2017年5月4日(木) 

それにしてもこのSL、姿まことに麗し!終着駅トゥアに着いたほれぼれするようなHenschel & Shoen Steam Engine 0186(1925年)の姿です。

SLの旅

ドウロ線は1873年に敷設工事が始められ1883年にTuaまで開通し、このSLの旅ではRegua(レグア)、Tua(トゥア)間46キロを5車両で250人の乗客を運びます。

SLの旅
夫が撮った一枚。SLの吐くもうもうたる煙に包まれて、素人レポーターも楽ではない(笑)

SLの旅
Henschel & Shon Engine 0186(1925年)のマーク。 

SLの旅
鉄道員は休む間もなく、これからリターンの準備。

SLの旅

SL2017_27_tua.jpg
方向転換完了。最後の点検。 

SLの旅
ロコトラクターはDeisel shunting Engine 1185(1956年)

SLの旅
トゥア駅で静かに休む引退SL。型からし蒸気機関車初期のものでしょうか。

SLの旅
トゥアの駅。2009年には駅の前に小さなカフェがあるのみで他はなにもなかった。  

SLの旅
こんなレトロな「電報局」が見られるのも古い終着駅だからこそ。もちろん現在はオフィスとして使用。

SLの旅
2009年7月11日午後4時7分のトゥア駅。

というので、このSLの旅は2009年のことでしたが、今年はディーゼル機関車の旅が6月から開始 だそうです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村