2015年7月17日

ツーソン、2軒目の我が住まい、ケンタッキー・インの住所である。インを出て左の道をまっすぐ歩いて行くと間もなく大学のキャンパスに入る。
     
Tucson
Kentucky Innの大家さん、Mrs.Maria Mercyから下宿人への復活祭プレゼント、イースターエッグのチョコレート。住人同士、またマースィからの連絡用に使われる掲示板と手紙受け。

わたしの部屋は二階にあり、ベッド、机、それに小さなテーブルの家具付き部屋だった。共同台所には、コンロが6つくらい備え付けられており、調理台と大きな流し台、それまでアメリカ映画でしか見たことがなかった、自分の背丈をはるかに上回る冷蔵庫、その他包丁まな板、鍋などの調理用具や食器類は一通り取り揃えられてあり、調理にだいたい用は足りた。
 
Tucson
当時、月100ドルだった2階のわたしの家具つき部屋。立てかけてあるギターは小型で、ツーソンに着くなりすぐ買い求めたもの。日本では白いギターを持ち歩いていたが持ってくるわけには行かず、親友であり会社の後輩でもあった、我が友、みちべぇに託してきたのであった。わたしにとって音楽なしの生活は味気ないのである。

Tucson


一階の台所の真ん中には大きなテーブルが置いてあって、そこで食事をとるもよし、もうひとつ、台所の横の通路に通じた空間にある小さなテーブルでとるもよし。住人の自由である。

ふと、台所の隅にある台の上にある錠前付きの細長いアルミ製の箱に目がいった。
「なんだろか。」と思ったものの、その時は大して気にもせず、わたしは翌日からの食料調達のために、斜め向かいにあるマーケットへ出かけ、ミルク、コーンフレークス、果物等を仕入れ、一見してすぐ自分の物と分かるように、袋にまとめて冷蔵庫に入れて置いた。

翌朝は台所横の小さなテーブルでコンーフレークスの朝食を一人とり、新しい下宿先からその日の8時過ぎからの授業に気合を入れて意気揚々と出かけたのである。

大学初日の一日も終わって、夕食時にはまだ時間があり、少しだけ腹ごしらえに、どれ、果物でも、と思い冷蔵庫をあけると・・・・
むむ?りんごの数が減ってるような気がするぞ。 あ、バターが開いてるじゃん・・・
ちょっとちょっとぉ。今朝、口を開けたばかりのミルクがほとんどなくなってるくらいに軽いじゃないの!
これはいったいどういうことでせう~~。

すると、背後から、「こんにちは。日本の人ですか?」との英語が、声が聞こえた。振り返ると、まだ少年の香りがするようなとても若い、背の低目な日本人青年がいたのである。しかしです、慌てふためいてる時のわたしは、ホント、だめ^^;

この青年のきちんとした挨拶の始めの言葉もろくに聞かず、(海外では、同国人と思って声をかけると違っていることが往々にしてある。日本語で話しかけてキョトンとした顔をされ、「i am Chinese」「 i am Korean」と返事が返ってきて、赤面してごめんなさい、とやることはよくある)

青年の最初の問いに答えもせず、「入れて置いた物がなくなってるような気がする」と日本語で^^;ホンマにもう、こういう時のわたしは、自分が悪いことでもしたかのように、慌てふためいてしまうので、困ったものです(笑)

すると、「自分の食料はあそこにあるアルミボックスに名前を書き、錠をかけてそれごと冷蔵庫に入れて置くのです。ホラ、こんな具合に」と、彼が言います。よく見ると、冷蔵庫の中にはアルミボックスがたくさん入れてありまして。箱に入っていない物は、誰でも自由に食べていい、と言うのと同じなのだそうだ・・・

か、家族と同じってこと?そんなぁ、なんだか納得がいかない・・・自分が買い込んだ食糧を「ええのよ^^」と言って済ませる経済的余裕も精神的余裕も当時わたしは持ってなく、その場で即座に青年に教えてもらったように、アルミの箱に自分の食料をしっかり入れて名前を書き確保したのだった。
これは、今でも時々アメリカ留学経験を持つ人と話す機会があると、相手が日本人に限らず、エピソードとしてよく話題に上る話である。

さて、その若い日本人青年、二階にあるわたしの部屋の向かいに住むケンタッキーインの住人なのでした。

ー続くー
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
いつも、感心すること!
spacesisさんは、写真の整理、保存、活用が天下逸品、いつも感心してます。

文章の構築、genreわけが整然としておられますね。さすがプロフェッショナル^_^
また、海外のscenarioライターが多用する序破急のテクニックの縦横無尽な駆使、
、omnibus的な設えがまたまたすんばらしい^_^
ヒッチコック的なthrillとsuspenseがまたいい、またよし、またよし、又吉!
^_^^_^^_^^_^^_^それでいて全体として、安心感が横溢し、説得力満点ママの文章!

まるでNHKveteranアナのニュースの読みの
「起承転結」が文章のいたるところにさり気なく、かいまみれる。ふーっ、褒めすぎかな?流石、夏目漱石、ボッチャン‼︎^_^^_^^_^^_^^_^

2015/07/22(Wed) 06:29 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
持ち上げすぎです(笑)

素人で、プロフェショナルではありませんよ。

日本語を忘れないために、そして子供たちに残す記録として、下手な文章を懲りずに綴っています。

写真が残っているのはラッキーですね。でないと、ウソか真か証拠がでません(笑)

写真は昔のように現像したほうが、好きです。無くなりません。
今のディジタルで、パソコンが突如壊滅して失った写真がたくさんあります。
ハァ・・・・、思い出すたびに腹のたつ~~(笑

うふふふ、又吉さんね^^
ああいう方たちの文章とわたしのをお比べになってはなりまへん(笑
月とスッポンでありますれば。



2015/07/22(Wed) 19:07 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村