2015年3月22日 

ずいぶん以前のことではある。

所沢の妹からのメール内容に思わず懐かしくなり、すっかり「股旅気分」(笑)

 「股旅CD」手にいれた。覚えてる?
 
♪「春は世に出る草木もあるに アホウ烏の
   泣き別れ~」


大川橋蔵主演映画「旅笠道中」で、三波春夫が歌っていたものだ。そして、歌詞の1番から3番までそらんじておる自分^^ 妹によると二人で観にいった映画だ、とありまする^^いったいいつ頃のことであろうか。

そう思い、調べて見ると、なんとわたしは10歳、妹は8歳ではないか。
わたしは近頃、我が妹の記憶力の良さに、舌を巻くのである。二つ年上のわたしがちっとも覚えていないことまで彼女はしっかり記憶していることが多い。おそろしや、逃げも隠れもできません(笑)

誤って弟分の源次郎を手にかけてしまった草間の半次郎。伊那でその源次郎を待つ盲目の母親(浪花千枝子)に、妹に頼まれて息子を装う。盲目と言えど母親は、やがてそれが息子でないことに気づくのだが・・・

懐かしくてその歌が聞きたくなり、Youtubeで検索すると、出てくるのは同じ「旅笠道中」でもショウジ・タロウや氷川きよしの「夜が冷たい 心がさむい~」ばかり。わたしは俄然、三波春夫の「旅笠」が好きである。

若い頃から、あちらこちらと落ち着きなく彷徨して、母にはずいぶん心配をかけたわたしだ。
3番目の最後の箇所、「伊那の伊那節 聞きたいときは 捨てておいでよ三度笠」の辺りに来ると、なぜかジンとくる。ポ国に嫁いでくるときに、亡き我が母が言った、「どうしてもダメだったら、わたしの目が黒いうちに帰ってくるんだよ」の言葉と重なってしまうのだ。
                             
思い出のオルゴール」でも書いたが、我らが母はハイカラで洋画好きでした。同時に時代劇をも好み、わたしと妹はかなりたくさんの東映任侠映画を見せられた。特にわたしの記憶に残っているのは、長谷川一夫の「雪の渡り鳥」である。
                                           
♪「かっぱからげて三度笠 どこをねぐらの渡り鳥
愚痴じゃなけれどこの俺にゃ 帰る瀬もない伊豆の下田の灯が恋し」

                                                   
yukino-watarodori.jpg
-wikiより-

伊豆の下田の渡世人、鯉名の銀平の秘めたる恋を絡めた、ご存知股旅映画。雪の降りしきる中、合羽絡げて三度笠をかぶり、スックと立つカッコよさに、子供のわたしは至極憧れたものである。「鯉名の銀平」と名がすぐ出て来るのは、検索したからではない(笑)

この主題歌は3番まであり、それをわたしは全部そらんじてるのである^^
      
♪「払いのけても降りかかる なにを恨みの雪しぐれ
俺も鯉名の銀平さ 抜くか長ドス 抜けば白刃の血の吹雪」


と、歌詞に名前が出てくるから覚えているのである。

ちなみに「かっぱ」の語源はポルトガル語の「capa」。大学生が今でも着る。16世紀にキリスト教布教に訪日した宣教師たちが羽織っていたもので、南蛮蓑とも呼ばれ、元は高価な布を用いて織田信長、秀吉を始め、上級武士の間で広まり、後に裕福な町人にひろまったようだ。それがいつの間にか渡世人のトレードマークになるとは^^;

capabatina.jpg

ふと思った。
昨今の新しいJ-ポップ(Japan pop music)、色々とある。中にはなかなかいい歌詞もあるにはある。しかし、これから30年40年経ち、今のティーンズたちがわたしの歳になったころ、彼らにとってどんなものになるだろうか。
                                                                           もう40年以上も昔に覚えたこれらの歌詞は、日本古来の七五調であり、そらんじ易い。藤村も啄木も土井晩翠も、堀口大学の訳詩集「月下の一群」も、それらの作品はなべて、この七五調である。若い時にそらんじたこれら七五調の歌や詩が、時折ふと顔を出して子供の頃や母との思い出にわたしを誘う。過ぎし日に思いを馳せながらつくづく思うのだ。人生って初めから今に至るまで、何から何まで繋がってるんやなぁと。

それでは今日はみなさま、この辺で。
西も東も風まかせ。失礼さんでござんす(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
肩で風きる姐様!
「西も東も風まかせ。失礼さんでござんす」
裕ちゃん、圭一郎、旭の映画を見れば、映画館を出るときには、肩で風きるヒーローに成りきったものですね。
姐さんは、渡世人に?
もっと幼少の頃は、東映時代劇のヒーローが私の憧れだったな。特に、大友龍太郎主演の時代劇にはまってました。
姐様、もうすぐの逢瀬を楽しみにしてまっせ!
2015/03/24(Tue) 10:00 | URL | 名古屋遠征後、まったりちゅう! | 【編集
ちゅうさん
関東にお帰りでござんすか!

なぁんてね、道中音頭がこのところ、頭をはなれませんですw
大友柳太郎は、わたしも好きでしたよ。後年「北の国から」で、富良野に住む老人役の柳太郎は、とても好きでした。懐かしいですね。
帰国もあと一ヶ月を切りましたが、今週末は例年の日本語教室NHK(Nihongowo Hanasu Kai)で、ぶったおれそうです。今年は40人を越えるかも~。
後日、ブログにてご報告を。
ちゅうさんとこも、お楽しみがまもなくですね!
2015/03/24(Tue) 17:41 | URL | spacesis | 【編集
お控えなすっておくんなさい
初めまして、東京でチンドン屋を生業としているケチな男でござんす。

仕事柄、懐メロはたくさん覚えましたが、道中ものは好きなジャンルで、中でもこの“三波春夫の”旅笠道中が一番好きです。歌詞もメロディも演奏も前奏間奏にいたるまで(笑)
しかし、元々は故人となった自分の親方から教わったこの曲も、今や業界では吹いているのはどうやら自分ひとりのよう。マイナー曲なので仕方ないかもしれませんが、サミシイ限りです。

そんな折、この歌詞を検索中に貴女のページに出会い、まさか国外から同志の声を聴くとは!と感動して勢いで書いております(笑)ネット時代にこんなに感謝したこと初めてです!

いつか葡国でチンドンをやる機会があれば、必ず貴女の前でこの曲をイベリヤの空に響かせたいです。

では、いつかお会いして道中もの談義に花を咲かせる日を楽しみに。。お元気で、さようなら
2015/07/31(Fri) 00:20 | URL | あづまや 足立 | 【編集
あづまや 足立さん
「お控えなすって」で、おいでなさいましたか(笑)歓迎でござんす。こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

三波春夫さんのこの歌、ネットでなかなかひっかからなかったのは意外でした。マイナー曲だったのですね。

わたしが子供の頃の昭和30年代は、股旅ものの全盛期で、子供のわたしよりも大人が喜んで歌っていました^^

チンドン屋さんそのものがほとんど見かけられなくなった昨今、この歌を今も吹いておられるとのこと、大変貴重なことだと思います。

チンドン屋さんと言えば、すぐ浮かんでくるのが、わたしは「美しき天然」です。

空にさえずる鳥の声 峰よりおつる 滝の音 大波小波とうとうと
響き 絶えせぬ 海の音

どこか物悲しいこの歌は、弘前の観桜会のサーカスとともに幼い頃を思い出させます。

ところで、実はポルトで「チンドン屋さん」にお目にかかったことがあるのですよ!こちらでちょっと書いてあります。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-996.html

こちらは写真のみですが。
http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-998.html

このようなイベントで、いつかお目にかかれたらいいですね。

コメントの内容から、同年輩くらいの方かと思ったら、あづまやさん、若いのにびっくり!(ホムペを拝見しましたw)

BGMバンドもなさるとのこと!
一つの舞台で、チンドン屋さんからガラリと変わってバンドに変幻!なんて奇抜なアイディア、すごく面白いと思うのですが、いかが?^^

あづまやさんの今後のご発展を心から祈っております。




2015/07/31(Fri) 02:48 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村