2016年8月4日 

やっぱりなぁ、の感です。

ドウロ川を挟んでポルト市と隣町ガイアを結ぶドン・ルイス1世橋は、クレリゴス塔に継ぐポルトの象徴ともされます。

Metro

写真はガイア側にあるテレフェリコ上からの撮影です。ドン・ルイス1世橋は長さ385m、幅8m2重橋になっており、下段は車と人が、上段はメトロと人が通れるようになっています。1886年にエッフェル(エッフェル塔の建築家)の弟子、テオフィロ・セイリングの設計で造られました。

Metro
ポルト側からガイアへ。両脇に1.25mの 狭い歩道があります。

Metro

橋の上段中央をメトロ・イエロー線が渡り両脇が歩道。橋からのリベイラの眺めは絶景です。メトロはガイアのAvenida da Republica大通りの地上を走り、ドン・ルイス一世橋を渡ってこのトンネルをくぐり、ポルトのサン・ベントメトロ駅に入ります。

ponte_luis
橋を渡ってポルト側のトンネルの入り口。

Metro

さて、上の写真はポルト側からガイアのAvenida da Republica大通りを撮影しています。左にはSerra do Pilarの高い石垣が、右側には小さな公園が見えます。メトロが走るまでこの大通りはポルトとガイアを結ぶ
幹線道路で、交通停滞がひどい状態でしたが、現在では2都市間を結ぶ「フレイシュ橋」「サン・ジュアン橋」「インファンテ橋」の三つの新しい橋が利用されるようになり、ドン・ルイス一世橋は車の乗り入れが禁止になりました。

ところが、「Avenida da Republica」大通りは橋の少し手前まで、車が来られるようになっており、これが問題を引き起こすのです。メトロが開通したてのころは、何度か、知らずに車が橋を渡りトンネルをくぐって、地下のサン・ベントメトロ駅のホームに入ってしまう、と言うアッと驚く際どい事件が起こっています。

地方から出てきたりするとよく事情を知らなかったり、あるいは、わたしなどのような粗忽者などが、「この橋から向こうは車の乗り入れ禁止」の小さなサインを見落とし、これまで通り橋を渡ってポルト市内に入れると思い、行っちゃう人間がいたのです^^;

Metro

トンネルをくぐってからきっとウワワワーッと慌てふためくんだでしょうねぇ。上記、2007年の写真の如しです。これまで事が起こらずに済んだのが不思議なくらい。真正面に地下鉄が向かってきた!なんてことになってたら、と想像するだけで背筋が寒くなります。

この事件が重なったことで、不注意でこんなことをしでかしたら10年の刑になると当時はお達しがでました。もちろん、現在ではこんなことはもう起こり得ません、と言いたいところですが、起こっちゃってるんですね、これが^^;

新聞記事を要約してみます。

tunel6.jpg

―8月2日未明、Avenida da Republica大通りを走っていたオランダ人夫婦の車が「車乗り入れ禁止」の交通標記に気づかず、ドン・ルイス一世橋を渡りサン・ベントメトロ駅に続くトンネルに入り込んでしまった。レッカー車で引き上げたが、これによる事故は起こっていない。―

平日の未明でよかったものの、これがメトロ運行24時間の週末だったら、と思うと冷や汗がでます。

それにしても、大きな事故が起こらない内に、単なる「車乗り入れ禁止」標記だけでなく、「この先危険!」とか何か夜中でも人目に付く工夫がいるのではないか?そういうことは考えないのかなぁ。
たまにではあるけど、下の写真のように日中でも起こっていることなので、「標記がちゃんとあるぞ」、では済ませない件だとわたしは思うのだが。

tunel2.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
国連事務総長(^○^)グテーレスさんが当確(^○^)
お久しぶりです。芦屋出身の百合子さん、カイロ生活やテレビ番組世相講談アシスタントで養った、世界に通ずる揺るぎない、度胸で頑張ってます(^○^)ポルトガルもと首相のグテーレスさんにも、ぜひ頑張って、世界の安寧に尽力を期待します(^○^)
2016/08/06(Sat) 05:21 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
小池百合子都知事、これからが修羅場だと思います。あんな子どもじみた、論が通じぬ都議会の男どもを相手にしなければなりませんから。都民じゃないけれど、応援しています。

これまでの総長があまりにもひどすぎましたね。また、国連もろくすっぽ勉強もせず、お金で動く人たちがいると見受けられ、特に隣国2つには振り回されないよう、グテーレス氏には切に望んでいます。
2016/08/06(Sat) 17:42 | URL | spacesis | 【編集
祝(^○^)Rio de Janeiro 五輪 華々しくSTART(^○^)
1493年のトルデシリャス条約が端緒となり、南半球で初のRio de Janeiro五輪のPortugal語と英語とsambaの軽快なリズムでの開催、おめでとうございます(^○^)
2016/08/06(Sat) 19:42 | URL | やまひろ | 【編集
わたしのブログbyかずさんym (^○^)
寛大な 御心の掲題のブログオーナー かずさんとほぼ間毎日、かずさん、やまひろのコメント欄ての掛け合いトークショーに是非、Portugalの地より、一度だけでも、ご参加を(^○^)お待ちしております(^○^)
2016/08/06(Sat) 19:51 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
かずさんのブログサイト、どちらでござんすか?
2016/08/06(Sat) 23:11 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村