FC2ブログ
2006年9月17日
アレンテージュ地方の家1
★アレンテージュ地方独特の白と青の素朴な家

毎週土曜日朝8時半から12時半までの授業、教室やスタッフ・ルームの片付けも
入れてほぼ1時に終わる我が職場ですが、月に一度、お弁当の日と称して
午後授業があります。
この午後授業の日が一番しんどいのであります。
なぜかと言うと、3時の授業が終わったあと、定例のスタッフ会議を近くにある
カフェに場を移し6時頃までします。
校舎は3時以降は使用できないからです。

そのお弁当の日の先日、同僚二人が都合が悪いというので会議はキャンセルになり、
「どれ、じゃ、帰りましょう。」と教材の入った重いバッグを持ち上げ、廊下を
歩いていましたら、後ろから同僚のI氏、
「午後がある時はどうしても疲れますねぇ。ゆうこさん、ちょっと一杯、
やっていきませんか?」
と、声をかけてきました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
ー続きはここからー

このI氏、わたしより年齢はいくつか下ですが、色々な話ができる。
時には手厳しい意見を出すもあり、わたしなど汗をかいたりしますが、言うことに
筋が通っているところが好きです。

ポルトガルに在住すること、かれこれ17年ほどで、二人の子供さんはかつて
わたしの教え子でもありました。
海外に滞在する日本の子供が経験する、「こちらの学校、補習校、通信教育」の3重苦を
子供たちと共に、時には叱咤、時には激励と、9年間やってきた戦友(笑)でもあります。

奥方はポルトガルの方で高校の数学の先生。
日本に10年住んでいたのが、お役所仕事を途中で辞めて家族でポルトにやって来、
今は畑を耕している、面白い経歴の持ち主です。
毎年秋から冬の間、I氏の畑で採れた「だいこん」は、見目は悪いが、たっぷり水分を
含み、もちろん化学肥料は使っておらず、いただくのが実に楽しみなのです。

いつもはいろいろ取り決めなければならない会議、たまには世間話もいいか、
I氏といつものカフェへ。
「いや~、もう話ができる相手といえば、ゆうこさんくらいしかいないですよ。」
もとより少ない日本人、そうそう気のあった人はいないものだ。
「思えばずいぶん遠くへ来たものだ」と二人でビールでのどを潤したのでした。

さて、そのI氏から昨日はこんな話を聞き、スタッフ全員「えーー!」

わが職場、朝礼で毎週ラジオ体操をするのですが、子供たちの両腕のひじは伸びて
いないし、両膝の屈伸もいい加減。見るからにだらけている。
どうせするなら、もう少しきちんとしようではないか、の話になった。

すると、
「最近、科学的に見たら、短時間で屈伸をパッパッとするラジオ体操があまり体に
よくない、という話がでてるのですよ。」とI氏。
思わず皆、「えーー!」
体のストレッチはゆっくりとするのがいいのだそうだ・・・
太極拳などで見かける。 
いいのは分かる気がするが、あれは、実はちっとも楽なものではなく、徐々に体の
筋肉を動かすもので、大変なエネルギーと筋肉を使うことになると経験者から聞いている。

ラジオ体操を科学的な見地から見たことなどないわたし、
「でもね、ラジオ体操を一日一回ずっと何十年も続けて、それで病気になったとか、
そのせいですっかり体を壊してしまったとか、心臓麻痺起こしたとかの話は、
聞いたこともないわよ。」
と言ったら爆笑が起こった。

確かに科学が進んで世の中も変われば、昔は良いと言われたものが今では良くない、
正しくないということは、周囲を見回してみても、結構ある。
しかし、オリンピック選手の、わたしから見たら異常な筋トレは科学的によろしい
とされ、ラジオ体操がだめと言うのでは、わたしは納得がいかない。
なんだかなぁ・・・

最近はラジオ体操の代わりに、ピンポンパン体操とか幼稚園ではするのだそうだが、
いい小学生、中学生が、朝礼で「ピンポンパン体操」も、情けない・・・
エアロビクスだってなんだかちょっと違う・・・
やはりリズミカルに簡単に体を動かすことができるラジオ体操がいいと、わたしは
思うのだが・・・ 
付け加えれば、もちろん子供たちには人気はありません(笑)

日本の学校では体育や運動会の開始前などの準備体操として、もうラジオ体操は
しないのかしら?
しないとしたら、準備体操は何をするんだろうか。

伝統のラジオ体操は、夏休みに町内会でするくらいの地位に落ちてしまったのかな・・・

そしてそれをしようとするわたしたちは時代錯誤なのだろうか・・・

★ランキングクリックお願いします^^

関連記事
コメント
えっ?ラジオ体操ダメなんですか?
我が園でも運動会に向けて毎朝ラジオ体操をしています。
幼児だから仕方ないと言われればそれまでですが
確かに腕は伸びないし足は曲げないし
ピョンピョン跳ぶ所では元の位置に戻れず
常に場所が変わっていく始末・・・。
リズム感のなさもひどい・・・。
少しでもマシになるようにと日々指導していたのですが
そのラジオ体操がダメなんて!?
NHKのラジオ体操の指導者は元気かしら(笑)
2006/09/18(Mon) 10:57 | URL | みぃー | 【編集
ピ、ピンポンパン体操は、やだなぁ・・
うちの子に聞くところ、学校の体育では、準備運動(ストレッチ)はありますが、ラジオ体操はしないそうです。
そういえば、運動会でも、マツケン体操とか訳わからんかったし(-_-;)
保育園でも、アンパンマン体操とかそんなんだったし・・・
夏休み=ラジオ体操も、もう成り立っていないでしょう。かろうじて、私の町内では、子供会主体で開催していましたが。

そもそも、
私のときは、6年生とか、中学生が当番でラジオを持って来て、捺印もその子たちがやっていて、子供主体でしたが、今は、大人主導に。
大人主導となると、大人のエゴが出る。結果、「無くしてしまおう、無くても・・・」となったのでしょうか。

記事にも書きましたが、わが子の通う小学校は、文化祭ももはや、子供主導ではないです。
子供の世界とは、どこにあるんでしょうかね(-_-;)
ちょっと話がそれてしまいましたかな。
2006/09/18(Mon) 15:36 | URL | マー | 【編集
>みぃーさん

科学的に見たら、よくないという説なんです・・・

みぃーさんとこでは、ラジオ体操とりあげるのですね?

うちも結局はこれを続けようとなります^^

今の子供たちの姿勢の悪いことったらありません。
机に向かってきちんと座れないのです。
横向き座り、机うつ伏せ座り。

朝は眠気眼でやってくる子供が多いですから
これで目を覚ましてもらわないとね^^
2006/09/19(Tue) 18:16 | URL | spacesis | 【編集
マツケン体操!
うわっ!
そこまで行っちゃうんか~(笑)

まぁ、悪いとは言わないけれど^^;

「当番でラジオを持ってきて」と言うの、
ちょっと我が職場でも取り上げて見ようかしら^^

こちらの学校では、生徒が当番で何かの役割を担う、
ということがないのです。
あまり歓迎されない役割もあるかもしれませんが、
協調性とか責任感を養う意味ではいいのではないかと
わたしは思います。

2006/09/19(Tue) 18:24 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ