2016年7月12日 

UEFA2016_1.jpg
写真は決勝戦当日ごご8時過ぎ。ポルト市庁舎大通りAliadosにて。市が設置した巨大TVの前で大勢の人たちが集まりポルト市長も同席して観戦です。


ポルトガルはもちろんのこと、チモールまでが興奮に沸いたパリでのUEFA2016決勝戦。対するは現地チームのフランスでしたが、延長戦もあと数分というところで、ポルトガルのエデルが一点入れて、ゴローーーーー!と相成り、ポルトガルのキーナス軍団は、サッカー欧州選手権で初優勝を獲りました。

キャプテンのCR(クリスチアーノ・ロナウド)は試合前半で膝を負傷し、退場したのですが、場外で時折膝をかばいながらも、熊の如く歩き回り、コーチまがいの応援。ついに勝利を得たときは、試合を続けられなかった悔しさと喜びとでしょうか、涙で顔をくしゃくしゃにいていました。

そうなんです、ポルトガルは初優勝なのです。
これまでの試合ではいいとことまで行くのですが、肝心の決勝戦となると、がび~~ん、なのでありました。

そのようなわけで、夫は8時からソファに座り、試合中継に見入っていましたが、わたしはと言えば、相手が地元のフランスチームだということもあるし、これまでの様子では、また準優勝どまりかも、と、本当言うと期待しないで晩御飯の後片づけをしている台所から、「どんな具合?」と、ちょこちょこリビングに顔を出し。

それから、いつもの如く、ジョアキンおじさんの畑の猫たちへのエサ運びに外へ出ると、通りは人影もない。人っ子ひとり、見かけませんでした。いつもだと、夏場のこの時期、学校も6月の20日を過ぎると休暇に入り、おとなも子供連れでカフェへ行ったり、外のオープン席で大声で話したりと、頭にくるほど賑やかなのですが、みなさん、その日だけは、家のテレビの前で応援していたのですね。

延長戦も時間切れになってきた頃、これはPK戦に入るかと思いきや、エデルのGoloが見事入りました。その後は、試合よ、早く終われ早く終われと、中継中のアナウンサーと共に秒読みです。
ゴールキーパーのパトリーシオも素晴らしかった。

というので、ポルトガルは、「We are the Chanpions!」の高揚したお祭り気分がもう少し続き、やがて気だるく長い夏休みに入ってまいります。

こちらは、リスボン、ポルトガルチームの凱旋です。写真は共にWikiより。
UEFA2016_2.jpg


ポルトガル、優勝おめでとう!
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村