2017年1月7日 

忙しい金曜日、合間を縫って、IKEAと併設するMar shoppingのブティックに依頼していたコートを受け取りに行き、ついでに他店で探し物をしながら商品を手にして見ていたところ。

突然横から「ワッ!」と大声で声をかけられ、びっくりして相手を見ると、????若い男の子です。「し、知らんがな、あんたを。はぁ?」と言う表情をしていると、相手も真っ赤な顔をして、「す、すんません。人違いでした」ですって(笑)

一瞬、日本語クラスの生徒だっけ?と思ったものの、いかなわたしでも、生徒の顔くらいは覚えていますぜ。わたし、グラサンはかけていましたが、横から見たって東洋人だよ?いったい誰を驚かしたつもりだったのだろうかと思うと、ついつい可笑しくなって、謝ってそそくさと去って行こうとする若者の後姿を見ては一人プップップと笑ってしまいました。

新年から、ささいなことで初笑い、愉快な出来事に、今年はいい1年になるかな?などと気をよくしています。

さて、今日は年末に渋る夫を連れて入ってきた、市庁舎通り新開店の「Hard Rock Cafe」の紹介です。spacesisさん、その御歳でハードロックですかいと笑うなかれ。ロックが好きというのではないが、ロックのリズムは人の体を動かす力があると思うのであります。リズムについ乗ってしまう自分を発見します。

Hard Rock Caféと言うのは、ロンドンからアメリカ人によって展開されたハンバーガーを中心としたチェーン・レストランです。一度行っただけなので、恒常的にこうなのかは分かりませんが、その日は店内をボリューム一杯のロックミュージックが支配していました。

Hard Rock Cafe Porto
ポルトのハードロックカフェ入り口

Hard Rock Cafe Porto
↑受付。右がカフェ、レストランへのドア、左は全てのハードロックカフェで併設されているロックショップ。

Hard Rock Cafe Porto
世界各店のTシャツ、アクセサリーなどのオリジナル商品が販売されています。ハードロックショップの特徴は、通信販売がないことだそうで、限定アイテムは、各地の店でしか入手できない。

一階のカフェへ。

Hard Rock Cafe Porto
壁を飾る有名ミュージシャンたちのギター

Hard Rock Cafe Porto
わたしたちがカフェを飲んだ一階のバーハウス・カウンター。カフェは2ユーロ。若い子が淹れてくれたのだが、あまり熱くなくておいしくなかった

子連れの若いカップルもいる。が、年配者は我らのみ(笑)
Hard Rock Cafe Porto

階上がレストランなのだが、ふと階段の壁に目をやると、ぬぬ?
Hard Rock Cafe Porto

マドンナの靴ですと?

Hard Rock Cafe Porto
1985年の映画Desperately Seeking Susanでマドンナが履いた靴だそうです。

Hard Rock Cafe Porto
こちらは歌手シェリル・クローの靴。
 
Hard Rock Cafe Porto
ウイトニー・ヒューストンの衣装。             

Hard Rock Cafe Porto
オーストラリアのロックバンドAC/DCのギタリスト、アンガス・ヤングのサイン入りのキャップ。

ハードロックカフェは、ミュージシャンや家族などからの寄贈品、またオークションなどでぬ入札したコレクションを「メモラビリア」と称して店内に展示してあるのも特徴です。

Hard Rock Cafe Porto

階上のレストランの様子。メインメニューのハンバーグは10ユーロ以上とのこと、予算をマクドのつもりで行ってはダメです。音楽とハンバーグに興味がある方は是非一度どうぞ。

インフォメーション
所在地:Rua do Dr. Artur de Magalhães Basto 38, Porto(市庁舎通りの横道)
営業:12:00-01:00

Hard Rock Cafe Porto
夜のハードロックカフェ・ポルト(この画像はWikiより)

では、また。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村