2016年9月15日  

わたしたちが滞在したサン・ミゲル島、Ponta Delgada(ポンタ・デルガーダ)周辺はパイナップル栽培でよく知られています。

パイナップルはポルトガル語で「ananas(アナナス)」と言いますが、子供たちが家にいなくなったころは、よくパイナップルケーキを作り、これはわたしの十八番(おはこ)です。

一度などは、ポルト補習校時代に受け持っていた生徒たちに頼まれて、パイナップルケーキの作り方教室を開いたものです。その後、彼らがそのケーキを十八番にしているとは、親御さんから耳にしているのですが、
嬉しいことです。また、年に一度、同僚のOちゃんと開く個人授業、グループ授業の日本語学習者合同のNHKパーティーこと、「日本語を話す会」でも出します。

アソーレス

さて、アソーレス最後の日にパイナップル農園を訪問してきました。

恥ずかしながら、この日までろくに考えることなく、パイナップルは大きな木になっているものと思っていたおアホなのでした(笑

してみれば、あんな重い果物です、木からぶらさがるなどちょっとありえませんね^^;


アソーレス
パイナップルの温室。

パイナップルは19世紀に南米からサン・ミゲル島に紹介され、現在では写真のように温室栽培されています。

アソーレス

アソーレス
  
アソーレス旅行の最終回は、案内し忘れた写真です。

アソーレス
サン・ミゲル島Ribeira Grande。小さな海辺の美しい町。町から海を望んで。 
 
通りには、意外にもマヌエル建築様式の窓を発見!
アソーレス

こちらは、Frunasの公園。
アソーレス

サン・ミゲル島で見かけた家々。

アソーレス

アソーレス

アソーレス

旅行中、世話になったレンタカー
アソーレス


これで、アソーレス案内は一件落着。
次回は、シントラへ!

本日もお付き合いいただき、ありがとうございます。では、また明日。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
パイナップル プリンセス
懐メロ、パイナップルプリンセス のメロディーが突然(^O^)
2016/09/17(Sat) 06:43 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
あっははは。

同様です。懐かしいですね。
遠い昔の青春時代入り口ころでしょうか。

2016/09/17(Sat) 16:07 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村