2015年9月25日 

こう書くと、spacesisさん、息子さんかモイケル嬢がいよいよ?と来るであろうか(笑)まぁ、一応、娘とも言えるのですが、我がモイケル娘ではありません。

夫の親友であった外科医のS氏が亡くなってから10年くらいになります。S氏はコインブラ大学時代からの夫の親友だったとのことで、わたしがポルトに嫁いできた頃から、家族ぐるみの付き合いをしてきました。

S氏夫妻にお会いしたときには、すでに娘さんが二人おり、男の子が一人欲しいと望んだものの、結局3人目も生まれたのは女の子で3人姉妹。末っ子は我が東京息子と同じ歳です。今は、事情が多少変わりましたが、こちらでは、結婚するにあたり、花嫁さんが、家具、家電を揃えるのが慣わしですので、娘3人いれば身上が潰れると俗に言われます。

夫とわたしは、S氏夫妻に頼まれ、末っ子のGodparents(代父母)なのです。ポルトガル語ではPadrinho(Godfather)、Madrinha(Godmother)と呼ばれ、その子供は男の子ならFilhado、女の子ならFilhadaと呼ばれます。

この慣習はカトリック教において大切なもので、子の洗礼の立会人になり、いざと言うときには親代わりをする責任を持つのが本来の意味なのです。わたしはカトリック教徒ではありませんから、名ばかりということになります。

さて、そのS氏の末娘が、今週土曜日に結婚するのです。35歳になりますが、彼女の経歴が面白い。獣医科に入り、大学院を卒業したところで、今度は人間の(笑)医学部に入学し、ただ今3年生です。3人娘のうち、お父上と同じ道を選んだのは彼女だけです。一人前の医者になるには、まだまだ長い道のりですが、頑張りやの彼女のことです、必ずやこのコースを終えることでしょう。

ポルトガルの結婚式は何度か経験していますが、これが、大変なのです。何が大変かというと、披露宴がとてつもなく長い!日本ならば、挙式、披露宴で、普通は2時間半、長くても3時間でしょうか。ポルトガルのは、食べて飲んでおしゃべりして踊って、また食べて飲んでと、それはもう、明け方まで続きます。ウエディングケーキ入刀が一番最後なんであります^^;ほんと、結婚式出席も体力がいるんであります。

久しぶりにドレスアップして、と衣装は決めたが、靴は、これも久方ぶりにハイヒールを履こう!と思っていたのが、は、は、履けない・・・・先日の転倒で痛めた脚が長時間のハイヒールには耐えられないようであります。しかし、ペタンコのサブリナシューズもいかがなものかと思われ^^;

当日ハイヒールを履く地獄の苦しみも久方ぶりになろうかと、今から戦々恐々たる思いであります。着物という手もありますが、帯が一人で結べないんですってば・・・^^;

というので、この件、顛末は後日に!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
おめでとうございます(^o^)
おめでとうございます(^o^)

見えの張りすぎ、頑張り過ぎは、あきまへん。
おみあしの保護には、ハイヒールはあきまへんで(^o^)
まだ、超厚め底の白の「運動靴」のほうが、コケティッシュで受けまっせ(^o^)

冗談はさておき、「重ねておめでとうございます」(^o^)
2015/09/25(Fri) 06:54 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
はいはい、見得、はりまへん、頑張りまへん(笑)

若いときですが、靴が合わなくて痛い思いをしたことがありますが、あれは正に地獄の苦しみでした^^;

念のために、ぺたんこ靴を準備して参ります。

それにしても、1時まで日本語があり、挙式は4時からですから、なが~い一日になりそうです。

行ってまいりやんす^^
2015/09/26(Sat) 05:36 | URL | spacesis | 【編集
頑張って、お気張りやす(^o^)
ほな、また(^o^)
2015/09/26(Sat) 06:01 | URL | やまひろ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村