2017年5月11日
 
「5月10日、M・モイケル娘誕生。初夏の気候、快晴。とても美しい日の12時20分、ラパ病院にて。体重3200g、身長49cm。Melo先生とアウグスタ看護婦さん、夫が立ち会う。」

1986年の我がモイケル娘の誕生についてそう日記に書いてある。今日、その娘が31歳の誕生日を迎えました。同じ31歳の5月にわたしは初めてポルトの空港に下り立ったのでした。

31年の月日は一人の人間の人生のひとくぎりにもなろうかと思う故、今日は古い日記からモイケル娘について走り書きしてある成長の記録もどきを、メモとしてあげておきたいと思います。

・一ヶ月目くらいより母乳とミルクを混合する。体重3720g 身長54cm。よく吐乳する。
・1986年6月 リスボンの日本大使館に出生届。
・一ヵ月半 時々なん語を話す。
・4ヶ月の終わり頃、寝返りを始める。
・1986年10月 微熱37.8度。ひだりほっぺが赤く熱い。三日ほど物静か。気分が優れない様子。左下、歯が出るきざし。そのせいであろう。

・1987年1月 満8ヶ月。しっかりしたお座りができる。プレイペン内でしばらくつかまり立ちをする。
 離乳食は日に2度。食欲旺盛。ママ~、ババ~、パパ~、ナナ~など、言葉が出始める。我が両手をつかみ、だっこをせがむ。歯が出始める
・長男、モイケル娘をギュッと抱きしめるが、彼女はイヤがる。ギュッのなかには少しヤキモチが入っているようだ。

marianihna2-1.jpg

・1978年2月 ひとりでつかまり立ちができる。三種混合予防接種をする。ほとんど泣かず。
  息子のベッドから落ちる。満9ヶ月になり、ハンバーグ、マカロニグラタンを食べ始める。
・一歳なると同時に歩き出す。目下興味の対象はトイレと台所。気に入らないとキーキー叫ぶ。
・17ヶ月。ネコと遊ぶのが大好き。両手の甲にネコの引っかき傷がたくさんある。
Anda cá(こっちへおいで), Que é isto?(これ、なぁに?) Então(それで), taotao(お尻ピシピシ)
ありあと、などの言葉が出てきた。

mariana4-1.jpg

・17ヶ月。 いたすらざかり。次から次へとものを引っ張り出したり、椅子にのったりするので少しも気が休まらない。「だっこ」「マルコ?(兄貴がベランダからよく呼ぶ近所の子の名前であろう)」をさかんに口に出す。
・一歳半 哺乳瓶を完全に卒業。冷たいミルクを好む。

この頃の我が日記には「アメリカンインディアンの教え」というのが書かれてある。

子どもたちはこうして生き方を学びます。
批判ばかり受けて育った子は 非難ばかりします。
敵意に満ちた中で育った子は 誰とでも闘います。
冷やかしを受けて育った子は はにかみ屋になります。
ねたみを受けて育った子は いつも悪いことをしているような気持ちになります。
こころが寛大な人の中で育った子は 自信をもちます。
ほめられる中で育った子は いつも感謝することをしります。
公明正大な中で育った子は 正義心をもちます。
思いやりのある中で育った子は 信仰心をもちます。
人に認めてもらえる中で育った子は 自分を大事にします。
仲間の愛の中で育った子は 世界に愛を見つけます。

この後、我が日記は間が空き、1991年、娘が満5歳のときのメモ。

・美しい5月に生まれた娘、豊かな個性を備えてきた。両手を腰にあててプーッとふくれ口をとんがらかすさまはいかにも可愛い。近頃は会話の中に英語が混じってくる。字を書くときは左手の方が運び易いらしく、左利きである。

s_jacinto-2.jpg

この日の誕生日、彼女が私にハッピーバースデーのピアノ演奏を頼んだのは意外だった。

・1991年10月(5歳) 近頃おもしろい質問をしてくる。なぜ夜になると暗くなり、目が覚めると明るいのか。なぜパパにはわたしたち3人がもつ姓がないのか。夢のなかでは死んでも大丈夫だよ、などと、不思議なことを言う。
・1992年1月 (5歳)ピアノレッスンを始める。ひらがなの読み書きができる。足し算ができる。
・1995年6月 所沢北中小学校3学年への体験入学
・1999年7月 親子3人でイギリス旅行(思春期の息子は友人と別旅行)

我が日記はこの後、子育てと補習校の仕事、家庭での子どもたちの通信教育学習の手伝い、子どもたちの学校、習い事の送迎などに追われる日々突入し空白になったまま、2004年の初開設ホームページの日記に入っていきます。

この後の娘の足取りは既に拙ブログに書き記してあるように日本大学受験を目指し、日本へ帰国し(彼女に言わせれば)東京の大学入学、北九州への編入、卒業、3年間の社会人、大学院入学卒業、社会人、そして昨年11月の結婚と、こうして書くと味も素っ気もありませんが、31歳の人生などそんなもの、本当の人生はこの先に待ち構えているのであります。

katochan purikura3-1
日本の大学入学後、憧れのプリクラなども体験w

ポルトにいて日本の子どもたちに思いを馳せるとき、遠い見知らぬ異国に嫁いだふうてん娘のわたしを既に鬼籍に入った母、いったいどんな思いで見つめていたのだろうかと、その心持にようやく到達したような気がします。

子どもたちよ、明日のことは分からないが、今日を目一杯無事に生きてくれますように、そして、モイケル娘よ、誕生日、おめでとう。
最後にわたしが好きな娘のスナップ写真をここに。

mariana5-3.jpg

写真おくれ~とわたしにせがまれ、日本から送られて来たのがこれ。本人はもう持っていないと思われるが、わたしの気に入りのスナップである。暗さに真剣さがみなぎっている(笑
にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村