2015年11月26日 

土曜日の補習校時代からの付き合いで何となく気が合い、わたしが補習校を退いた後も、2ヶ月に一度くらいの割で、食事会を持つ4人の仲間がいます。

うち、わたしが一番の年長者でしかもポルト最長在住者なのですが、中に黒一点のI氏がいる。I氏とは補習校時代から学校や授業に関する意見交換をよくしたし、今でもお互いが本好きなもので、持つ本を貸し合っています。その彼は、時折、「この映画、ドラマ、面白いよ」と言って、メールで仲間にサイトを流してくれます。

映画「ビリギャル」もそのひとつで、つい先だって回って来ました。 「なんだ?ビリギャルって?」と、思いましたら、学年で成績がビリッケツのギャル、女子高校生のことなのだそうです。

既にネットでは知られており、わたしも噂を耳にしていたのですが、敢えて検索をしなかったのでした。
まじめな映画も好きですが、こうした若い人に人気があるものも結構面白くて、見ます。「電車男」「花より男子」「ノダメカンタービレ」など等、見ながら腹を抱えて笑ったりしてるのです。

さて、せっかくI氏が教えてくれたのだし、どれどれ、と「ビリギャル」を見てみたら、あらま、これが見ていくうちに、自分の体験と重なる部分が結構あり、少しマンガチックなところも大して気にならず。ついつい最後まで見てしまいました。

素行不良のギャルで、高校2年生で小学4年生程度の学力しかなかった少女・さやかが、塾講師坪田の指導を受け、学力偏差値を上げて、ついには慶應義塾大学に現役合格するまで(ここまではWwikikから)を描いた実話だそうです。

映画を観ていくうちに、中学時代の自分や、ポルトガルの高校の成績を挙げなければならないと同時に、日本の大学を目指して独り黙々と勉強していた11年前の我がモイケル娘の姿とも重なり、なんだかじ~んときたのでした。元々は原作がある「ビリギャル」、もちろん多少の粉飾はあるでしょうが、これが実話だと言うのが、自分の体験から素直に信じられます。



拙ブログでもエッセイ「思い出のアルバム」で下記にて綴っていますが、中学3年生の時、田舎の弘前から西宮中学校に転入して、
あまりの自分の勉強のダメさ加減にショックを受け、生まれて初めて机に向かうことをし始めたあの頃なのでした。
下記にエピソード。
 
我が清秋の急行日本海1」
我が清秋の急行日本海2


モイケル娘との受験体験は「ズッコケ親子の受験戦記:めざせ夢、日本の大学」で綴っていますが、入るまでも地獄、入っても地獄の経済状態ではありました^^;

帰国子女なら、英語が話せるから大概どこの大学でも受け売れてもらえると考えるのは甘いのであります。話せるだけではダメで、きちんとしたエッセイが書けるくらいまで求められ、その上、小論文が書ける日本語の能力も必要です。週に一回、のほほんと補習校に行くくらいではとても間に合いません。

運の良し悪しもあるでしょうが、我が子ながら、よくがんばったなと今にしてつくづく思い出したりします。
しかし、その早稲田も2年で勝手退学し、地方の大学へ転入した時は、さすがわたしも、「おいおい、どこへ行くにゃ~?」と悲鳴でござんした^^;

そして、3年の社会人を経て、再びと、今度は立教の院入試です。見ず知らずの日本近世文学分野、しかも「狂歌」なんぞに^^; 無事入ったはいいけれど、修論の取り組みは、恐ろしいことであったでしょう。これを無鉄砲と言わずして何と言う。我が血であります^^;

その後のモイケル娘はって?はい、春から小さなこんにゃく会社、いや、翻訳会社で、日々奮闘しているようであります。わたしが彼女の今の年齢だった頃は、渡米を夢見て、オフィス(月々のカツカツの生活費w)とビアハウス歌姫のバイトで(これは全て渡米資金に!)、ひたすら蓄えていたものでした。

夢に向かうって、つまづきもあるけれど、わたしたちに素晴らしい飛躍を与えてくれると思います。
「ビリギャル」を見ながら、娘の姿、自分の姿が重なって見え、大変だったけれど、楽しかったな、とあの頃に思いを馳せ、久しぶりに、なんだか勇気がわいてくるような、モチベーションが上がる映画に出会いました。

単純だな、わたしって(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村