2016年12月28日 

25日のクリスマスは、恒例の昼食会でアヴェイル(Aveiro)市に住む義姉宅に家族が集まりました。

わたしはと言うと、朝7時にはご飯を仕掛け恒例の持ち込み料理である巻き寿司を作り、今年はそれにトリのから揚げも一品増やしてみました。

sushi-1.jpg

義姉宅での昼食はレイタォン(Leitão)が定番です。レイタォンと言うのは「子豚の丸焼き」のことで、これはポルトガルではご馳走なのです。義姉宅では丸焼きを注文して、それを食べやすい大きさに切るのには、コツが要り、毎回、義姉の長男の役割です。わたしたちがアヴェイルに到着すると、大きな体にエプロンを締め、肉切り包丁を手に子豚と奮戦している姿をいつも目にします。

子豚の丸焼きは下のように切られます。焼きたては皮がパリパリして、とてもおいしいのだそうです。

kobutamaruyaki

が、わたしはこれが食べられないのです。こんなおいしいものが!とすすめられてもダメッす。肉類を食べることから遠ざかりつつある今では尚更いただけません。それを知っている義姉は、しないでいいと毎年言うのに、わたし用にと牛肉を用意してくれるのですが、これも食べきれず、困ったものなんですね。

義姉宅で昔もろに目にした最初のショックが↓、未だ尾を引いているのであります^^;
kobutamaruyaki

そのままの画像を載せるのはキツイと思い、色具合に少し手を入れました。皿にのっかってるのが子豚ちゃんの頭でありんす。

値段はというと、1キロが20ユーロ前後でしょうか。10キロですと200ユーロ(約25000円)くらいになります。バカリャウ(大ダラ)同様、その時期になると値段が跳ね上がります。日本では5キロ3万円くらいでいただけるようです。

どこぞの話に、とある母親が、幼稚園で子どもに食前の「いただきます」を教えたところが、給食代を払っているのだから、うちの子には「いただきます」など、教える必要はないと、ありましたが、「いただきます」が言わんところを英語にするとこうなるのだそうですよ。
「I am so sorry for taking your life and am greatly appreciate to be able to have your life.」

肉好きにとっては、一度は食べてみたい子豚の丸焼きだそうですが、この子豚ちゃんの顔を見ると、とてもとても・・・つくづく、命をいただいて生きているわたしたち人間の業に思いを致すのが、イースター、クリスマス、新年の食卓ではあります。

kobutamaruyaki

別テーブルに並んだ左上下はドライフルーツ、(上、左から)大好きなプディン、Bolos de Gema(Gema=卵の黄身)、お姉さんが作ったPão de ló de Ovar(Ovar式のカステラ。カステラはポルトガルではパン・デ・ロと言う。これについてはこちら、「カステラはポルトガル語か」で、どぞ)。

下、左から、クリスマス、新年の食卓に必ずのるラバナーダ(揚げパンをたっぷりの甘いシロップに漬け、シナモンをふり掛ける。フレンチトーストに似ているが、味は別物)、Bolo Rei(ボーロ・レイ。王様のお菓子の意味)、最後がFilhoses(フィリョーゼス。揚げパンの種類)。

こうして昼食を含め、何時間も食べては話し、飲んでは話し、ポルトガルのクリスマスはとにかく胃が丈夫でなければ、持ちこたえられませんぞ。

この日の一食だけで、丸いわたしの顔は輪をかけてまんまるになるわけであります。休息にと義姉の家のベランダからこんな景色がみえました。

aveiroDec-1.jpg

平和なり。

ではみなさま、また明日。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村