2015年10月21日 

ミラガイアにある急勾配の石段は、上るのは避けたいが、ドウロ川と隣町ガイアの景色が入る上から眺めは好きです。そして、ミラガイアと言えば、これも好きなスポット。

ミラガイア

川に沿った横の道路より下の位置にある古いアーケードの一部ですが、ここは近年、柱と天井が修繕されました。下はもちろん新しい木材が使われてはいるのですが、これが昔のアーケードです。

ミラガイア
 
2年前に歩いた時は人影もなかったが、昨年、ポルトがヨーロッパで、「行って見たい町」のトップに選ばれて以来、観光客が訪れるようになり、こんな場所にあるレストランでも、オープンカフェなどでワインやビールを楽しんでいる人たちを見かけるようになりました。しかし、アーケードの店舗は2、3軒あるです。

ミラガイア

その一軒、おじさんの店のリードでつながれている猫。「ファ~」と思い切り手足を伸ばしたところ、あらら、おめでたでざいますね。
ミラガイア

この猫には2年前にも出会い、写真を撮っています↓
ミラガイア
 
さて、アーケードを抜けてその向こうは行き止まりなのでうっかり見落としてしまうのが、大理石仕込みの「Chafariz da Colher」と呼ばれる泉です。

ミラガイア

Chafarizは「噴水、泉」のことで、Colherはスプーンを意味します。「Colher」はまた、ポルト市内に商人が持ち込食料品に課税された税金のことでもあります。15世紀の終わりごろ、ミラガイア住民のために造られたこの共同水汲み場は有料であったということですね。当時は、この泉の水がポルトで一番いい水だと言われたそうです。

うっかり泉を含む建物の全体像を撮り忘れましたが、ご覧の通り、噴水は、右横が普通の家の車庫に接触し、泉の上は、これまた、家のベランダの下になっています。この泉は、長い間、忘れ去られ、ほとんどなくなりかけていたのを、市が保存に乗り出し、ポルト市遺産に指定したと言ういきさつがあります。

Chafariz da Colherは、ポルトで一番古い共同泉だと言われます。

下記は2年前にアーケードを訪れたときの記事です。

http://spacesis.blog52.fc2.com/blog-entry-1306.html

では、本日はこれにて。

お時間あらば、どれでも結構です、ランキングクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村