2016年12月1日 

独立回復記念日で休日の今日、昼食を兼ねて夫とダウンタウンへクリスマスプレゼントの買い物に行って来ました。

そして入った店が「Burel(ブレル)Factory」ブティック。

burel

ブレルというのは古くから独得の製法で作られたポルトガルの伝統的なウール100%の布のことです。
ポルトガル北部、セーラ・ダ・エストレーラ(星の山脈の意味)にあるMangeigasという小さな村で生まれました。
しっかりした糸で織り込まれた布は固く、昔から雪が多く風が強い北部の山間部でマントやコート、チョッキやズボンなどを作るのに用いられて来ました。、

burel

展示されてあるマントやコートに触ってみましたが、これなら風を通さないだろうと思われるくらいゴツッとした手ごたえがありました。

burel

この丈夫なブレル布を利用して、ブレルファクトリ社ではファッションやハンドバッグ、カーペット、スツールなどの室内装飾関係にも進出しました。

burel

ポルトガル語でMochila(モシーラ)と呼ばれるバッグパック。
mochilauprotatedbaggray.png

フード付きのMochilaも面白い。↓
mochilaCapuz-1.png

その中に、今回わたしたちがクリスマスのプレゼントにと数枚選んだ「マンテカ(Manateca=)」と呼ばれる軽くて柔らかいショールがあります。

burel
何よりも暖かい点がいい。ショールにもひざ掛けにも使用できます。


burel

写真撮影の許可を得ましたら、階下もどうぞというので、見てきました。

burel
↑ブレル布とその布を作り出す糸↓

burel

布物には目がないわたしです、 取材に年内にもう一度この店に来ることになりそうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村