2017年2月7日 

雨が降るやも知れぬという曇り空の下、昨日の日曜日は、4人仲間の定例昼食会があったのですが、待ち合わせ小一時間ほど前に家を出て、久方ぶりにポルトの街にカメラを向けてみました。

今日は、レプブリカ広場(Praça da Repubulica)から始まる「Rua de Almada(アルマーダ通り)」の紹介です。一昨年までわたしは毎土曜日、Lapa 教会前にあったYY日本語塾の授業を終えるなり、次の日本語授業が待ち構えていた市立図書館へ向かうのに、この道を車で通るのが習慣でしたが、起点から805mの長い坂道を歩くのは、今回が初めてです。

18世紀半ばに開通したアルマーダ通りは、ポルト中心がフェルナンディーナ城壁(Muralhas Fernandina)に囲まれていた当時、城壁外で一番最初の大きな通りだったと言われます。

余談を言えばフェルナンディーナ城壁の追っかけは、20年ほど前からしたいと思いながら、まずは街の勉強からしようと言うので、少し資料を集めながらも今日までそのままになってきました。自分としては、そろそろ、城壁調査を始める時期だと思っています。

さて、写真でご覧のように、坂道の向こうにはドウロ川を挟んだ隣町ガイアの街並みも窺えます。

Rua Almada Porto

この通りのハイライトは、入って直ぐ左にある、通称ぺスターナス礼拝堂「Capela dos Pestanas」です。一目見て以来ずっと興味をもってきたのですが、こうして取り上げるのは初めてではないかな?

「Pestanas」は何かと言うと、「まつげ」こと「pestana」の複数。礼拝堂の名前としては、少しひっかかったのですが、以前この前を素通りしたときに、「面白そうなカペラだ」と言うわたしに、夫が「病院の同僚の一族のだ」との答えが返って来、「へぇ、すごいのね」と思ったことがありました。ひょっとすると、これは一族の名前からとったのかも?と、夫に今回きいてみましたら、案の定、同僚の苗字はPestanasなり。正式名はCapela do Divino Coração de Jesus。

rua almada Porto

正面から撮ったネオゴチック建築のぺスターナス礼拝堂。下は裏からの撮影です。後ろから見た感じからですが、内部は八角形になっていると予測します。

Rua Almada Porto

通称名「ぺスターナ礼拝堂」の由来を調べてみました。実は礼拝堂のすぐ横、アルマーダ通りは始まる角にある建物が、かつては一族の住まいでぺスターナ邸宅(Palacete (小宮殿、邸宅の意味) dos Pestana. )↓

Rua Almada Porto
この画像はWikiより。後ろに礼拝堂が見える。

1974年4月25日のサラザール独裁体制を倒した「カーネーション革命」の際に、暴徒たちによる破壊を受け、その後、修繕されて現在は市が所有しています。写真右の建物がそれです。

Rua Almada Porto

向かいに見える黄色の建物は、「Casa das Aguias(鷲の家)」。屋根には鷲の像が見られます。現在は弁護士会の建物になっているようですが、かつては富豪の邸宅でした。

Casa das Aguiasは、その美しい天窓で過去に拙ブログでとりあげています。よろしかったらどぞ。

美しいポルトの天窓

本日はこれにて。よろしかったら、ランキングクリックをお願い致します。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
百科事典
もうすぐこの通りを歩けるんだ!と思いながら靴のことを考えてるリアルな私...だって石畳の坂道よねw
京都もこのところ錦小路にはまって、恵文堂さんにも行ってないです〜
ポルトではじっくり街を観たいです♪
ガイドブックは持って行きません....だってここにディープなポルトガル百科事典がありますから(^_−)−☆
2017/02/08(Wed) 19:14 | URL | みちこ | 【編集
みちこさん
そんな風に言っていただいて嬉しいです^^

ただ、自分好みの視点になってますので、ついくどくどと、書いてしまってます。

観光する人の視点、あれやこれやの細かい情報が抜けていると思いますので、ガイドブック、あった方がいいかもしれませんよ。

もっとも、ガイドブックなしの旅も楽しくはありますね^^


2017/02/09(Thu) 15:17 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村