこがピラミッドと目玉になっているのですね。まあ、光を放射する太陽をデザイン化すると同じようなものになるのも、ある意味で必然かもしれませんけれど。それと、直接関係はないのですが、昔はやったソウル(ファンク)のバンド Earth Wind & Fire のアルバム・ジャケットの神秘主義的なデザインを連想し、懐かしい思いも致しました。それにつけても Cervejaria Trindade ってすごいですね。行ってみたいです。

2015/03/23(Mon) 01:26 | URL | Joaquim | 【編集
ジョアキンさん
初めまして、ジョアキンさん。HNを見て咄嗟に日本語を自由に駆使するポルトガルかブラジルの人かと思いましたよ^^

わたしもキリスト教の信者ではありませんが、古代のシンボルに興味があり、こうして機会を得ては見て廻っています。

言論が自由な現代と違って宗教が支配した時代に、大胆にも思想を寺院に彫り残したメッセージはなんなのか、との謎解きに興味をもっています。

記述のEarth Wind & Fire、わたしは初耳ですが、ジャケットカドゥケウスとまさにシンボルだらけで面白そうですね。時間を見て歌の内容も知りたいものです。

当方、拙ブログではありますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2015/03/23(Mon) 08:26 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村