2016年4月27日 

毎土曜日は、所沢に住む我が妹夫婦が、近くのスターバックスで朝食を取るのが習慣だ。日本で社会人として生活する二人の子供たちが別々に居を構えた2年前から、わたしの帰国時の滞在先は妹宅になり、必然、土曜日は彼らのお供をする。

9時半ともなると満席になり、通りに面した全面ガラス窓の席は明るいのと通りが見られるのとで人気があり、この席に座るには9時ころにはそタバに向かうことになる。

土曜日の朝、大きなカップに淹れたてのコーヒーの香りをくゆらしながらのスタバでのひと時は、店内を流れるBGMも耳障りでなく、ゆったりして快い空間である。パソコンを持ち込んでなにやら真剣に画面に向かう外国人もよく見かける。

さて、日本から帰ってまだ二日経っていない月曜日、食料買出しと眠気覚ましにと、しばらく前に開店したポルトガル第2店目のスターバックスへ夫と行って来た。隣町ガイアにあるスペイン系チェーン店のEl Corte Inglés(エル・コルテ・イングレース)デパート内、一階のコーナーを占めている。

starbucks

スタバの食べ物には日本もここも、あまり期待していないので、さて置き、 ポルトガルでは飲めなかった「カフェラテ」がメニューにあり、注文。すると、紙コップに名前を書くのだという。
 
starbucks

starbucks

夫に任して、テーブルで受け取った紙コップには・・・「Nuko」と書かれてあった^^;

starbucks

Y(イプシロンとポルトガル語では言う)で始まる言葉も人名もポルトガル語にはないので、Sr.Juko(=セニョール・Juko.最後がoで終わる名前は男なのだ)だったり、DonaJukaだったりと、わたしの名前は散々な目に会うのであるが、Nukoってなんでんねん^^; 初めてだよ(笑)

ポルトガルに帰ってきたんだなぁと、こんな小さなことではあるが感じ入った休日ではあった。

ところで、スターバックスのロゴに興味をもち、かつて調べたことがありますので、本日は過去記事をここに再掲載いたします。お時間と興味のあるかたはご一読を。

2009年1月5日

エスプレッソコーヒーをメインに世界中にチェーン店を展開するスターバックスが、昨秋、リスボンのペレン通りに出店した。
食後は必ずと言っていいほど仕上げにエスプレッソを飲むポルトガル人だが、さてスターバックスはそのポルトガルに定着するかな?いずれポルトにもやってくるであろうと思った程度で、さほど気にもかけないでいたところ、12月の新聞付録のマガジンのページをめくって、ふと目についたスターバックスのロゴマークに、あれ?と思った。
 
そのロゴマークが大きく入ったマガジンのスターバックス・クリスマス商品の宣伝である。↓スターバックスロゴ2

日本に帰国するとあちこちで見かけるスターバックスではあるが、ロゴマークに目がいったのは今度が初めてだ。見た瞬間「あ!これはメルシーナ(ポルトガル語。Melusina=Melusine=メリュジーヌとも言う。以後、メリュジーヌと記します)ではないか!」が我が口を思わずついて出た言葉であった。

メリュジーヌとは、10世紀初期にフランス西部Poitouに興ったリュジニャン(Lusignan)王朝の起源にまつわる、下半身が蛇、もしくは魚の伝説の「水の精」のことで、いわゆる人魚である。人魚はギリシャ神話にも登場しSiren=セイレーンと呼ばれ、童話
「人魚姫」はこのメリュジーヌ伝説やギリシャ神話に由来すると言われる。メリュジーヌのイメージ画は時には下半身が2本の魚の尾、またそれと共に背中にドラゴンの翼も描かれ、王冠を頭上に頂いている。
  
伝説
Poitouのレイモンドが森の泉のほとりで美しいメリュジーヌに出会い結婚、やがて二人の間には子供たちも生まれる。メリュジーヌはリュジニャン城を始め多くの城や修道院をリュジニャン地方に建てる。(リュジニャン城は現在城跡のみが残っている)
しかし、ある日、してはならぬと約束していた妻メリュジーヌの水浴を覗き見したレイモンドは彼女が半人半魚であることを知る。
そして、ある時、何かの拍子に怒りに任せてメリュジーヌを「蛇女」呼ばわりしてしまう。本来の姿を知られ、ドラゴンに変身したメリュジーヌは、夫レイモンドに二つの魔法の指輪を残し飛び去り、再び姿を現すことはなかった。

というのだが、下はwikiから引っ張り出した15世紀に描かれたリュジニャン城の美しい絵。 

スターバックスロゴ1

塔の上を飛んでいるのがドラゴンに化身したメリュジーヌ。その上の半円図は占星術の黄道12宮であろう。世はおひつじ座の時代からイエス・キリストの魚座の時代に入ろうとしている。真ん中の光は恐らく「神の子イエス/太陽、光をもたらす者の到来」を表している(と勝手に分析)
画像はwikiより

何故わたしがこんな話に首を突っ込んでいるかというと、「spacesis、謎を追う」シリーズで目下取り上げている、昨夏訪れた「シントラ:キンタ・ダ・レガレイラ」の謎解きのためにと読んでいる関連のポルトガル語の本、凡才頭脳ゆえなかなか読み進まないのではあるが、その中にメリュジーヌの話が出てきて、検索しながらの考察中なのである。
  
つながらない糸の端を見つけるのに、目下、四苦八苦。錬金術やタロットカードまでに検索が及び、我が娘には「おっかさん、段々怪しい分野に入っていってるのでは?」と笑われ、自らも「こんなところまで行っちゃっていいのか?」と思いながらの暗中模索中なのではある。
  
このロゴを見て咄嗟に「メルシーナ=メリュジーヌ」だと判断したわたしの勘はまんざら当たっていないわけではないようだ。

英語のブログサイトでも既にこのロゴマークについては取り上げられているのだが、スターバックスのロゴは、これまでに何度か変更されている。

スターバックスロゴ3
5世紀の古い木版画を元にしたと言わ れる初期1971年のロゴ。 

ス他0バックスロゴ5
変更された1987年のロゴ。王冠の星と周囲の星で三つの星が加わっている。

アメリカ国内の一部で女性が脚を広げているようだと顰蹙(ひんしゅく)をかい、ボイコット運動があったため再び下記にあるように、ヘソから下を隠した現在のロゴに変更。
スターバックスロゴ4

ソース:How the Starbucks Siren became less naughty

さて、ここからはspacesis独自の謎解き推論に入ります(笑)

描かれた異様なシンボルゆえに教会から異端崇拝に結び付けられた、今日のトランプの原型になる「タロットカード」には抹殺され
た6枚がある(マーガレット・スターバード著・ 「マグラダのマリアと聖杯」引用)と言われる。その中の一枚はローマ教会からすると
反体制の女性原理をあらわす「女教皇」であり、そのカードの別名は「Siren of the Philosophers=賢者の人魚」である。
  
これらを考え併せたわたしの推論だが、メリュジーヌの変身は(これもまたローマ教会からは異端とされた)錬金術に通ずるのではないか。(錬金術は一般的に鉛を金に換えることだと思われているが、これは隠れ蓑である。錬金術の奥義は神学的、哲学的、心理学的なものであり、生まれたままの人間「鉛」が、精神も人生の試練の中で浄化され、霊的な変容をとげること、つまり「金」になることである。)
  
スターバックスロゴのデザイナーに古(いにしえ)の異端の知識があり、意図的にメリュジーヌを使ったかどうかは知らない。しかし、初期のロゴから変更された二つの図に、王冠の上の五ぼう星と周囲のふたつの五ぼう星、併せて三つの五ぼう星が加わっているのこと(五ぼう星も3という数字も秘儀に関連する)、二つ目のロゴから垂らした髪と尾が水がめ現代は魚座から水がめ座の時代に入ったと言われる)のシンボルとされる波線の形になっていることから総合して考えると、スターバックスのロゴは、異端の香りがぷんぷんしているのである。

最後に余談ではあるが、メリュジーヌの子孫、ギー・ド・リュジニャンは12世紀に十字軍が聖地エルサレムをイスラム教徒から奪回後、エルサレム王、後にはキプロス王となる。リュジニャン第二王朝はその舞台をキプロスに移すが、15世紀のシャルロット・リュジニャン王女は、ポルトガルのドン・ジュアン王子に嫁ぎ、二度目はジュアン一世の孫である第二コインブラ公と結婚している。

スターバックス・ロゴから発したメリュジーヌ調査ですが、その子孫のポルトガル嫁ぎから、なにやら、ポルトガル国内でふんだんに見かけられる錬金術シンボルとの関連の糸口が見つかったような気がするのでした。

本日も読んでいただき、ありがとうさんでございます。
ではまた!

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/01(Sun) 00:37 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村