2006年8月22日
サン・ドミンゴの教会
 ★ポルトガル・アレンテージュ地方の小さな村の教会

皆が休暇中ゆえ、こちらもだらけて食事時間がついつい、昼食は2時半、夕食ならず
晩御飯は9時過ぎとなってしまう。
晩御飯は亭主の帰りを待っているので、普段もそんな時間なのだが、昨夜はそれを
越して10時になってしまった。

「天使と悪魔」が終わったところで、引き続き「国家の決断」なるクライン孝子氏の
本を読み始め、台所に立つのがいつもより更に少し遅くなったのだが、準備をして
いると、もいける娘がピアノを弾き始めた。ベートーベンだ。
彼女が家にいた時は、よくそのピアノを聴きながら本を読んだり食事の用意を
したりしたものだ。

そのうち、曲がクラシックからポピュラーソングに移った。
メドレーで次から次へと曲が流れる。わたしが好きな歌は、たいてい彼女は知っている。
音楽に関しては、結構娘と話ができるのである。
「お、これ、いつの間に覚えたの?^^。ちょっと待ってくれ~。歌わして歌わして!」
と、料理を途中で放り出してエプロンかけたままピアノの側へ(笑) 

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
ー続きはここからー

曲は「マイ・ウェイ」・・・
      
     今、わたしの人生は終幕に入ろうとしている。
     ファイナル・カーテンが間もなく下りるだろう。
     しかし友よ、これだけははっきり言える。
     波乱に満ちた道のりだったけれども
     わたしは一生懸命生きてきた、信ずるままに。  

     後悔したことも少しはある。
     けれどできる限りのことをやって来た。
     自分の夢に向かって一歩ずつ、
     それ以上に、マイ・ウエイ、自分の信ずるままにやってきた。


若い時には好きでもなかなか歌えない歌だ。
ここには一人の人間が終局において人生を振り返り、
「わたしは決して後悔していない。」と自分に言っているのである。

声を出さなくなった近頃、少ししゃがれてなんだか自分の思うように発声できないが、
ハミング調子で歌ってみた。
本調子でやると、声のデカイわたしは、アパート中に響いてしまう^^;
あの歌この歌もと続き、ポルトガルの歌手Rui Velosoの曲になると亭主も
首を突っ込んできた。

この2年間、日本語教室の忙しいので歌を歌うのを忘れていたような気がする。
音楽はいい。

ということで、夕べの晩御飯は、とうとう10時過ぎになったのである(笑)

★ランキングクリックお願いします^^


コメント
家族の雰囲気が伝わってきますね。
そのうちにピアノから、ど演歌が流れてきたら、どうなるかなー。
2006/08/22(Tue) 20:49 | URL | shima | 【編集
いい・・
いいですよ~~~~
団欒ですよ\(~o~)/
目に浮かびます。
うちもそんな日が来るのかなぁ
歌が好きなわが子、車中でよく一緒に歌うこと多し。

将来、機会があって、一緒に歌うのは、何だろうか(^^♪
2006/08/22(Tue) 23:59 | URL | マー | 【編集
>shimaさん

お久しぶりです!

もいける娘が知っている演歌は
「やだねったら、やだね」くらいかしら(笑)

あ、まだあります、「人生色々~、男も色々~」ってのも。
これはCMで覚えたようで^^;

ピアノから演歌ね^^
一緒にノッてしまいそうですね、それも(笑)
2006/08/23(Wed) 00:12 | URL | spacesis | 【編集
>マーさん

これが息子のギターだと団欒にならんのよぉ~(爆)

横浜に住んでいた亡くなった叔母が、たまに一人で
カラオケへ行ってストレス発散してくるのだ、と
聞いたことがありますが、彼女の気持ち、分かります。

誰に聞いてもらう必要もない、大声はりあげる
こと自体が喜びなのですね^^
そういう場所があるのは今にしてみれば羨ましい。

アキ君同様、わたしも運転しながら窓閉めて
カーステレオに合わせて大声で歌うことよくありますよ。

「歌はわが人生」なんてプロじみたことは言いませんが、
「歌はわが心」くらいはちょっと言ってみたいな^^



2006/08/23(Wed) 00:23 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村