2015年9月1日

さて、皆様、「アリゾナの空は青かった」、実はまだまだお話していないことはあるのですが、ずらずら書き連ねて、もう24までも来てしまいました。そろそろ閉じてもいいとこまで来たと言えましょう。

思い立ったら前後も考えずすぐ実行するわたくし、その即行動力に一番驚いたのは、恐らく春に帰国することとなっていた彼の人(現夫)でしょう(笑) 空港まで出迎えに来てくれた二人の友人とそのままアサヒ・ビアハウスに向かったわたしをいつものように迎えてくれたのは、相変わらずの常連たちである愉快なアサヒの仲間でした。アパートは引き払い、家財道具という道具は一切合財売り払って渡米したわたしです。行くアテもなく、まさに「ふうてんのyuko」の名にふさわしく(笑)、その日の宿のことも考えず、アサヒの仲間達との再会にビールで乾杯し、歌姫カムバックでした。

1978
オフィス時代のチーフと仲間たちがさっそくビアハウスに顔出しに^^

翌年、1979年3月の婚姻の事務的手続きまで、わたしはどこにいたかと言いますと、今では「かつらぎ山房」の持ち主となっている我が親友、みちべぇのご両親宅にしばらく居候したのでした^^

今は亡き我が親友のお父上の「娘3人がもう一人増えて4人になったとて、どうということはなし。うちへいらっしゃい。」の一言には、人を大きく包む人生哲学がうかがえます。わたしは親友みちべぇの三姉妹の家に転がり込み、乙女四人で枕を並べて寝たのでした。

みちべぇとわたしの関係はと言うと、彼女はわたしが勤務していたオフィスの後輩で、7つ8つ年下です。後先考えずに行動に移すわたしとは対照的に、彼女はおっとり型。それもそのはず、京都のダ○女卒ですが、芯はしっかりしています。どういうわけか気が合い今もって交流が続いています。

さて、3月のわたしたちの婚姻届には二人の証人が要り、一人はみちべぇ、そしてもう一人は、これまたいつの間にか帰国していた、かつての会社の同僚であり、アメリカ留学の下宿時代の同僚でもあった「ザワちゃん」であることを付け加えます^^

1978
ザワちゃんと我が親友みちべぇ

夫とわたしはセレモニーは特別にしませんでした。届けを出した当日の夕方に、常連や友人達がアサヒに集いそこでお祝いを受けました^^いかにもアサヒの歌姫、ふうてんにふさわしい。わたしはそれで満足なのです^^

後年、我がモイケル娘に、「おっかさん。結婚式の写真はないの?」と聞かれたことがありますが、はい、ござんせん^^あるのは、二人で正装して写真館で撮った記念写真のみです。

3月、我が夫となった人は、一足先にポルトガルへ一人帰国し、ミセスとなったわたしは、5月の渡航まで今度は横浜の叔母の家に居候。あっちでもこっちでも、居候しては皆様に迷惑かけててきたのでありました。

1979年5月、ポルトガルを3人で新婚旅行することとなる、夫の日本人の親友Dr.D氏と二人で、パリ経由で成田を飛び立ち、生まれて初めてポルトガルという地に足を踏み入れのでした。
1978
同行のDr.D氏撮影。珍しくショートカットです。            

1978

中継地パリでポルトまでの乗り継ぎまで8時間も待ち時間があったため、いったんパリ市内へ出て少し歩いた。この後のわたしの生活は、「ポルトガルよもやま話」につながります。

最後に、先だって初めて、ツーソンの我が下宿先が今はどうなっているかと、住所を覚えているので、検索してみました。当時の女主人が存命かどうかも分かりません。住所と下宿名「ケンタッキーイン」で探ってみましたが出て来ませんでした。何しろ37年も昔のことです。ほとんど諦めかけたとき、ストリートビューで見つけることができました!見つけることができたのは、いやもう、建物が昔と変わりない姿であったからです。
 
kentukyinn1978
1978年のケンタッキーイン。       

kentuckyinn_now
現在。

ほとんど変わっていません。まだ、下宿やなのでしょうか。看板はあがっているのでしょうか。こんなこともあるんだ、ここにわたしの青春の一コマがあったのだ。変わらぬ姿でツーソンに建つこの家に再会したわたしは懐かしさと嬉しさで、しばし写真の家に見とれて思い出に浸ってしまいました。

ということで、「アリゾナの空は青かった」、また、面白いエピソードを思い出しましたら、追記させていただくとして、いったんここで閉めようと思います。

今で言う、貧困女子だっわたしが、「アリゾナ大学留学」に漕ぎつけるところまでに興味のある方は、左メニューにもありますが、「あの頃、ビアハウス」までどぞ。 しばらく中断していましたが、今後、エピソードを書き加えてまいります。 記事は新しい順から始まっています。

また、こちらは梅新アサヒビアハウス」の「レトロ・ギャラリー」です。いずれ、ブログサイトに移動させる予定ですが、興味のある方はどうぞ。

それではみなさま、また。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
いろいろあって、ご無沙汰です(^o^)
海外では隣国中国経済の減速、南北朝鮮のいさこざが顕著過ぎる。
国内では、安保関連、それ以外の法案の安直な立案、審議、
オリンピックの組織委員会の杜撰な審査など、全ての国民の意見がうまく汲み上げられ反映されない日本のマスコミ。
LINEなどSNSによる、負の効力が犯罪に関与し過ぎ、携帯会社にも、考え直してほしい。
アサヒビアホール華やかなりしころが、なつかしい!
ボヤキはこのへんにて(^o^)
2015/09/02(Wed) 07:53 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
最近、コメントがないので少し気になっていましたが、お元気ですか?

安保関連も、オリンピック関係も見ていると、日本はいったいどうなってるのかととても不安な気持ちになります。

こうして、アリゾナ留学記やビアハウス時代の思い出を綴っていると、あの頃の日本は、社会がある程度落ち着いていて、人情がある時代だったと思います。

こんな風に思うのは、歳をとったのかな?なんてね^^
2015/09/02(Wed) 16:08 | URL | spacesis | 【編集
spacesisさん、お話とっても興味深いです。でもやっぱり、ここでというときの決断は大切だし、そのときには他に選択肢がなくてどうしてもというときは、わたしにも何度かよくあったのでよく分かる気がします。そういう経緯で、今もポルトガルに暮らされているんですね。周囲の方たちも皆すてきです。今夜は遅いので、またゆっくり他の記事も拝読しますね。読むのが楽しみです♪
2015/09/05(Sat) 08:21 | URL | なおこ | 【編集
なおこさん
コメントをありがとうございます。

振り返ると、昔から今に至るまで、苦労のようなものはあったにしろ、周囲のたくさんの人の好意と親切に恵まれていたと思います。

これを忘れ、自分一人で今日までやって来た、なんて不遜な気持ちになりそうな時、己をセーブしてくれるのが、アリゾナ時代の話であり、ビアハウス時代の話です。

ポルトガルでも、わたしは幸運です。
高学歴を持つ人たちがたくさんポルトに在住している現在では、おそらく無理だろうと思われる、20年に及ぶ補習校講師体験、そして、これは資格がありますが、退職後の現在に至る日本語生徒さんたちとの出会いがあります。

こんな風に歩いてきた道を綴ってみて、つくづく運に恵まれていた自分の人生が見えます。感謝感謝ですね。

あまりコメントを残しておりませんが、そちらのブログも楽しんでおります^^我が家は小さなフラットですで、庭と言えば、わずかベランダだけですが、そちらの素敵なお庭、それに、お住まいの周囲の自然の紹介をいつも読ませていただいています。ありがとうございます。
2015/09/06(Sun) 16:50 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村