2017年5月29日(月)

探し物をしながらポルトの街を歩くと首が疲れることがあります。

それは、時に「(Claraboiaクララボイア=天窓)」であったり建物の装飾シンボルであったりするのですが、今回探したのは失われつつある市内の「石の紋章」です。

ポルトガル語では「Brasão=ブラザォン」と呼び、ポルト市内に残るかつての名家の正門によく掲げられた石で作られた家紋が今日の話題です。ポルトで知られる紋章を持つ有名な建物をあげると、プレラーダ園(Quinta da Plerada)、フレイシュ宮殿(Palacio de Freixo)、ボンジョイア邸(Casa da Bomjoia)など等ですが、それらの中には保存状態があまりよくないものもあるもので気になっているのです。

いずれ、それらの建物については改めて案内するとして、今日は街角にかろうじて残されてある紋章についてです。
毎週火曜日は、Dias先生のご自宅へポルトの街の歴史の本を読みに出かけます。これがわたしのポルトガル語とポルトの歴史の勉強になります。Dias先生は長年、高校の国語の先生をした人で、我が子たちのポルトガル語も見ていただきました。

読んでいる本には、先生の知らなかったこともあったりして、地元のことゆえ、先生も何かの機会で街へ出たときに、本の記述を確認しているようです。それで、先ごろの話題が、ポルトに二つだけ残っていると、わたしが聞いている「建物の角っこにある紋章」の一つを、先生とわたしとでそれぞれ探しにいったのでした。

先生が先だったようで、ある日おっしゃるには、「本に書かれた通りに行って見たがない」どのこと。
う~む、しからば、わたしもと、とある日、昼食を兼ねて夫も一緒に行ったのでした。

本の記述にあったCarlos Alberto広場へ行ったところが、なるほど、建物の側面に紋章はない。本には通りの名前はあれど番地までは書かれていなかったのであります。

praça_carlosAlberto2

ふむ、いよいよ、これも取り払われたかと思いながらも、そこが探究心の強いspacesis、ひょっとしてと、のんびりあちこちを見回している夫を後に、探索範囲を広げて足早に広場の延長先にあるカルモ教会の方まで行って見ました。

porto
アズレージュで被われたカルモ教会
 
そして、通りの終わりになる建物に目を向けると、じゃ~~ん、あった!

porto

porto
18世紀の貴族Moreiras do Couto家の紋章。

鉄兜の上には耳が小さい動物が、家紋の左に9つある十字型の模様が入った盾を持っています。左側には塔、そして両脇にはひまわりが施されています。できればこの紋章の絵解きもしたいところですが、一族の歴史を紐解かない限り、解説は難しいでしょう。

翌週の授業で、釣果を誇るが如くDias先生に画像ともども報告したのは言うまでもありません^^

さて、もう一つの角っこの紋章はRua das Floresが終わる、或いは始まる広場、Largo de são Domingosにあります。

porto
Cunhas Pimenteis一族の紋章。

1910年10月、イギリスへ亡命したドン・マヌエル2世国王を最後に、ポルトガルは共和制に移行し貴族は無くなり、彼らの多くは住居を捨てさ去りました。

中心街でも少し視線の方向を変えてみると、17、8世紀の王制の残りが現代の建物の中で密かに息づいているのが見られる、それもポルトの魅力であります。

本日もお付き合いくださり、ありがとうございます。
ランキングクリックでブログの応援をお願いできますか?

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ blogram投票ボタン
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
Click for Porto, Portugal Forecast 
ポルトガル ポルトの口コミ
ポルトガル ポルトの口コミ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
にほんブログ村