2017年2月15日 

以前にも少し触れたことがあるのですが、我が生徒の最年長者83歳のアルフレッドさんとの日本語授業でのことです。

現在、二人で600ページ近くに及ぶ「ねずさんの日本の心で読み解く百人一首」を勉強しているのですが、先週は、9世紀から10世紀初頭にかけて生きた、在原業平の甥、大江千里(おおえのちさと)の23番歌を読み終えたところです。

余談になりますが、在原業平とくれば、今で言う「イケメンもて男」。人気漫画のタイトルともなっている「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれないに 水くくるとは」の作者でもあります。また、古今和歌集に納められている業平の歌にはわたしの好きな、「名にし負はば いざこと問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと」もあり、優れた歌人だと言われます。

しかるに、このもて男の業平は小野小町を口説いて、実は振られていたのだそうですよ。この本で知ったことですが、単なる歌の解説に終わっていない点が面白く、アルフレッドさんとああだ、こうだと言い合いながら(ポルトガル語、英語でのディスカッションです)、楽しんで学んでいます。

話をもどしまして、その業平の甥、大江千里の歌、

月見れば
千々に物こそ 悲しけれ
我が身ひとつの 秋にはあらねど

つきを見上げると、心が千々にに乱れて悲しくなるなぁ。わたし一人の秋ではないのだけれど
(現代語訳:「ねずさんのねずさんの日本の心で読み解く百人一首」引用)

大江千里は漢学者でもあり、この歌も「燕子楼(えんしろう)」という漢詩が元歌なのだそうです。
下に読み下しを記してみます。

満窓(まんさう)の明月、
満簾(まんれん)の霜

被(ひ)は冷やかに、燈(とう)は
残(うす)れて臥床(ふしど)を払ふ

燕子楼(えんしろう)の中(うち)の
霜月(さうげつ)の夜

秋来(きた)つて只
一人(いちじん)の為に長し

この漢詩を機に、アルフレッドさんの提案で、李白の「月下独酌」なる詩を勉強してみました。下記、ネットで拾ったものです。

花間一壺酒  花間 一壺の酒
独酌無相親  独り酌みて相ひ親しむ無し
挙杯邀明月  杯を挙げて明月を邀へ
対影成三人  影に対して三人と成る
月既不解飲  月既に飲むを解せず
影徒随我身  影徒らに我が身に随ふ
暫伴月将影  暫らく月と影とを伴って
行樂須及春  行樂須らく春に及ぶべし
我歌月徘徊  我歌へば月徘徊し
我舞影零乱  我舞へば影零乱す
醒時同交歓  醒むる時同(とも)に交歓し
醉后各分散  醉ひて后は各おの分散す
永結無情遊  永く無情の遊を結び
相期獏雲漢  相ひ期せん 獏(はる)かなる雲漢に

漢字が分かる日本人にとって、漢詩はなんとなく意味がつかめますね。月と自分の影を相手に酒を楽しんでいる訳ですが、興味ある方はネットで検索していただくとして、普段は山で生活をし、日本語授業がある時にポルトに下りて来るアルフレッドさん曰く、
「この詩はまるでわたしの山での生活を歌っているようです」。

聞けば、彼の山の家の周囲にはポルトガルでは見られない桜の木や銀杏の木が植えられ、ベランダからは月が昇ってくるのが見えるのだそうな。「いらっしゃい、いらっしゃい」と言われながらも、まだお邪魔していないわたしです。

この時わたしはかれこれ10年以上も昔、木彫家の我が親友の山房での一夜を思い出しました。日本庭園を前に、和室の縁側で向こうに見える山並みと煌々たる月を眺め、漬物を肴にして和歌山の地酒「黒牛」を飲みながら、ポルトガルの、そして、彼女の四方山話をお互いポツポツと夜通し語り合った忘れられぬ夜のことです。

かつらぎ山房
庭から山を望む

気が付けば、いつの間にか二人で一升瓶を空にしていたのでした。それが不思議と酔うこともなく、「酒は静かに飲むべかりけり」とはこういうことかと思ったものです。

かつらぎ山房

座敷の横の縁側で一晩中静かに杯を傾け。
 
かつらぎ山房

漢詩の最後、「ともあれ月と影と親しく交友し、遥かな銀河での再会を誓おう」と訳せる「相ひ期せん 獏(はる)かなる雲漢に」は、胸にジンと響きます。

この春の帰国では、3年ぶりに親友を訪ねるのですが、この詩のにわか講釈を披露しようかと目論んでいます。そして、ワインよりも、ビールよりも、美味しいお酒を素敵な酒器でいただきたいと思うこの頃、毎晩軽く日本酒を晩酌とする妹との再会も、楽しみの一つなのであります。

親友の山房はいずれ改めて紹介したいと思います。

本日もお付き合いいただき、ありがとうございます。では!

ランキングクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
第六感
spacesis さん
わたしの勘も捨てたものじゃないようです...その証拠を早くお見せしたい♪
今、我がサムソナイトに眠っていますがいつ何時盗み◯されぬとも限らない....早くお届けしないと(^_−)−☆
2017/02/16(Thu) 01:28 | URL | みちこ | 【編集
みちこさん
お、わたしも意外と勘がよかったりするのですよ。

今週日曜日午後は難しいですが、ちょっと来週のスケジュールを見てみますね。

ポルトに入りましたら、ここでもメールでもいいです、ご連絡ください。

2017/02/16(Thu) 06:55 | URL | spacesis | 【編集
あっ(^。^)、運の月(^。^)(^。^)(^。^)
月 月に月見る月は多けれど
月見るはこの月の月(^。^)〜読み人しらず(^。^)
2017/02/16(Thu) 15:43 | URL | やまひろ | 【編集
月が一つ欠けてました〜失礼いたしました(^。^)
月 月に月見る月は多けれど
月見る「月」は この月の月(^。^)
2017/02/16(Thu) 15:57 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
「運の月」ですか(笑)

この歌は、日本語の生徒さんによく紹介します^^

同じ漢字ながら、moonとmonthの意味があるのをしってもらいます^^
2017/02/17(Fri) 03:43 | URL | spacesis | 【編集
阿吽の月でつきまくるピコ太郎とジャスティンビーバー(^。^)
○○○バンクのCMで、学ラン姿にタトゥーを隠したビーバーとブロマンスなタッチで絡むピコ太郎は、まさに「月」まくってま〜す(^。^)
PPAPの合いの手が「阿吽」〜「あっうん」に聞こえるのは、難聴ぎみの「わて」だけかな(^。^)(^。^)
2017/02/17(Fri) 06:25 | URL | やまひろ | 【編集
やまひろさん
ちょっと検索してそのcmみてみましたが、v-402←の感なり(笑)

SMAP解散であれですか^^;
2017/02/17(Fri) 18:11 | URL | spacesis | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/19(Sun) 02:50 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村