20156年3月24日

ポルトガルの春は早い。
春の訪れをいち早く告げるのは公園だが、中でも町の中心部の人や車の往来が多い「サン・ラザロ公園」は、向かいに旧市立図書館と美術大学があり、3月になるや、お近隣の住民や親子連れ、てーぶるを持ち込んでカードゲームに興じる念バイシャたちでにぎわう。

サン・ラザロ

この辺りはかつてサン・ラザロと呼ばれ、年に一度大きな「市」が開かれた一帯で、ドン・ペドロ国王の命により1834年に「サン・ラザロ公園」がお目見え。当時はセレブ専用の公園だった。 その名残で今でもこの公園は柵で囲まれ、市内では唯一、四方に門が取り付けられ、開閉時間のある最も古い公園だ。

s-razaro-porta1.jpg

現在では、「マルケス・デ・オリヴェイラ公園」が正式名だが、市民からは昔ながらの「サン・ラザロ公園」と呼ばれ、市民に親しまれている。

園内には可愛いバンドスタンド(小さな野外音楽堂)が王子の郷愁を誘う湯に建ち、地上最古の花といわれる大きなマグノリアの気が12本、池の周りを取り囲み、春にはその爛漫の花で、市民の目を楽しませてくれる。

sao-razaro3-1.jpg

この公園でもうひとつ興味深いものは、壊滅した13世紀のサン。ドミンゴス修道院の遺跡と泉水がここに移動されていることだ。

sao-razaro-chafariz2-1.jpg

赤いベンチに腰をおろし、パソコンを開いている美大生の姿も見られ、多世代の市民が憩うワン・ラザロ公園は、ポルト市内の公園では最も多くの訪問者がある。さながら町の中の小さなオアシスだ。

お時間ならば、ランキングクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/03/26(Sat) 03:03 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村