2015年12月5日 
4人の日本語能力試験(JLPT)受験生を抱え、ここ3週間ほど、その対策の問題準備と復習授業で生徒たちをガンガンやってきました。今回は唯一の休日である日曜日を返上してのエキストラ授業が続き、多少疲れ気味ですが、久しぶりに気持ちが高揚しています。

明日、6日、日曜日、朝9時からJLPTの試験です。今日は最後の仕上げをし、ポルト大学文学部の受験場での注意をいくつか与えてきました。

決して遅刻するな、4人待ち合わせて行くべし、ケータイはスイッチを切るだけでなく、普段アラームを使っている場合は、それも必ず解消することを忘れるべからず、持参する受験票、身分証明書となるIDカード、えんぴつ、消しゴムを朝、確認せよ、などなど、ほとんど我が子に与える注意と違えませんです、(笑)

「先生は来てくれないの?」なんて、君たち、もう子供じゃないぜ!と、返事をしながら、頼られているのを喜んでいる自分がおり、いったい、どっちが受験するんだか、あっはっは、の感が無きにしもあらず。
それで、冒頭の高揚感あり、なのでした。

と言うのは、漢字検定試験の際には、わたしは、受験場である、かつての我が職場、補習校へ生徒たちと一緒に出向かい、試験が終わるまで控え室で待っているのが常だからです。ちょっと甘やかし過ぎかな?と思いながらも、生徒たちのウイークポイントをクリアするために、最後のぎりぎりの時間まで、確認するためでもあります。

さて、教えるが側として、もうちょっとできたかもしれないけれど、体力が弊害になり、他のクラスもあるので、そこをセーブしたことは否めませんが、できることはしたと思っています。後は生徒たちが力を本場で発揮すること、そして幸運を祈るばかりです。

今日の授業の終わり、「プレゼントである。JLPT試験が終わったらすぐ次の試験の厳しい試練が待っておるのだ。」と、1月末に控えている漢字検定試験の例題集を手渡し、「せ、せんせ・・・」とあっけに
とられている生徒を教室から送りだしたのでした。

明日の生徒たちの幸運を祈りながら、本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村