2015年7月10日 

同じアリゾナ州と言えども、フラッグスタッフは標高2300mとあって、ツーソンとは俄然気候が違う。
翌朝目が覚めると、宿泊した屋内ではガンガンストーブを焚いておりまして、外はうっすら雪化粧。近くの小さなスタンドカフェに入って、わたしたちは軽くブランチ(朝食兼昼食)を終え、さて、ハイウェイへと向かってトム君が走らていましたら、後ろからゆ~っくり、スゥーっとパトカーが来まして、ピタッと横付けに止まりました。

えぇ?と思っていますと、トム君が運転席に座ったまま制服姿の警官と一言二言話して、免許証を出しましたです。

「雪が車の屋根に少し積もってるし、道にも気をつけて、だそうだ」

と何事もなかったようで、わたしたちは、後は市街を抜けてツーソンへ一路まっしぐら。しばらくハイウェイを突っ走っていましたら、バックミラーにパトカーが後ろに走って来るのが見えた・・・しかも、かなりのスピードです。

「あれ?。まさか、この車を追っかけて来てるわけじゃありませんよね?」
「なんで。だって別に悪いこと何もしてないよ」
「うん。そうだよね・・・だけど、他にこのルートを走ってる車、ありませんですが・・・」
ふと、嫌な予感が・・・した。

するとですよ、後ろからパトカーがなんか叫んでるのが聞こえてきた!
「フリーズ!その車、止まれぇー!」 (←映画ならこうなるとこだろうかw 「フリーズ」とはアメリカの警官語で「動くな!止まれ!」である。アクション映画でよく耳にする言葉だ)

こちらの車は走ってる訳でして、実際にあちらさんが、なんとガナッってるのかわたくしは存じませんでしたが、かなりヤバイことが起こりつつあるのは、なんぼドンくさいくても、雰囲気から分かりましたです^^;運転していたトム君も、「な、なにがやの?」と訳が分からない顔で、しかし、即座に停車。

二人の警官がこちらへやって来て、トム君、車外にでるよう促されました。見ると、先ほどフラグスタッフの町で、「雪道だから気をつけて行きなさいよ。」と声をかけてくれた二人ではありませんか。あれはこちらを心配して注意してくれたのではなくて、車のナンバーからよそ者とわかって、それで様子を見がてら、と言うことだったのでしょ・・・

トム君と警官とのやりとりがしばらく外で続いていたと思ったら、ありゃ?ト、トム君^^;て、手錠なんかかけられてます~~~????警官の一人が助手席に座ったままのわたしのところに来て、

「彼が君と話したいと言ってるよ。」 い、いったいこれはどういうことなのよ?

トムの説明はこうでした。
フェニックスの大学にいたとき、交通違反で罰金を科された。しかし、しょっちゅう住居を移動したので、(アメリカ学生の間ではよくあることです)その通知が届かなくなり、罰金未納が重なってドンドン増えて行き、結局「Wanted」で、警察のコンピューター検索でひっかかったとのこと。1000ドルを払ったらすぐ釈放て・・・^^;

「持ってますけど、持ってまへん~~~」

ごめんよ、トム君。1000ドルが例え君を今救うとは分かっていても、これを使うことは、できない。なぜなら、わたしは学生ビザで滞在していて、この留学のために数年アサヒビアハウスの歌姫バイトをして貯めた留学のためのキチキチの預金証明を、アメリカで求められたら常に出せる状態でいなければならない、しがない貧乏留学生なのです^^;

許しておくんなさい、おっかさん~。(ちなみに、当時のツーソンでのわたしの生活費は月に300ドルでした)

友人トムをフラッグスタッフの留置場に見捨てて、わたしはひとり、グレイハウンドバスで、ツーソンに帰ることになったのでありました。なんでも経験してみるものだとは言うものの、こんな経験は果たしてしてみていいものかどうか。おすすめできるものではありまへん・・・

まだまだ続くこの恐怖~。

-to be continued-
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
太平洋大学ー洋上セミナーあれこれ^_^
spacesisさん^_^グレイハウンド物語もいよいよ佳境に 突入ですね^_^
楽しみですね^_^

私も参加した1968年の洋上セミナーの追憶Blogを二つ発見。お暇な時にでもググって下さいませ^_^結構面白いです。保証いたします。

①寺崎志野 太平洋大学
女性リーダー志野の志 Blog

②成田 豊 太平洋大学
藤沢 烈 Blog 1155 旅 成田 豊

ではまた、他人のふん◯しでごめんなさい^_^まずは取り急ぎ^_^ご返信まで。
1968年当時ー本当に隔世の感が致しますね^_^ー私もロスからシスコにバスで。シスコからゴールデンゲート橋を車で渡り、モントレーにまいりました。そこで会った日系一世のおじいさんから聞いた、面白い話がございますが、また次回にでも。

2015/07/11(Sat) 16:33 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
おお、Monteray!この留学記で後に出てきますが、わたしも、飛Monterayの森の一角に住むビルおじさんのところに数日滞在しました。ビルおじさんと言っても。わたしは直接彼を知らないのでした(笑)
これもアメリカらしい出来事でした。

そのときに、Fisherman's Wharfを訊ねました。
2015/07/13(Mon) 07:01 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村