2016年8月25日 

今日はアソーレス案内を休んで、気になったフランスのニュースを取り上げてみます。

息子のガールフレンドも先週日本へ帰国し、テレビニュースを見ながら3人で食卓を囲んでいたところ、フランスのとある海岸で、ブルキニを着ていた女性が、警官に脱ぐように促されている画像がありました。ブルキニというのは、ムスリム女性のために考案された水着のこと。ビキニとブルカをあわせた造語です。

ご存知の方が多いと思いますが、「ブルカ」はムスリムの女性が顔を隠すために用いるもので、現在では主にアフガニスタンで強要されています。女性の服装は下の図のように、国によって呼称もデザインも違いがありますが、いつのまにか「ブルカ」がムスリム女性の服装を代表する言葉にされていることが多いようです。

bruka2-2.jpg

わが妹夫婦は3年ほどサウジ・アラビアのジェッダに仕事で滞在したことがあり、その際に初めて彼女から外国人女性でも外出時には必ず着なければならないと言う「アバヤ」の衣装を見せてもらったことがあります。「チャドル」に似ています。

ムスリムの女性は顔と手足の先を除いては隠さなければいけない国が多いそうです。そんな規定のなか、レバノン系オーストラリア人のデザイナーによって発案されたのが、下の画像ブルキニです。

brukini8-1.jpg

brukini8-2.jpg

  これがニースやカンヌやコルシカ島など南フランスの12の自治体で禁止されている、というのです。公共の海岸でブルキニを着る女性は、退場するか別の水着に着替えるよう強要され、38ユーロの罰金を払うことになるのだそうです。下はニュースで流された画像です。

brukini9.jpg

普段から水着と言えば、ビキニ類を想像するわたしたちからすると、ブルキニは確かに、見た目少し違和感がありますが、別に禁止するとまで行かなくてもいいのでは?とはわたしの思うところです。かほどに、テロへの警戒が厳しいのでしょうが、自由の国、世界のファッションをリードするフランス国がねぇ、との感が否めません。

フランスでは全ての宗教での宗教的シンボルは、公の場所での着用を禁止されているそうです。ヒジャブもその「宗教的シンボル」と認定されているわけですが、では、俗に言うスカーフとヒジャブの違いは?となると、
どうも紛らわしい。

今でこそ、そのファッション性が失われてしまいましたが、わたしが若いときは、エヴァ・ガードナー、ヘップバーン等のハリウッドスターがよく使用しており、憧れたものです。
         
brukini2.jpgbrukini4.png

↓これもヒジャブによくにています。一世を風靡したと言われるドラマ「君の名は」で岸恵子さんがしている「真知子巻き」ファッション。現代ファッションでは、こんな風にも使われるスカーフ。

brukini5.jpg brukini6.jpg
   
スカーフは髪の毛を隠すというより、寒さを防いだり強い風から髪を守るという用途であったと思います。スカーフが好きなわたしは冬夏用と色々持っており、ポルトの海岸へ散歩に出かける時や、髪の毛がしっかり落ち着かない時等は車の運転を場合に、真知子巻きや、写真のヘップバーンのように後ろで結んだりしますが、ふと、これはフランスではできないのかも知れない、あるいは、ムスリム女性に見られるかも?と、思ったりするこの頃、うかつに好きな格好もできない。

フランスのヒジャブ使用禁止には、国内に住むイスラム世界の女性、ムスリム女性の解放の意味があったのかもしれません。が、自由であろうとするがために、自由にしようとするがために、元来はしなくてもいい規律を作る不自由について、考える必要があるのではないか。自分の自由があると同様に他人の自由もあります。

このニュースを見て、上述のことを考えると同時に、昔は肌を露出するビキニはダメだった、今は肌を隠してはダメなのか、と、なんだか可笑しくなったわたしでした。
brukini1.jpg

最後に、上の写真はイタリアのとある海岸で戯れているカトリック尼僧たちだそうです。なんとも楽しそうな雰囲気で思わず微笑みが浮かんで来そうですが、フランスではこれも禁止されるというのでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
日本の芸人が全身タイツ着て行ったら、やはりこうなるんですかね? どっかのテレビ局でやったら面白いと思いますが・・・
2016/08/27(Sat) 21:48 | URL | Ganchan | 【編集
Ganchanさん
お久しぶりです。コメントをありがとうございます。

フードがなければそのまま、ちょっとしたファッションになるような気がします。

わたしも日光アレルギーのため海岸が苦手で、歩くときは頭には帽子、もしくはスカーフ、サングラス、必ず長袖とスラックスの服装です。

それで、え?と、ちょっと考えましたw

異文化共生は色々な問題が生まれるようで、なかなか大変そうですね。

日本も「移民受け入れ政策」を推し進めるとしたら、是非、ヨーロッパで起きている諸問題を参考にして、いい方法を編み出して欲しいと思っています。



2016/08/28(Sun) 04:12 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村