2017年5月15日 

ここ一週間ほどポルトガルのテレビニュースを賑わしていたのに「ファティマ巡礼」があります。

ファティマはポルトから南下することほぼ190km、リスボンからは120kmほど北上するポルトガル中央部にあるのですが、カトリック教会の重要な聖母巡礼地のひとつです。今年はファティマに聖母が出現して100年目にあたるというので、フランシスコ教皇がその聖地を訪問し5月13日に、巡礼者でぎっしり埋まったファティマ聖地の広場で祈りを捧げられました。

100年目というのと教皇訪問というので、これまでにもましてファティマを目指す巡礼者を町で見かけました。巡礼者は写真のように、黄色の目立つベストを着衣します。

ファティマ巡礼
wikiより

ではファティマはどうのようにして聖地になったのか、書いてみたいと思います。

妹夫婦が仕事の関係で、サウジ・アラビアに3年ほど滞在したことがある。その頃、土産でもらったのに変わった形をした金のペンダントがあります。その時は知らなかったのですが、これは「ファティマの手」と言うのだそうです。下記写真がそれです。

ファティマ巡礼
wikiより

わたしの持っていたのは手の平の形の真ん中に小さな赤いルビー石がついています(モイケル娘の手元に今ある)。

ファティマはイスラム教祖モハメドの娘で、今では献身的な女性の代名詞です。「ファティマの手」は、その彼女の左手をかたどり、魔よけや幸運を呼ぶ印として、イスラム国では装飾品に用いられるようです。「ファティマ」はまたポルトガルでも女性の名前としてよく使われます。

まだ高速道路が発達していなかった昔のこと。今なら3時間でたどり着けるポルトーリスボン間は、国道を走って5時間も近くかかったころのこと、5月ともなると、その国道に沿った脇沿いの道を数人のグループが歩いて行くのを車からよく見かけました。
                
年齢はまちまちで、若いのからお年寄りまで、背中にはリュックを背負い杖をついたりして固まって歩く群れを幾グループも見かけました。夫に尋ねると、彼らは願をかけてポルトガル東西南北から聖地ファティマ参りをする巡礼だと言います。
                
その時期、よく注意して見ると、巡礼たちはポルトの街中でも見られました。彼らは、日中は歩き夜になると安宿で寝、翌日また聖地ファティマを目指して、何日も行脚でたどり着くのです。

ファティマはリスボンとポルトのほぼ中間に位置するオレン地域にある、人口およそ1万人の小さな町です。町名の由来は、12世紀にイスラム教からカトリック教に改宗したの姫、ファティマが来たことに因みます。 ファティマは、後に名を「Oriana=オリアナ=ポルトガル名」と変え、それが群の首都名オレンになりました。

宗教を信ずるかどうかは別として、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教、仏教、神道でも、わたしはその成り立ちや言い伝えに、深い興味を覚え、ついつい調べるにいたるのです。

毎年の5月13日、10月13日には盛大なミサがここで行われるのですが、時々、願をかけて巡礼した人たちの中から、奇跡が起こったとの話がニュースになったりします。願をかける信者のなかには、大広場から聖堂前までの長い道のりを膝で歩く人もいます。

ファティマ巡礼
wikiより

その様子は、ポルトのサン・ベント駅構内のazulejo (青タイル絵)にも見られます。

ファティマ聖地は、前法王ジョン・パウロ2世も何度か訪れていますが、ここには100年前の奇跡が現代にも脈脈と受け継がれているのです。

1917年5月13日昼過ぎ、当時はだだっ広い単なる小さな農村であったCova da Iriaで、羊飼いをしていた3人の子供、ルシア(10歳)とその従兄弟に当たる、フランシスコ(9歳)、ジャスィンタ(7歳)が、遊びながら石を拾い集めて積み立てた小さな石の家の前で祈りを捧げていると、突然眩しい雷光が空から差して来ました。
     
それを見た3人は怖くなり、急いで野原を降りて家へ帰ろうとしたところ、その道のすぐ下で再びパッと光が落ち、辺りを照らしました。見ると、小さな木の側に、白い数珠を手にした太陽よりも明るく光り輝く夫人の姿が、そこにありました。
     
光り輝く夫人は3人の子供達に、「以後、5ヶ月の間、毎月13日のこの時間にこの場所に来るように」と告げました。こうして、6月、7月、9月、10月の13日、同じ時間に光り輝く夫人は現れました。

8月13日が抜けているのは、この噂が町中に広まり、3人の子供は、この日、首都オレンま尋問されるのため、連れて行かれ、約束の場所へ行くことができなかったからです。

光り輝く夫人はこの日、500m離れたValinhosと言う場所に姿を現しました。

最後の10月13日の出現には、この噂を聞きつけて、人目これを見ようと7万人の人がこの場所にやってきました。この日も3人の目の前に現れた光り輝く婦人は、自分はサンタ・マリアであることを告げ、この場所に小さな教会を建てるようにと伝えました。

ファティマ巡礼
wikiより

この日、集まった7万人の目撃者は言います。太陽が不思議な輝き方をし、その太陽を直視しても目が焼けることはなかった。その太陽はまるで銀の円盤のように天空を動き回り、聖母マリアとイエス、聖ヨセフ(マリアの夫)の姿を映し出し、世界を祝福した、と。

この日、3人の子供達の後ろに控えて、この様子を見ていた人々の間には多くの奇跡が起こったと言われ、このニュースはたちまち、国中の新聞で報道されたのでした。この奇跡以来、世界中から人々がファティマに集まるようになり、現在に至っていると言うわけです。

ファティマ巡礼
wikiより。右から、ルシア、フランシスコ、ジャスィンタ。ファティマの3人の牧童の幻視者

さて、この話、これで終わりではないのです。ファティマの奇跡には、もうひとつ有名な「ファティマの三つの秘密」と言うのがあります。

聖母マリアは、ポルトガル語では、「Nossa Senhora=ノッサ・セニョーラ」(わたし達の母)と呼ばれるのですが、Nossa Senhoraは3人の牧童に「誰にも話してはいけない」という三つの秘密を打ち明けています。
     
そして、マリアがフランシスコとジャスィンタに、間もなく天国に行くでしょうと告げたように、二人は幼くして天に召されるのです。3人の中で一番年長のルシアは、長じてシスターになりその一生を神に祈ることに捧げ、2005年2月13日、97歳で生涯を閉じました。現在はファティマに眠っています。
     
3人の子供の中では、ルシアが一番年長ですが、実際にマリアの話を聞くことができたのは、この10歳だったルシアだけで、他の二人は姿を見ただけでした。シスター・ルシアは、「ファティマ唯一の生き残り幻視者」と呼ばれました。幼いフランシスコとジャスィンタは2005年にジョン・パウロ2世により列福されています。
     
聖母マリアから、「誰にも話してはいけない」といわれた、シスター・ルシアが生涯胸に抱えた三つの秘密。実はこれ、調べて見ると、とんでもなく面白いものになってしまいました^^

これは、「ダヴィンチ・コード」ならぬ、「シスター・ルシア・コード」になりそうです!

次回に続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村