2016年9月26日 

2009年に訪れた時のモンセラーは庭園も館も修復中で、当時は訪れる人もほとんどおらず、園内の休憩所で出会った初老のイギリス夫人がわたしたちに話しかけて来ました。

曰く、1940年代に私邸だったモンセラーをポルトガル政府が買い取ったのだですが、そのまま長い間荒れたままに放置されていたのを、この女性たちがボランティア活動を開始し、近年ようやく森と館の修繕作業に及んだとのこと。

あれから7年たった今、館はどのようになったかと期待して今夏、娘たちと再訪してきました。

モンセラーの名の由来はスペインのカタルニア山岳地方にある、俗称モンセラート修道院から来ます。カトリック教会最古の修道会のべネディクト会修道院で、正式名は「サンタマリア・モンセラート修道院」。ポルトガル語では「モンセラー修道院」となります。「Monserrate」の意味はラテン語を原語とする「刻みの山」。ラテン語系のポルトガル語でもserrarは、「のこぎりをひく」、serraは「のこぎり、山脈」の意味。名の如くギザギザ山の集合です↓

シントラ・モンセラー

ちなみにべネディックト会は数あるカトリック教会の中でも最古の修道会で、創設者は5世紀の人、聖ベネディクトス。 後にこのベネディクト会からは、十字軍遠征、テンプル騎士団認可に大きな役割を果たしたシトー会修道会が派生しています。

もうひとつ、スペインのモンセラー修道院で言及すべきは、「黒い、もしくは褐色のマリア像」の存在です。黒いマリア像については諸説ありますが、テンプル騎士団を隠れ蓑とする異端崇拝者のシンボル、マグダラのマリアであると言う説もあります。

テンプル騎士団に付いては、拙ブログで何度か取り上げてきましたが、今夏も2年ぶりにトマールのテンプル・キリスト騎士団修道院を訪れてきましたので、追って再度取り上げていきます。

前置きが長くなりましたが、さて、シントラのモンセラーの森案内です。

入り口
シントラ・モンセラー
門にはあたかも森を護衛するかのような一対のキメラ。レガレイラ宮殿、パリのノートルダム寺院もそうですが、ファンタスティックな仮想動物gargoyleはゴチック建築にはつきものです。拡大してみましょう↓

シントラ・モンセラー

森に入ってすぐ見えるのが巨大な岩戸「Vathek」(ヴァセック)の門。

シントラ・モンセラー

「Vathek」はイギリス18~19世紀にかけてのゴチック作家ウイリアム・ベックフォードの著書名です。ベックフォードのゴチック趣味に基づく、ムスリムのVathekを主人公にしたこの小説は、ゴチック文学の傑作と言われます。が、当時のヨーロッパ社会からすると異教的であり、発表当時は大きなスキャンダルになったと言われます。
ベックフォードは作家であり、子どもの頃はモーツアルトに師事したピアニストでもあり、また、数ヶ国語をあやつり建築にも興味を示した、多才な人であったようです。

Vathekはわたしは未読ですので、内容に興味ある方は検索してみてください。

シントラ・モンセラー
森の中で見られる「ベックフォードの滝」。

シントラ・モンセラー

こちらは18世紀末、ベックフォードが作ったと言われる、クロムレック(Cromlech=列柱の上に乗せた大きな平石を言う)。太古の人々が信仰のために作った古代の遺物。

シントラが太古の昔から神聖な山とされてきたことを考えると、ベックフォードがこうしてまがい物を作らずとも、この「月の山」には本物のクロムレックがないとは言いきれないでしょう。

さて、ここで何度も出てくる「ベックフォード」ですが、若くして莫大な遺産を相続した彼は、当時のイギリスで最も裕福な富豪の一人で、詩人のバイロンとは交友関係があり、バイロンがシントラに住んだと同様、実はこの森を所有して一時期住んでいたのでした。

モンセラー、次回に続きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
伊達男で吟遊詩人のバイロン卿のシントラ滞在(^O^)
シントラに滞在された吟遊詩人ーバイロン卿の超美人の娘、数学者エイダさんが今のコンピュータプログラムの礎を作られとか(^O^)
2016/09/27(Tue) 07:33 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
そんな話があるのですね^^

バイロン卿も神秘主義者でしたよ。
2016/09/28(Wed) 15:56 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村