2015年6月29日  

アリゾナ大学キャンパス内にあるカフェで、ひとり次の授業までの時間をつぶしていた時である。
およよ?と思ったら、あっと言う間に数人の若い日本人男子学生たちに囲まれてしまった。手紙を書いていた手を止め、何事かとキョトンとした顔で彼らを見上げるわたしに、ボスと思し召しき若造が(笑)、

「アンタさ、生意気じゃない?」
「日本人と交わらないって言うじゃん」と、おいでなすった。

わっはっはっは。おふざけじゃござんせん。

ツーソンに着いて大学に通い始めたころ耳にしたのが、「前期コースの日本人留学生が全員、ミセス・ネス(ESL校長)に呼ばれてしこたま大目玉を食った。週末のみならず週日までディスコやパブで遊びまくって成績劣悪。コースの修了書出さん。」と、いう噂である。

1979年のことですから、日本はまだバブル経済に突入してない。そういう時期のこと。親のスネをかじった分際で、遊ぶのはまぁ人の金だからいいとして、勉強しないで何のための留学よ!と人事ながらわたしは心苦く思っていたのである。

見た感じがちょっとだけ若く見えると思って(笑)徒党を組んでちょいとヤキでも入れてやったらビビるとでも思ったんでしょうが、そうは問屋がおろさない。

このボスとはリスニングクラスで同じになり、メキシコ人の少々お高くとまった女子学生と言い合って、男が女に吐くべからざる「Fで始まる4文字」を公衆の面前で言い放った子です。自己主張を履き違えるとこんな風になる^^;あぁ、恥ずかしいw

オフィスの仕事が終わったあと、何年もかけてビアハウスの歌姫バイトで貯めたわたしの留学資金、彼らと行動を同じくしてとても遊んでなんかいられまへん・・・「危うし」エピソードでも書いたように、このころわたしは読解力クラスと作文クラスで必死こいていたのでありますもん。

で、実はシェアハウス内でもちょっとしたトラブルが、芽を吹き出しはじめていたのでした^^;アメリカでは「T.G.I.F.」(Thank God.It`s Fridayの頭文字をとったもので、ああ神様、金曜日だぜぇの意味)と言って、金曜日の夜は誰でもたいていどこかのパーティーにでかける。一人で行くのは少なく、たいがい誰かパートナーを連れて行く。パートナーは別に恋人でなくていいのだ。そこで独り者のロブはしきりにわたしを誘う。「金曜日の夜くらい息抜きしなよ」

最初のころは、時々お付き合いしたものの、週末も宿題等の勉強に追われ、ロブの誘いもほとんどお断りです^^;「アホか~~」と言われながら、この頃はどんな誘いも断っていました。今考えると、ちょっと意固地になっていたところもなきにしもあらず。

結果としては、ロブともギクシャクしていたのでありました^^;そこで考えた。ちょっと考えた。(よく考えるのだw)
うん。自分の部屋には机ちゅうもんがないし、それでいつも夜遅くまで大学の図書館での勉強を強いられる。これはこれで好きなのだけど、夜のキャンパスは危険なので女は一人で歩くなとお達しが出ていたし、故に図書館で勉強するときは、ボディーガードも兼ねて必ず誰か男子学生を誘わないといけない。これもちょっとめんどくさくなっていたのでした。 よし、引越ししよう!spacesis、927番地を出ることになったのであります。

さっきの徒党を組んだ若造たちとの結論、忘れてましたw こちらはとっくにトウが立ってる遅まき留学生(笑)、理論整然です。わたしの言に返す言葉もなく、それでも空威張りで、彼らは肩で風だけはしっかり切ってさったのでした。(爆)

本日もお付き合いくださり、ありがとうございます。よろしかったらランキングクリックをお願いいたします。
では、また明日!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
アリゾナ大学の滞在日誌?読破^_^
たぶん、同い年ぐらいの方ですね。アリゾナ大学滞在日誌痛快に拝読!面白い^_^私も若い頃、米国へ^_^太平洋大学でギリシャ船マルガリータ号でハワイ経由ロスへ。講師は濱口庫之助、草柳大蔵、藤嶋泰輔、学長は大森実さん!その後、万博のカナダーQuébec館で3月末までバイト^_^、その年の5月にk社東京本社に入社。
2015/07/03(Fri) 20:07 | URL | やまひろー神戸ー垂水 | 【編集
やまひろさん、初めまして!
コメントをありがとうございます。久しぶりに読者からいただくコメント、とても嬉しいです。
当方、団塊世代で、この留学記も36、7年も昔のことゆえ、当ブログの訪問者には人気がないかもな、と思いながらも、自己記録、また子供たちへのメッセージとして置いておきたいと思い、続けています。

それにしても、やまひろさんの留学はすごいじゃありませんか!そうそうたる講師の顔ぶれ、草柳大蔵氏はかつてファンでもありました。

わたしが行った1978年のアメリカは、多分よき時代の終焉期だったと、振り返って思います。まだ輝きがあり、憧れがありました。

どうぞ、ご自由にコメント、してください。やまひろさんの「太平洋大学」記録も読んでみたいものです。ブログなどお書きになっていませんか?

2015/07/03(Fri) 22:11 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村