2016年10月5日 

今日はモンセラーを休んで、ポルトガルの歴史の話です。

毎年10月5日は共和革命記念日に当たり、休日のポルトガル。この日は「1910年10月5日革命」とも言われいます。スペインからの独立を果たし、アフォンソ1世初代国王を頂くポルトガル最初のブルゴーニャ王朝から始まり1910年10月4日で幕を閉じた最後のブラガンサ王朝で、ポルトガルは王国から共和国になります。ブラガンサ王朝は、1640年のジュアン4世からマヌエル2世のその日まで約300年続きました。

そこで、王国最後の様子を、拙文で再現してみたいと思います。題して「ペナ宮殿に住んだポルトガル王家最後の王妃」、この日、ドン・マヌエル2世と皇太后、ドナ・アメリアは、シントラにある王家の離宮ペナ城にいました。

d_amelia.jpg
ドナ・アメリア王妃  Wikiより。

フランス、オルレアン家出身のアメリア王妃はポルトガルのカルロス1世に嫁ぎ、2人の王子と姫を設けますが、1908年2月1日、リスボンからヴィラ・ヴィソーザに構える宮殿に帰ろうとするところを、国王一家は共和党およびメーソンのメンバーに襲われ、アメリア王妃の夫である国王ドン・カルロス1世と後継者の長男を殺害されます。

次男で後のドン・マヌエル2世(ポルトガル最後の王)が王位につきますが、19世紀後半から台頭してきた共和党主義による革命が起こります。1910年10月5日の朝、ペナ宮殿でポルトガル共和党国樹立の報せを受けた王家は即宮殿を後にして英国へ亡命。

息子である、ポルトガル34代目のドン・マヌエル2世は1932年に英国で没、母であり、ポルトガル王家最後の王妃、ドナ・アメリアはフランスに移り1951年に87歳にフランスで生涯を終えます。

第二次世界大戦中にポルトガル国から帰国の招待を受けますがこれを拒否、王妃がポルトガルの地を踏んだのは亡命から35年後の1945年です。住む主もなく灰色に色褪せた35年ぶりの宮殿に足を踏み入れたアメリア王妃は、案内人にかつての自分の部屋でしばしの間、独りにしてくれるよう頼んだそうです。

昔の栄華に思いを馳せ時代の移り変わりを身をもって感じたことでしょうか。以後、ポルトガル王家最後のアメリア王妃が母国を訪れることはありませんでした。

王家の離宮ペナ城は、1990年代に修繕されたとき、ピンクと黄色に色塗りされた宮殿を見上げたシントラ市民は大いに驚いたと言われます。何しろ、それまで見てきた城は長い間放置され色彩を失って、ドナ・アメリアが最後に訪れたとき同様、灰色だったのですから無理からぬこと。

pena

王妃の悲運に比して、今、眼にも鮮やかなペナ城は、多くのツーリストを惹き付けて脚光を浴び、蘇ったように山頂にそそり立っています。しかし、その陰にある歴史を知ってみると人の世の栄枯盛衰を感じずにはおられませんね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
ポルトガルから国連事務総長が(^O^)
色々な、民族が行き合ったポルトガルの地から、国連事務局総長が選出されるとか。
おめでとうございます(^O^)
2016/10/06(Thu) 07:46 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
願わくは現総長に倣わず日本に均衡な見方をしてくれますように、です。
2016/10/06(Thu) 17:23 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村