2017年2月19日 

ポルトの美しい街並みを見るにはドン・ルイス1世橋を渡り、向こう側の「カイス・デ・ガイア」から眺めるに限る。それこそが絶景なのだ。これを見ずしてポルトを見たというべからず。赤レンガの屋根が段々畑のように重なり、他を抜きん出て建つのがポルトの象徴、クレリゴス塔である。

リベイラRibeira

このドウロ河岸ポルト側をリベイラ(Ribeira=川岸)と呼ぶのだが、ユネスコ世界遺産指定区域であり、式を通して訪れる人々を魅了し続けている。

リベイラ

川岸にはオープンカフェ、ポルトガル料理の老舗レストランや土産店が軒を並べ、その前方には二重橋のドン・ルイス1世橋が美しい弧を描き、二重橋の上段を黄色のメトロ、ユーロトラムがゆっくり渡る。

ribeira

天気が良い午前中に訪れると、こんな光景も見られる。
リベイラribeira

さて、リベイラの中ほどに、壁に埋め込まれた青銅盤「Alminhas da Ponte (alminhas=記念碑、記念盤)に気づく人はいるだろうか。

リベイラのAlminhas da Ponte↓
リベイラ

青銅版の上にはキリストの姿が描かれ中間には渡し舟も見られる。

1809年3月29日、ナポレオンの命を受けてフランス軍は二度目のポルトガル侵攻を試みた。この時、Soult将軍は前回目指したリスボンを避け、北部から侵入、ポルトへと向かった。

フランス軍侵入の噂を耳にしたポルト市民達はドウロ川を渡って対岸のガイア市に活路を開こうと、いっせいにPonte das Barcasを目指したのである。

pontedasbascas1.jpg
手前がリベイラ、向こう側がガイア。Wikiより。

もとよりたかが20艘の渡し舟からできている橋だ。波のように押し寄せる人々の重さには到底耐え切れず、橋はもろくも崩れ多くの一般市民が溺れ死んだと言われる。その人々の鎮魂のためにこの銅像版は作られ、今日も祈りの火を絶やされないでいる。

付け加えたいのは、ドウロ川の夕暮れもまた、えも言われぬ美しさがあることだ。

リベイラ

リベイラ

本日はこれにて。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
病み上り
おはようございます♪
ポルトガルも二週目、夜明け前にラパ地区を下って川岸まで行ってきました!
Alminhas da Ponteも見逃すはずはありません....specesisさんパワーに引かれ
しばらく川岸を歩き鉄橋のあたりで急坂を登り‥‥ホームレスとばったり....今朝は対岸には渡らず、なんとなく歩いていたらbolhaoのmercadでイワシとご対面..
市庁舎からalmadaに抜け約90分のお散歩敢行♪
地図なしでも歩けるこの町のわかりやすさ=住みやすさ、なのではと合点しhostelのコーヒーを飲みながら昼食に思いをはせてます(^_−)−☆
2017/02/21(Tue) 18:43 | URL | みちこ | 【編集
みちこさん
体調、回復しつつあるようですね。

夜はまだまだ気温が下がりますので、油断なさらぬように^^
2017/02/22(Wed) 08:08 | URL | spacesis | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村